vFlash
vFlashですばやく簡単にフラッシング

vFlashの概要

ベクターのvFlashは、複数のECUのリプログラミングにも対応した非常に使いやすいツールです。テンプレートを入れ替えることにより、さまざまな自動車メーカーのフラッシュ仕様に対応でき、すでに70種類以上のテンプレートをご用意しています。

 

特長

  • CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、Ethernet(DoIP、SoAd = AUTOSARSocket Adaptor)経由でECUのリプログラミング
  • 単一パッケージのフラッシュプロジェクト(.vflashpack)を作成することにより、情報の受け渡しが簡単
  • 高速データ転送:
    例)36.6秒で1,000kBのデータを転送(27.3kB/s) ― CAN通信速度500kbps、STmin=0、BS=0に設定したECU
  • 「フラッシュテンプレート」によるプラグインコンセプトを採用しており、異なるプロトコル、シーケンス、リプログラミング仕様を簡単に拡張可能
  • リプログラミングのデータにIntel HEX、Motorola-S、およびバイナリー形式を用いることが可能
  • ODX-Fなどのコンテナ形式や自動車メーカー固有の形式でのフラッシュプログラミング
  • フラッシュ実行結果レポートの作成
  • エラー時のCAN生データをロギングし、後で解析可能
  • フラッシュ実行中のCANメッセージをロギングし、後で解析可能
  • 圧縮データや暗号化データを用いたリプログラミング
  • オリジナルのGUI/手順を持った自作アプリケーションからフラッシング機能をCおよびC#言語のAPIを利用して制御可能
  • CANoe.DiVaの併用により、ECU内のフラッシュブートローダーを検証(CAN、FlexRay、DoIP、LIN経由)
  • インテリジェントな診断デバイスVN8810と「vFlash Compact」でスタンドアローンのフラッシングが可能
  • 「vFlash Station」により、別々の通信チャンネルを使用しながら複数のECUを同時にフラッシング可能

適用分野

vFlashは、自動車メーカーやサプライヤーでECUのリプログラミングに携わるすべての人たちに向けたツールです。CAN、FlexRay、LIN、 Ethernet (DoIP) 経由でフラッシュプログラミングを行うことができます。

また、ECUの開発段階から実際の車両に組みつけられたECUのリプログラミングに使用できます。

vFlashはグラフィカルユーザーインターフェイスから制御することも既存環境のライブラリとして簡単に統合することもできます。

新しいエディション「vFlash Station」では、別々の通信チャンネルを使用し、最大8個のECUを同時にフラッシングすることが可能です。

バージョン4の新機能

高度なセキュリティー機能

  • 自動車メーカー固有のセキュリティーメカニズムをサポート
  •  ゲートウェイとターゲットECU、あるいはそのいずれかでの認証をオプションで提供
  •  対称または非対称暗号(PKIまたはチャレンジレスポンス方式)に基づき、異なるセキュリティーコンセプトを使用

LINを介したe-モビリティーアプリケーションの並行フラッシュ

  •  LIN通信ECUが実装された複数のバッテリースタックを並行してリプログラミング可能
    優位性:プログラミング時間が短縮し、たとえば約2,550秒を要したECU 32個分のプログラミングが約114秒で完了

カスタムアクション用の機能強化

  • カスタムアクションはフラッシュシーケンスの前または後に自動的に処理されるタスク(vFlash診断ライブラリーを使用したC#のカスタマースクリプト)
  •  品質保証のためのレポート生成やラベルの印刷などに加え、自動化APIを介してECUから値を読み出し、カスタマーアプリケーションに渡すことも可能

CANoe.DiVaフラッシュテストのための拡張

  • CANoe.DiVaでのフラッシュテストの実行速度が大幅に向上

OEM仕様のサポート

  • 120を超える多様なOEMのFBL仕様をサポート(vFlashテンプレートが存在)。テンプレートの追加は今後も継続
  •  自動車メーカー固有の証明書インフラストラクチャーを用いた認証などの新機能をサポート

サポートするハードウェアインターフェイス

インターフェイス CAN(FD) FlexRay LIN Ethernet
(DoIP, SoAd)
VN16XX, CANboardXL
CANcardXL/XLe
X   X  
VN8810 X   X X
VN5610A/VN5640 X     X
VN7572, VN8970, VN8972 X X X  
VN7600, VN7610 X X    
VN7640 X X X X
VX10xx X(1) X(1)    
VX0312 X     X
PC interface       X(2)

(1) = CANおよびFlexRayオプション選択時

(2) = SoAdプロトコル未対応

関連情報

ファクトシート:

さらに表示

vFlashスタンダードバージョン

  推奨 最小要件
オペレーティングシステム
Windows 7/8.1/10
CPU
インテル互換
> 2GHz
≥ 2 コア
インテル互換
1GHz
2コア
メモリー(RAM) 4GB 2GB
画面解像度 > 1280 x 1024
1024 x 768


vFlashステーション

  Recommendation Minimum
オペレーティングシステム
Windows 7/8.1/10
CPU
インテル互換
> 2.5GHz
≥ 4コア
インテル互換
1GHz
2コア
メモリー(RAM) 8GB 4GB
画面解像度* -
-


* ライブラリのみ、グラフィカルユーザインタフェースはありません

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

ダウンロードしたい製品のカテゴリを選択してください

ニュース/イベント

さらに表示
さらに表示

トレーニング

[Translate to 日本語:] Indigo Diagnostics Training

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。