「15分で」単体テストのすべてがわかる
車載ソフトウェア開発の世界的ベンダー、ベクターが技術資料を公開!

ページナビゲーション

単体テストとは

単体テストの目的は、開発の早い段階でバグを発見し、ソフトウェア品質を担保しつつ開発効率を上げることにありますが、単体テストは工数が掛かるため多くの開発現場で実施されていないのが現状です。

しかし、実際は単体テストの必要性を感じている開発者は多く、単体テストのやり方がわからず、何から始めてよいか分からないというご相談をよく頂きます。

そこで、ベクター・ジャパンは、これから単体テストを始めたいというお客様向けに、技術資料をご用意いたしました。

本資料は以下のような方にお勧めです

  • これから初めて単体テストを調べることになった
  • 自社ソフトウェアの品質に課題を感じている
  • 製品不具合が多く、ソフトウェア品質を上げなければならないと感じている
  • 自社ソフトウェアのバグがなかなか減らないと感じている

この資料をご一読いただければ

  • 単体テストとは何か?
  • 単体テストの設計手法
  • ソフトウェアの品質向上方法

15分で学ぶことができ、単体テストが簡単に実践できることをご理解いただけます。

これを読めば「15分で」単体テストのすべてがわかる

画像:はじめての単体テスト表紙

「はじめての単体テスト」は、車載ソフトウェア開発の世界的ベンダーであるベクターの技術資料です。

開発における最初のテスト工程である単体テストとはどのようなものか、単体テストの効率化のために必要な点について、分かりやすくご紹介しています。