vMDMによるプロフェッショナルな測定データ管理

vMDM (Vector Measurement Data Management) は、開発、テストベンチの運用、車両テストで発生する大量のデータを効率的に管理するためのソリューションです。vMDMを使用することで、測定データを安全に保存し、不正アクセスから守り、分散したチーム間で簡単にデータのやりとりができるようになります。また、vMDMではCPU集約型の大規模な解析、分類、レポートがサーバーから一元的に実施され、エンジニアのワークステーション上での計算処理は一切必要ありません。

主な特長

  • テストベンチ、走行テスト、耐久テストから得られた測定データの安全な保存
  • ユーザー固有のアクセス許可を設定したコレクションにデータファイルを分離することによるデータの保護
  • 測定データの簡単な検索、フィルタリング、表示
  • インポートする測定データへの自動的なインデックス付け
  • 測定の属性、計算されたメトリック、他のシステムから提供されたデータが含まれたメタデータに基づく、データへの柔軟なインデックス付け
  • ユーザーのPCに計算負荷を一切与えない、vMDM Server上での自動的なデータ解析とデータマイニング
  • 測定データと統計解析に関するプロジェクト固有のレポート
  • マルチユーザー環境のためのスケーラブルなソリューション
  • ベクターのツール群とのシームレスな統合による、使い慣れた作業環境。普段使用するvSignalyzerやCANapeでスクリプト、データ解析、データマイニング機能を定義
  • クラウドベースの運用による、IT投資と運用コストの最小化

機能

  • 測定データをコレクションに安全に保存
  • データコレクションとユーザーのアクセス許可を設定および管理
  • 検索条件を簡単に再現するためのクエリー
  • 測定ファイルまたは他のシステムからの記述データ(メタデータ)に基づくインデックス
  • CANape、vSignalyzer、vMeasure expへの統合によるナビゲーション、検索、データ転送
  • vMDM ServerまたはvMDM Cloudへの測定データの保存
  • エンドユーザーのコンピューターのCANapeまたはvSignalyzerを使用して、vMDM Serverに保存されている測定データをインタラクティブに解析
  • vMDM ServerまたはvMDM Cloudでの自動的なデータ解析(データマイニング)およびレポート生成*
  • 測定ファイルの読込み時に適用できる設定可能なプリプロセス*
  • vMDMでの統計レポートの作成*

(*) これらの機能はQ4/2018リリース予定のvMDMバージョン2.0でご利用いただけます

サーバー/クラウドベースのvMDMバリアント

vMDMはお客様のご要求やITインフラに応じ、クラウドベースのソリューションとして、あるいは社内ネットワーク上のサーバーにインストールするサーバーベースのvMDM Enterpriseバリアン
トとして、それぞれご利用いただけます。

 

スケーラブルなマルチユーザーソリューション

vMDMは予想されるデータ量や求められるサーバーのパフォーマンスに応じて規模を拡大/縮小できるマルチユーザーシステムです。測定データはお客様またはプロジェクト固有のデータカタ
ログ、すなわち「コレクション」にまとめられ、ユーザー固有の役割とアクセス許可を利用して、不正アクセスから安全に保護されます。

検索処理を最適化する測定データのインデックス

測定データのインデックスにより、データの迅速な検索、特定のビュー用のクエリーの定義、特定の測定データに限定した解析タスクの実行などが可能になります。vMDMは測定ファイルをシステムに最初に読み込む際のプリプロセスでファイルの初期解析を行い、それに基づいて追加のインデックスデータを決定します。これによって、測定ファイルの広範な分類、プロファイルの解析、カテゴリー化された測定ファイルのイベントカウントなどが、マウスを数クリックするだけで可能になります。

 

測定データの解析

vMDMでは、インデックスに格納されているメタデータの解析と併せて、記録されている測定データをシグナル指向で解析することも可能です。これにはCANape/vSignalyzerで使い慣れたデータ解析機能が使用され、これによってvMDM Serverに保存されている大量のデータに対する完全な自動解析をすばやく、容易に行うことができます。解析結果はPDFレポートとして保存され、ユーザーはいつでもそれを参照できます。

データセキュリティー

vMDMのデータは不正アクセスから守られています。vMDMのユーザー権限、特定の読込み/書込みのアクセス許可、誤った削除に対する保護などの機能が相まって、安全なデータ管理を実現します。vMDMをクラウドで使用する際には、暗号化データ転送、クライアント分離、ISO 27001などの多彩な手段により、高いレベルのデータセキュリティーが確保されます。

 

関連情報

ファクトシート:

 

さらに表示

vMDM Cloudのシステム要件:

  • CANape/vSignalyzerがインストールされたクライアントコンピューターおよびvMDMライセンスオプション
  •  インターネットアクセス

vMDM Enterpriseのシステム要件:

  • CANape/vSignalyzerがインストールされたクライアントコンピューターおよびvMDMライセンスオプション
  •  Windows Server 2012 R2がインストールされたサーバーまたはVM
  • 最小要件:8コアCPU、16GB RAM、500GBハードディスク
  • 推奨:16コアCPU、64GB RAM、2TBハードディスク
さらに表示