vMeasureオプションDIAdem
DIAdemによる簡単かつ確実なバスシグナルの取得

DIAdemによる簡単かつ確実なバスシグナルの取得

DIAdemは、National Instruments社が提供する標準デスクトップPCおよびノートPC用のソフトウェア環境で、測定データや解析データが生成されるあらゆる場所で使用されています。vMeasureオプションDIAdemとvMeasureオプションDIAdem BasicはDIAdemの機能範囲を拡張し、データベースで定義されているバスシグナルの取得を可能にします。

 

特長

vMeasureオプションDIAdemは、シンボル名のみを使用してバスシグナルにアクセスします。生データは自動的に物理値に変換されますが、これはデータベースの変換規則によって行われます。そのためバスの設定(変換規則など)を変更するには、データベースを編集するだけで済みます。DIAdem内における測定構造の参照は、自動的に更新できます。vMeasureオプションDIAdemはJ1939プロトコル(混在モードJ1939と拡張CAN ID)もサポートします。

適用分野

vMeasureオプションDIAdemは、車両の開発および製造の全工程で、測定データの解析、比較、表示と、良質なレポート結果の提供が必要な場所にご利用いただけます。

画像:vMeasureオプションDIAdem
vMeasureオプションDIAdemは、DIAdemによるバスシステムのシグナル指向の測定を可能にします

機能

vMeasureオプションDIAdemは、最大200個のCANチャンネルまたは64個のFlexRayチャンネルで同時に使用することができます。その際、ベクターのXLドライバーライブラリーを使用して作成したアプリケーションだけでなく、その他のベクターのCANツールを、同時に同じチャンネルで使用できます。ハードウェアなしの試験において仮想CANチャンネルを使用することもできます。

vMeasureオプションDIAdem Basicの機能範囲は、以下を除いてオプションDIAdemと同じです。

  • FlexRayサポートなし
  • PDUおよびSecOC PDUのサポートなし
  • AUTOSARプロファイル2および5に準拠したチェックサム計算なし

サポートするバスシステム

  • CAN
  • CAN FD
  • FlexRay
     

サポートするデータベース形式

  • DBC(CAN、CAN FD用)
  • FIBEX(FlexRay用)
  • ARXML(CAN、CAN FD、FlexRay用)
     

サポートするプロトコル機能

  • シグナルの受信(CAN、CAN FD、FlexRay)
  • シグナルの送信(CAN、CAN FD)
  • PDUでのシグナルの受信(CAN、CAN FD、FlexRay)
  • PDUでのシグナルの送信(CAN、CAN FD)
  • SAEJ1850に準拠したチェックサム計算
  • AUTOSARプロファイル2および5に準拠したチェックサム計算
  • シグナル多重化
  • J1939
  • SecOC PDUでのシグナルの受信(CAN、CAN FD、FlexRay)

対応ネットワークインターフェイス

バスシステム
インターフェイス
PCとの接続形態
CAN (FD)、LIN、J1708
CANcardXL*/CANcardXLe*
CANcaseXL*、CANcaseXL log*
CANboardXLインターフェイスファミリー*
VN1600インターフェイスファミリー
PCMCIA/ExpressCard
USB
PCI、PCIe、PXI
USB
CAN (FD)、Ethernet
VN5610A、VN5640
USB
FlexRayCAN (FD)
VN7570、VN7572
VN7600*、VN7610
VN7640
VN8900インターフェイスファミリー
PCIe
USB
USBまたはEthernet
USB (RT PC) またはEthernet

* CAN FD非対応

関連情報

 

プロダクトインフォメーション:

 

さらに表示

 

  • DIAdemバージョン2014(32bitまたは64bit)以上
  • vMeasureオプションDIAdemのライセンス
  • CANハードウェア用のベクターのドライバー(バージョン10.0以上)
  • Windows 10/8.1/7(32bitおよび64bit)
さらに表示

ダウンロード