vCDMstudio
パラメーターセットの簡単でトレース可能な管理を実現

vCDMstudioの概要

vCDMstudioは、パラメーターセットファイルの編集を効率よく行うためのツールです。ECUキャリブレーションで作成されたパラメーターの表示、比較、編集を簡単に行うことができます。複雑なタスクを解決する際には、フィルターを使用して画面に表示されるパラメーターの数を制限できます。パラメーター値のキャリブレーシ ョンに加えて、他のファイルから値を取得して、新しいバージョンレベルを作成するために取得した値をマージできます。

パラメーター値のほかに、キャリブレーションデータの評価も簡単に編集できます。vCDMstudioは、これらのデータ と共にキャリブレーション状態レベルの履歴をASAM-CDFファイルまたはPaCoファイルに保存します。

特長

  • インタラクティブ操作とバッチ処理の両方で、パラメーターセットファイルを簡単にコピーおよびマージ可能
  • ASAM-CDF 2.0、DCM、インテルHEX、モトローラS、PAR、PaCoなど業界で標準的なすべてのデータ形式をサポートしているため柔軟性が高く、これまでの投資を保護
  • 複数のパラメーターセットファイルの同時比較機能により、パラメーター化の各種バリアントの概要を表示
  • パラメーターセットファイルをMスクリプトまたはコードファイル(CまたはHEX形式)として保存すると、パラメーター値を開発プロセスの他の重要なツールに簡単にエクスポート可能
  • MS Excel形式を含む各種のレポートをすばやく生成
  • 値の変更、キャリブレーション進捗ステータス情報などをバッチ操作で実行
  • スケーラブルなソリューション: vCDMstudioは単体ワークステーションのソリューションですが、キャリブレーションにおけるチーム作業でデータベースをサポートするプラットフォームであるCANapeとvCDMの両方のツールでも使用可能

 

適用分野

vCDMstudioの主な適用分野は、ファイルレベルにおけるECUパラメーター化の効率的な管理です。主な ユーザーは、キャリブレーションエンジニアとプロジェクトリーダーになります。vCDMstudioを使用すると、ワークパッケージの概要が維持され、パラメーターの変更が確実に追跡され、データレベルが着実に管理されます。自動車業界で標準的なすべてのファイル形式に対応しているため、パラメーターファイルの生成に使用する測定およびキャリブレーションツールを選びません。

バージョン18.0の新機能

  • パラメーターの分類:

    • パラメーターを機能分類(排出ガス処理、安全性など)に割り当てることが可能
    • 分類したパラメーターをエディター内でハイライトし、変更を追跡

  • キャリブレーションエンジニアに適したvCDMstudio: オプションvCDMを使用してvCDMのキャリブレーションプロジェクトに直接アクセス

    • 直観的に使用できるキャリブレーションエディターが、ローカルPC上ののデータセット管理機能とvCDMサーバー上のキャリブレーションプロジェクトをリンク
    • キャリブレーションプロジェクトがローカルPC上で利用可能になり、それらをETAS INCAをはじめとする他のキャリブレーションツールやファイルなどから取得したローカルのキャリブレーションデータと手軽に比較
    • ローカルPC上での変更をvCDMサーバーに送信し、競合するパラメーター値の変更結果を解決可能

  • ユーザーインターフェイスの変更:

    • リボンを利用したメニューへのアクセス

 

機能

  • シンボリックでアドレスに依存しないパラメーターセットファイルまたはバイナリーファイルからのパラメーターセットの読込み、視覚化、編集
  • 自動化されたインターフェイスにより各種の編集手順を簡単に設定して実行
  • キャリブレーション処理から複数のパラメーターセットファイルを同時読込み
  • パラメーターセットファイルの表示と編集を行うユーザーフレンドリーなインターフェイス
  • 相違点を効率的に比較するために特性カーブとマップをグラフィカルに表示
  • パラメーターセットに個別のビューを定義する洗練されたフィルター機能による、わかりやすい表示
  • 設定のエクスポートとインポート

関連情報

ファクトシート:

 

プロダクトインフォメーション:

さらに表示
  • Windows Vista/7/8/8.1/10 (Vistaは32bitのみ)
  • 少なくとも2.8GHzのPC、2GBのRAM、少なくとも128MBのRAMを備えたグラフィックカード
さらに表示

A Very Easy Way to Work with Calibration Data!

CDM Studio is the powerful entry-level solution for efficient calibration data management. The webinar will familiarize you with the possibilities for processing and displaying parameter sets and hex files. During the short 51-minute recording that features many practical examples, you will learn how to use CDM Studio to compare parameter sets and to combine them into new datasets. The large number of supported formats allows you to easily return the datasets back to development. You will be given an overview of the different possibilities, such as filters, graphic and numeric display of parameters, evaluation of calibration statuses, and report functionality. In addition, a distinction will be drawn between CDM Studio and vCDM, the enterprise data management solution.

 

Target groups: Calibration engineers, users of ETAS INCA, dataset managers, tool developers

 

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示