AUTOSARソフトウェアをバーチャルに開発およびテスト

vVIRTUALtargetは、あらゆるAUTOSARプロジェクト向けに、個別のソフトウェアコンポーネントと構成が完了したECUとを仮想化するソフトウェアです。ECU開発プロセス全体を通して、機能/ソフトウェアの開発者、ソフトウェアインテグレーター、テストエンジニアを支援します。

vVIRTUALtargetを使用することにより、AUTOSAR ClassicとAUTOSAR Adaptiveの両方について、仮想のテスト対象システム(SUT:System Under Test)を作成することができます。

  • AUTOSAR Classicは長年にわたり、シグナルベースのアプリケーションに使用される標準としての地位を確立しています
  • 一方、AUTOSAR Adaptiveは、将来のプロジェクトでの使用拡大が見込まれるサービス指向アーキテクチャに重点を置いています

これらのアーキテクチャはいずれも相互に補完し合い、アプリケーションに応じて使用されています。

機能概要

  • 一般的なすべてのWindows PC上で稼働
  • ソフトウェアをリアルタイムで、または独立して実行
  • 以下の設定とテストが可能:

    • 個別のソフトウェアコンポーネントと抽象化されたベーシックソフトウェア
    • ターゲットハードウェアが存在しない状態での、アプリケーションソフトウェアからAUTOSARベーシックソフトウェア、そしてハードウェアドライバーに至るECUソフトウェア全体

  • ECU内部変数のスティミュレーションおよびモニタリング
  • 物理ハードウェアの設定を修正およびシミュレーション
  • 物理ハードウェアと仮想ハードウェアの設定は常に同じ
  • 他のシミュレーションおよびテストツールとの接続が容易

適用分野

  • 抽象化した通信を利用して、個別のソフトウェアコンポーネントやそれらのインタラクションを開発の初期段階からテスト
  • アプリケーションコードとベーシックソフトウェアをシステム全体に仮想的に統合
  • 機能ソフトウェアの設計および実装中にテストを実施 
  • 仮想環境でのソフトウェア統合のテストと検証
  • 実際のECUで再利用できる仮想ECUのテスト検証

バージョン5の主な特長

  • 最新のAUTOSAR AdaptiveおよびAUTOSAR Classic仕様をサポート
  • CANoeで実行する代わりに、独立して実行可能なSUTを個別のランタイム環境に統合可能
  • Linux環境で実行するためのSUTを生成

ケーススタディ

仮想AUTOSAR ECUの効率的な作成とテスト

     

課題

  • ECUを入手できない段階でAUTOSAR ECUソフトウェアを効率的にテスト

 

ソリューション

  • 仮想化でハードウェアを不要に

 

関連情報

ファクトシート:

 

ケーススタディ:

さらに表示
コンポーネント 推奨 最小要件
オペレーティングシステム
Windows 10/8.1/7 SP1 (64ビット)
CPU Intel Core i5
3.0 GHz
Intel Core 2 Duo
2.6 GHz
メモリー(RAM) 4 GB 1 GB
ハードディスク容量 ≥ 2.0 GB ( 使用オプションおよび必要なオペレーティングシステム コンポーネントにより異なる )
画面解像度 1280 x 1024 1024 x 768
さらに表示

vVIRTUALtargetは以下の言語に対応しています:

  • 英語
  • ドイツ語
さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

関連ページ

CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら
DaVinci Configurator Pro
AUTOSAR

ベクターでは、AUTOSARプロジェクトのための総合的かつ広範囲な設計および開発ツール、ECUソフトウェア、サービスなどを取り揃えています。

詳細はこちら