vTESTstudio
組込システムのための自動テストシーケンスの開発が容易に

vTESTstudioの概要

vTESTstudioは自動ECUテスト作成のための強力な開発環境です。テスト設計の効率を向上させ、再利用を簡単に行うため、 vTESTstudioにはプログラミングベース、テーブルベース、グラフィック表記を使ってテストシーケンスを作成する機能が装備されています。
vTESTstudioはモデルテストからシステムの妥当性確認まで、あらゆる製品開発フェーズで使用することができます。オープンインターフェイスにより、vTESTstudioは既存のツールに簡単に組み込むことができます。

特長

  • さまざまなテスト設計エディターの使用により、幅広いアプリケーションに対応
  • テストシーケンスを柔軟にパラメーター化: スカラー値やあらゆるテスト設計言語からアクセス可能なテストベクターを使用
  • テストの作成、実装およびパラメーター化のための汎用的なバリアントをサポート
  • 開発フェーズ全体にわたり、別のチームとの間で関数、テストケース、パラメーターの再利用が容易
  • モジュール構造に加え、ライブラリーやフォルダなどの構造化により、簡単にテストプロジェクトのメンテナンスが可能
  • 外部定義の要件およびテストの実装、レポート作成におけるテスト仕様の汎用的なトレーサビリティー
  • パラメーター化されたテストケースリストで、詳細なプログラミングが不要な、広範なテストカバレッジを実現
  • HIL、SIL、MILなどのXILテスト環境の変数にテストシーケンスから直接アクセス
  • 既存のツール環境に簡単に組込み可能なオープンインターフェイス

適用分野

vTESTstudioは、開発のあらゆるフェーズにおいてECUテスト自動化の設計をサポートします。

Test Design Editors

自動テストシーケンス開発において、vTESTstudioが備えているさまざまなテスト設計技術を、タスクや関連する要件に応じてご使用いただけます。

Test Table Editor

[Translate to 日本語:] Test Table Editor

Test Table Editorを使用すると、まったくプログラミング知識が無くとも表形式で容易にテストシーケンスを定義できます。このエディターでは、テスト対象となるシステム (SUT: System Under Test) へのスティミュレーションとテストを行うための特別なコマンドを使用できます。

また、使い易いようにコマンドをドラッグ&ドロップしてパラメーター表示をすることや、インテリジェントな入力アシスタンスを使用することができます。

さらに表示

Test Sequence Diagram Editor

[Translate to 日本語:] Test Sequence Diagram Editor

Test Sequence Diagram Editorは、vTESTstudioオプション「Graphical Test Design」に付属します。

Test Sequence Diagram Editorでは、グラフィック形式でテストを作成できます。ダイアグラムの各パスには、vTESTstudioによってテストケースが自動的に生成されます。理解しやすいグラフィック表示のため、複雑なテストロジックも容易にレビューできます。

各グラフィックエレメントの基礎となるのは、テーブルベースの表記法でのテストコードです。このテストコードでは、Test Table Editorと同じコマンドを使用できます。

さらに表示

State Diagram Editor

[Translate to 日本語:] State Diagram Editor

State Diagram Editorを使用するには、vTESTstudioオプション「Graphical Test Design」を必要とします。

State Diagram Editorにより、予想されるSUTの挙動を状態遷移図としてモデル化できます。vTESTstudioはこのテストモデルからテストケースを自動生成 します。テストケース生成のアルゴリズムは、チャイニーズ・ポストマン(CPP)探索や幅優先探索などに基づくいくつかの中から選択できます。

テーブルベースで表記されているテストコードをグラフィカルな個々の要素に割り当てることができます。テストコードには、Test Table Editorで使用されるものと同じコマンドが使用できます。

さらに表示

Programming Editor

[Translate to 日本語:] CAPL Editor

C#用とCAPL用の2つプログラミングエディターでは最新の開発環境の機能を使用でき、 テキストオートコンプリート、構文のハイライト、エラー認識などの機能により、入力作業を効率化できます。シーケンシャルテストフローやイベントベースの テストフローは、CAPLとC#の両方のプログラミング言語で定義できます。

イベントベースのテストフローは、シグナルのプリプロセスなど、テスト環境にて発生するイベントに対応する処理実装は特殊な言語エレメントによって可能です。

さらに表示

Parameters/Stimulation Curves

Parameter Editor

ECUパラメーターを定義して管理し、個別のファイルでベクトルをテストする場合、関数、テストケース、パラメーターをより高度なレベルで再利用できます。vTESTstudioでは、すべての実装言語からテストシーケンスのパラメーターにアクセスできます。

パラメーターとベクトルは、スカラーおよびリストとして定義できます。これらのリストにより、テスト対象システムでテストベクトルのさまざまなバリアントを実行するような、テストシーケンスの反復処理を非常に効率的に実行できます。

パラメーターファイルはvTESTstudioの便利なエディターで編集できますが、ファイルをシンプルなCSV形式で保存すれば、Microsoft Excelなどの外部のエディターで編集することもできます。

