vMeasure exp
複雑な測定タスクを確実に解決

vMeasure expの概要

vMeasure expはラボで、試験装置で、そしてテスト走行や耐久試験中にエンジニアを効率よくサポートする、柔軟性の高い測定ソフトウェアソリューションです。 vMeasure expを使用することにより、物理値、ECU内部シグナル、車両バス経由で送信されたシグナルを簡単に記録できます。記録したデータから有意義な解釈を得 るには、走行ルートの位置情報(GPS)やビデオデータも併せて必要になります。OBDシグナルを測定してECUの状態を確認する作業も、測定エンジニア の標準的な作業の1つです。

vMeasure expではこれらすべてのデータを同時に、しかも効率的に記録できます。測定コンフィギュレーションを作成し、測定Windowを設定して、実際の測定タ スクを開始する作業がわずか数クリックで完了します。CSM社のCSMconfigなどのサードパーティー製ハードウェアに対応する設定ツールが統合され ているため、測定の設定も簡単です。包括的なトリガーオプションとプレトリガー/ポストトリガー時間をマルチレコーダーコンセプトと併せて使用すれば、 データの柔軟な記録が可能です。

特長

  • 物理値、ECU内部データ、ビデオ、GPS、バスデータの時間同期取得
  • グラフィック、数値、テキストの各Windowと、ユーザー定義可能なパネルによる、最適かつユーザーフレンドリーなシグナル表現
  • 異なる測定ハードウェアシステムやバステクノロジーのシグナルを同時測定することで、システム全体を網羅的に解析可能
  • 任意のメーカーの測定ハードウェアをDAIOインターフェイス経由で統合できる、オープンなプラットフォーム
  • マルチレコーダーコンセプトによって記録チャンネルを柔軟に、しかも個別に保存できるため、効率的な測定が可能になり、重要なシグナルに集中できる
  • OBD-IIサービスを用いた測定による診断をサポート
  • MDF4形式は測定シグナル数が100,000超、容量が4GB超のファイルに対応するため、測定ファイルのサイズは事実上無制限
  • スクリプトによる自動化で効率的な処理が可能
  • ドラッグ&ドロップでDBCファイルを素早く取り込み、測定コンフィギュレーションを拡張

 

機能

  • 記録するシグナルソースと接続するバスシステムを直観的に設定
  • 測定コンフィギュレーションを共同作業者と簡単に共有
  • グラフィカルなインターフェイス、関数ライブラリー内の関数、MATLAB/Simulink、C-DLL、カスタム関数などを使用して、仮想シグナル用の数式を簡単に作成
さらに表示
  • 定義された測定シグナルのリストとレコーダーの設定に基づいて、測定を開始/停止/一時停止
  • アナログ物理値、ECU、バスシステムを測定しながら、カメラと位置情報を使用して周囲の状況を同時に記録
  • 4GBを超えるファイルでも、標準規格のASAM MDF4形式で測定データを保存
  • グラフィックWindow、表、棒グラフ、数値表示、マップ、ビデオWindowなど、測定値をリアルタイムで視覚化するための汎用的なオプションを装備
  • 測定中以外にも測定値のライブ表示が可能であるため、測定設定の中で配線やセンサーを簡単にチェックできる
  • 測定中にシグナル値にコメントでマーキングすることにより、異常な値を容易に識別
さらに表示
  • 測定および記録データは、グラフィックWindow、保存されている地図素材が表示されたGPS Window、ビデオWindowなどで同時に視覚化可能
  • 測定中に生成された仮想シグナルも同期的に表示させ、解析に使用できる
さらに表示
  • 多様なWindow、ユーザー定義可能なパネル、XY画面へのシグナルの経時的な表示
  • ズーム(拡大縮小)、検索機能、測定カーソルにより、シグナルプロセスを手動で調べることが可能
  • オフライン解析に対するコメントの挿入
  • 測定データからのシグナルを同期ビデオと併せてエクスポート
  • ASCII、Excel、MATLABへのデータのエクスポート
  • 包括的な印刷およびPDFエクスポート機能を持つほか、テンプレートは個別にカスタマイズ可能
  • Windowの内容や表示ページ全体をWordやPowerPointにドラッグ&ドロップで簡単に挿入できるため、文書化がスピードアップ

 

さらに表示

測定ハードウェア

  • ベクターのネットワークインターフェイスのアナログおよびデジタルI/O
  • CSMのCANおよびEtherCATベースの計測ハードウェア
  • CAETEC、ETAS、IMC、IPETRONIK、NIの計測ハードウェア
  • USBベースのGPSデバイス
  • DirectShowインターフェイスを持つビデオカメラ

インターフェイス

  • CAN(最大ボーレート2Mbps: 一部のCSM計測ハードウェア)、CAN FD、FlexRay、LIN用のベクターのすべてのネットワークインターフェイス
  • PCのEthernetインターフェイス
  • DAIOインターフェイス(任意の測定ハードウェアの接続用)
  • XCP on CAN、LIN、FlexRay経由でのECUの接続、またはXCPonEthernetベースの測定およびキャリブレーションハードウェアである VX1000と、マイクロコントローラー固有のデータトレースおよびデバッグインターフェイスを用いたECUへのアクセス

 

関連情報

ファクトシート:

 

さらに表示
要素
推奨
最小要件
CPU
Intel Core i5
3.0 GHz以上
Intel Core 2 Duo
2.6 GHz
メモリー(RAM)
4 GB
2GB(32bit)または4GB(64bit)
ハードディスク容量
1 GB以上(必要なオペレーティングシステムコンポーネントによって異なる)
画像解像度
1280 x 1024
1024 x 768
グラフィックカード
DirectX 9.0c以上
オペレーティングシステム
Windows 10/8.1/7/Vista (Vistaは32bitのみ)
さらに表示

Results in no time at all – Reliably solving complex measurement tasks with vMeasure exp

For the simple and efficient execution of even more complex measurement tasks, you can now use the new software tool vMeasure exp. From the configuration of the measurement setup to measurement data acquisition and graphical evaluation, you receive ideal support from vMeasure during your daily work.

 

Experience with a practical example how easy it is to set up, modify and expand a measurement configuration with vMeasure. And how quickly you are able to access user-friendly visualized measurement data. With scripting and the Equation Editor, learn about the tools for demanding measurement tasks and how you can use them efficiently.

Duration: 56 minutes

Target groups: Calibration engineers, measurement engineers, test fleet or logger operators, test engineers, vehicle and ECU developers, test bench supervisors, research engineers, quality control specialists

さらに表示