FlexRay
高いデータレートに加えて、時間確定性を備えたフォールトトレラントなシリアルバスシステム

FlexRayのソリューション

FlexRayは柔軟性に富んだ高速通信システムで、自動車の厳しい安全設計要件を満たしています。FlexRayは次のようなアプリケーションのソリューションとして最適です。

  • ゲートウェイを使用して他のバス(CAN、LIN、MOST)に続されるFlexRayベースの「データバックボーン」
  • 様々なECU間での計算が必要な分散型制御システム(パワートレインおよびシャーシなど)
  • セーフティークリティカル(Safety-Critical)アプリケーション(X-by-Wire)

特長

  • 単一ソースからツールやソフトウェアモジュールを提供
  • 技術とツールに関する専門的なトレーニング
  • 成熟した製品
  • 信頼性の高いFlexRay基本ソフトウェア
  • 自動更新によるメンテナンスの契約
  • 優れたツールサポートホットライン
  • 卓越したオンライン/オフラインドキュメント

シミュレーション、解析、テスト

ツール
PREEvision
PREEvisionはFlexRayシステムの設計に特化した設計機能を備えています。使いやすく、簡単なインターフェイスにより、システムを効率的に作成および編集できます。
CANalyzer .FlexRay
CANalyzer .FlexRayは分散リアルタイムシステムを解析するための汎用ツールです。簡単なネットワーク解析から複雑な障害発生時の的確なエラー特定まで、あらゆるユースケースに対応しています。
CANoe .FlexRay
CANoe .FlexRayは、ECUネットワーク全体および個別のECUの開発、テスト、解析に使用できる包括的なツールです。リアルタイム性が重視されるアプリケーションの開発プロセス全体をサポートします。
ハードウェア
VTシステム
ECUテストでは、通信ネットワークの他に、I/Oインターフェイスもテストシステムに接続しなければならない場合があります。このタスクに使われるのがベクターのVTシステムです。VTシステムは、I/Oチャンネルの電気的な接続に必要なすべてのコンポーネントを1つのモジュールに統合することにより、テストベンチのセットアップを大幅に簡素化します。
GL4000
シリーズ
GL4000ロガーシリーズは、FlexRayバスでのデータの記録に大きな威力を発揮します。これらのロガーはバストラフィックを受信して保存し、ログファイルを用いたオフラインでのデータ解析をサポートします。
FRstress
FlexRayシステムのテストおよび検証では、エラーや妨害に対するシステムの動作をさらに詳細に調べなければなりません。FRstressを使用することにより、FlexRayクラスターのチャンネル上で再現性のある妨害を生成することができます。プロトコルエラーや物理的なバス障害をユーザーが生成したり、トリガー条件でアクティブ化したりできます。
FRstressの詳細はこちら

測定、キャリブレーション

ツール
CANape
CANapeはECUの開発、キャリブレーション、診断、測定データの収集に使用できる汎用的なツールです。FlexRayシグナルを観察するだけでなく、ECU内部パラメーターをXCP on FlexRay経由で直接測定およびキャリブレーションできます。

診断

ツール
PREEvision
PREEvisionはFlexRayシステムの設計に特化した設計機能を備えています。使いやすく、簡単なインターフェイスにより、システムを効率的に作成および編集できます。
CANdelaStudio
CANdelaStudioは、診断通信仕様書を作成するための、CANdelaのアプローチの中核となるツールであり、ECU診断データと診断機能の定義をサポートします。データの仕様はXMLデータベースの形で保存され、そのデータを実装、検証、テストなどの各プロセスで利用できます。
CANalyzer .FlexRay
CANalyzerでは、ECUと診断テスターの間の診断通信を手早く簡単にモニターおよび解析できます。送られてきた診断データはトランスポートプロトコルのレベルで表示され、CANdelaの情報またはODXの診断記述に基づいてシンボリックに解釈されます。
CANoe .FlexRay
CANoeはFlexRay ECUの診断開発におけるすべてのフェーズで、診断テスターとして利用できます。診断コンソールからのECUへの簡単なアクセス、エラーメモリーの読み出し、XMLまたはCAPLテストモジュールを使用した、全自動テストなどの多彩な機能が用意されており、それらのユースケースごとの専用Windowと、テストおよびレポート機能が装備されています。

バスインターフェイス

ベクターのFlexRayインターフェイスは、FlexRayネットワークにアクセスするための高機能なハードウェアインターフェイスです。これらのFlexRayインターフェイスを使用して、FlexRayのネットワークとECUを柔軟に解析およびテストしたり、CAN、LIN、MOSTとのゲートウェイアプリケーションを実装したりすることが可能です。

 

ハードウェア
VN7572
VN7572 FlexRayネットワークインターフェイスは、PCIeインターフェイスを介したFlexRayネットワークの開発、シミュレーション、テストに非常に適しています。FlexRay、CAN FD、LIN (K-Line) などの多彩なチャンネルを組み合わせたバス接続が可能であるため、ラボや開発者のワークステーションで使用するインターフェイスとして最適です。
VN7610
VN7610は、FlexRayネットワークの開発、シミュレーション、テストに非常に適しています。USBによる接続が可能なため、ラボ内での机上や路上でのテスト走行中に使用することができます。特に、VN7610は非常にコンパクトに設計されており、車室内での利用に適しています。さらに、このインターフェイスではFlexRayバス接続に加え、CAN FDバスシステムへのアクセスも可能です。
VN7640
The VN7640 .............................
VN8900
VN8900ネットワークインターフェイスは、CAN FD、LIN、FlexRay、J1708、K-Lineなど、幅広いバスに対応したチャンネルを持つ、モジュラータイプのインターフェイスハードウェアです。特に、リアルタイム性や遅延時間に対する要求が高い複数のバスチャンネルやI/Oへの同時アクセス、スタンドアローン動作モードを重視しています。
FRpiggy1082cap, FRpiggyC1082cap
FlexRayバストランシーバーは、交換可能なピギーバックボード上に実装されており、ベクターのネットワークインターフェイスとFlexRayバスシステムを柔軟に接続します。

組込ソフトウェア

MICROSAR.FR – FlexRay通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.FRには、パーシャルネットワーキングも含めたFlexRayネットワークの通信を処理するための、AUTOSARベーシックソフトウェアモジュールが組み込まれています。これには、AUTOSARアーキテクチャーで定義されたBSWモジュール(FRIF、FRNM、FRSM、およびFRTPかFRISOTPのいずれか)が含まれます。MICROSAR.FRはXCPでの拡張も可能です。MICROSAR.FRには、パーシャルネットワーキングも含めたFlexRayネットワークの通信を処理するための、AUTOSARベーシックソフトウェアモジュールが組み込まれています。これには、AUTOSARアーキテクチャーで定義されたBSWモジュール(FRIF、FRNM、FRSM、およびFRTPかFRISOTPのいずれか)が含まれます。MICROSAR.FRはXCPでの拡張も可能です。

ポスター

FlexRay Protocol Reference Chart in DIN A1

FlexRayのメッセージ構造などに関する技術的な要点をわかりやすく図解したポスターです。

ISO 17458(FlexRay)に関する重要なイノベーションを圧縮形式で提供しています。

ニュース/イベント

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

Eラーニング「FlexRay入門」

バーチャル・ベクターアカデミーでは、Eラーニングモジュールを利用して、場所や時間などにとらわれずに学習できる機会をご提供します。インターネットにアクセスできる環境があれば、職場だけでなく、自宅からでも学習が可能です。