さらに表示
Stimulation Curves

Waveform Editorを使用することにより、テスト対象システムのStimulation Curvesを定義することができます。このエディター内で複数の曲線を同時に定義できるため、Stimulation Curvesの同期も簡単に実現することができます。

テストシーケンス内で、カーブは「テスト対象システム」のスティミュレーションに使用されます。

さらに表示

Variant Handling

vTESTstudioでは、ECUバリアントとテストバリアントを完全サポートします。vTESTstudioでは、バリアントはいわゆるバリアントプロパティーで表します。テストプロジェクト内に任意の数のバリアントプロパティーを定義します (例:ECUバリアント「Country [US, Europe]」、テストバリアント「Coverage [Full, Regression]」)。

バリアントプロパティーの値は、テスト設計時に前もって定義しておくか、テスト開始直前に設定します。テスト構造体と、バリ アントに依存するテストシーケンスおよびパラメーターの値の両方を定義できます。そのため、異なるプロダクトラインでも、テスト関数、パラメーター、ライ ブラリー全体をより多く再利用できます。

さらに表示

Test Coverage

Test Case Lists

vTESTstudioは、パラメーター化されたTest Case Listsにより、簡単な設定で広範なテストカバレッジを実現します。Test Case Listsは、テ ストケースを定義する際に複数の値を設定することで定義できます。

テストの実行時に、vTESTstudioは自動的にTest Case Listsを生成します。その際、すべての値を1回以上使用するか、すべての値の組み合わせを実行するかを選択できます。Test Case Listsの定義には、 Test Table Editorを使用する方法と、プログラミングエディターC#を使用する方法があります。

さらに表示

テストケースのデータの割出しは、Classification Tree Editorでサポートされます。分類と同値クラスをグラフィカルなインターフェイスで定義できるため、スピーディーかつ簡単に必要なテストベクターの数を割り出すことができます。

また、境界値の明示的なサポートは、同値クラスの最小値/最大値を限界値として考慮するのにも有効です。

さらに表示

テスト実行/レポートの作成

vTESTstudioで定義されたテストはCANoeで読み込まれ、リアルタイムで実行、その後に詳細なテストレポートが作成されます。

Test Trace Windowでは、テスト実行中のテストを実際に見ることができ、解析も可能です。

さらに表示
Report Viewer

CANoeでのテスト実行中に、詳細なレポートが自動生成されます。このレポートはCANoe Test Report Viewerで開き、解析できます。ここでは、テストデータに対する多様なビュー、さまざまな観点に基づくフィルタリング、判定によるグループ化、リンク されたトレース項目によるクエリーなどがサポートされています。

さらに表示

トレーサビリティー

vTESTstudioでは、外部定義された要件とテスト記述を実装中のテストケースやテストレポート内でトレースすることができます(トレーサビリティー)。これにはオープンなXML形式の交換ファイルが使用されるため、任意のREQM/TDMシステムをvTESTstudioと共に使用することができます。

REQM/TDMシステムからエクスポートされた情報をvTESTstudioにインポートし、その情報をテストケースに関連付けすることができます。関連付けに用いるエレメントには要件やテスト記述を使用することができます。これらを使用することでトレースが可能になることから、これらのエレメントをトレース項目と呼びます。

トレース項目エクスプローラー

トレース項目エクスプローラーには、vTESTstudioプロジェクトにインポートされているすべてのトレース項目が表示されます。ここからトレース項目をドラッグ&ドロップすることで、簡単にテストケースに関連付けすることができます。
REQM/TDMシステムでは、要件やテスト記述がフォルダーや、それに相当するエレメントによって階層的に構造化されている場合があります。それらのフォルダーは、トレース項目エクスプローラーに同じ階層構造で表示されます。ただし、フォルダーをテストケースに直接関連付けさせることはできません。

さらに表示

Traceability Matrix

トレーサビリティーマトリクスでは、テスト設計のカバレッジに関する概要を把握することができます。テストレポートには、テストケースにリンクされているトレース項目ごとに、対応するテストケースへの参照が含まれています。これによって、テストケースの結果から要求やテスト記述に遡るトレースが可能になります。

さらに表示

サポートされるREQM/TDMシステム

以下のシステムは追加設定なしでサポートされます。

  • IBM Rational DOORSバージョン8.1以降
  • IBM Rational DOORS NG、IBM Rational Quality Manager

  • PTC Integrity

  • Siemens Polarion ALM

関連情報

ファクトシート:

 

Concept Manual

 

vTESTstudio/CANoeバージョン対応表 :

さらに表示
  推奨 最小要件
オペレーティングシステム
Windows 10/8.1/7
CPU
Intel Core i5 with 3 GHz
Intel Core Duo with 2,6 GHz
メモリー(RAM)*
4 GB
1 GB
ハードディスク容量
1,5 GB
画面解像度
1280 x 1024
1024 x 768
CANoe*
10.0
8.5 SP5
9.0

*vTESTstudioで使用できる 機能の範囲はCANoeのバージョンに依存します。

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。