vSignalyzer
測定データの表示、評価、文書化のためのプロフェッショナルツール

vSignalyzerの概要

vSignalyzerは、あらゆるタイプの測定データを効率的に評価および解析できる便利なツールです。データの視覚化から手動または自動での解析およびレポート機能に至る、さまざまな機能を備えています。

ネットワーク開発、解析、ECUキャリブレーション、物理値の取得の間に記録された測定データを各種ファイル形式から読み込むことができます。豊富 な関数ライブラリーと統合されたデータ解析機能を使用して、重要事項に焦点を絞って手動または自動で測定データを評価することができます。また、その結果 を文書化するための強力なレポート機能と印刷機能を備えています。

特長

  • 取得した測定データの表示を使いやすく設定することが可能
  • 大規模な測定ファイルでも効率的に操作可能
  • データ解析関数を使用して、特定の条件に従いあらゆる規模のデータを自動解析
  • 豊富な数学関数ライブラリーを利用してデータ解析を実行
  • 解析結果について良質なレポートの作成と文書化

自動データ解析およびレポート

vSignalyzerを使用することで、ユーザーの業務に関連する測定データにフォーカスすることができます。また、解析プロセスを制御するため のパネルを簡単に作成でき、それらのパネルを使用して測定結果を視覚化できます。さらに、豊富な評価機能とデータ解析計算もマウスを数回クリックするだけ で完全に自動化および実行が可能です。そのため、使用経験の浅いユーザーもvSignalyzerを使用すれば複雑な解析を行うことができます。高度の自動化により、たとえば一晩かけて取得した膨大な測定データファイルも評価することが可能です。

vSignalyzerには、測定結果をすばやく簡単に印刷したり、レポートに挿入することができる便利な機能があります。また、評価中でも印刷 ビューに切り替えることで、最新の印刷プレビューを確認することができます。ドラッグ&ドロップ機能を使用して、測定結果をWordやPowerPointなどの外部ツールに簡単に貼り付けることも可能です。

サポートする測定ファイル形式

vSignalyzerは以下のようなさまざまなファイル形式の測定データを処理することができます。

  • MDF-3.x、ASAM MDF-4.x、INCA DAT、XLS、XLSX、MATLAB MAT 7.3、HDF5

vSignalyzerで直接処理できない下記のファイル形式については、対応するインポートコンバーターを利用すれば自動的に変換され、vSignalyzerにファイルがロードすることが可能です。

  • BLF, ASC, LOG, ASCII, ATF, CC3, CLF, CSV, GLX, GPX, KME, NMEA 0183, PCAP, TTL, XLG

その他のファイル形式での測定ファイル処理が必要な場合、vSignalyzerはMDFファイルを下記のようなファイル形式に変換することも可能です。

  • ASCII, ATF, MATLAB(M/MAT),DIADEM, Excel®

関連情報

ファクトシート:

 

プロダクトインフォメーション:

さらに表示

Windows 10/8.1/8/7 (32bitおよび64bit): 2.8GHz以上、2GB以上のRAMを備えたPC、128MB以上のRAMを備えたグラフィックカード

さらに表示

Use this interesting presentation, expert tips and tool demonstrations to assure yourself a headstart in this area. You can watch the recorded webinar at any time:

 

Display, analyze & document measurement data professionally – Reach your goal faster with vSignalyzer 15.0

Greater volumes as well as more and more different forms of measurement data are arising during vehicle development. To maintain an overview, a powerful solution is necessary for automated data analysis and report generation. In this webinar you will learn everything about efficient analysis of all kinds of measurement data.

Do you have measurement files that were recorded by different measurement system but still should be analyzed together? Have you saved thousands of measurement files during your testing and now want to analyze them all? Are meaningful reports and documentation of analysis results very important to you?

Get to know the new functions of vSignalyzer 15.0 and benefit from tips and tricks shown in practical examples in order to analyze and document the recorded measurement data quickly and professionally. Using the included function libraries you can create and display complex analyses of individual measurement sequences or entire ones, even without programming skills. With the function editor you can write additional scripts and functions which make nearly any complex analyses possible.

We will give a live demonstration of an example of the automated analysis of multiple measurement files.

Duration: 42 minutes

Target Groups: Calibration engineers, measurement engineers, test fleet or logger operators, test engineers, vehicle and ECU developers, test bench supervisors, research engineers, quality control specialists

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

ダウンロード

ニュース/イベント

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。