要求エンジニアリング
PREEvisionのユースケース

E/Eシステムのための要求エンジニアリングおよび管理

PREEvisionによる要求エンジニアリング

PREEvisionは要求エンジニアリングに対して統合型のアプローチを採用し、従来の要求管理ツールの機能を大きく拡張しています。PREEvisionのモデルベースのエンジニアリング環境では、要求はそれ自体が設計要素であるため、モデル内の他の設計要素とシームレスに連携できます。

さらに、それらの要求だけでなく、設計要素もすべて要求として利用できます。

 

特長

  • テーブルまたはグラフィックをサポートするリッチテキストエディターで要求を編集
  • 早期からの検証と整合性テスト
  • 要求の初期品質の向上
  • バージョンおよびライフサイクル管理
  • ユースケースダイアグラム
  • リンクと追跡が可能
  • 変更マーキングと履歴管理
  • 要求のインポート(ReqIF, RIFおよびExcel)
  • レポートを簡単に作成
  • 添付ファイル管理
  • テストエンジニアリングおよびテスト管理機能との統合

ユースケース

PREEvisionには、開発する製品の機能とそれに期待される品質を定義し、その共通の理解を可能にするための多彩なツールが用意されています。これらの製品目標は、カスタマーフィーチャー(顧客が認識する製品の特徴)、ユースケース、要求の形で具体化することができます。

     

PREEvisionの統合型要求エンジニアリングの機能と特徴

従来型の要求管理向けには、要求とカスタマーフィーチャーをフォーマット済みテキスト、グラフィック、テーブルを使用して開発および詳細定義できます。要求は階層的に構造化し、固有のIDを使用して分類できます。ユーザー定義属性も自由に追加できます。ユースケースダイアグラムを使用することにより、システムの機能とそのメリットを、ユーザーの観点からモデル化できます。

 

PREEvisionの統合型のアプローチでは、要求は個別に存在しているわけではありません。それらは再利用されたり、他の要求や設計要素と関連付けられたりしています。要求は他の要求と、あるいは他の設計要素とマッピングしたり、プレースホルダーとして組み込んだりすることができます。

機能概要

要求の作成と編集

UMLベースのユースケースダイアグラムは、ユーザーから見た、システムに期待される振る舞いを表します

PREEvisionには要求の作成と編集に使用できる、さまざまなエディターやビューが用意されています。 要求は階層的に構造化し、固有のIDで格納できます。 要求エディターには要求の記述、属性値、他設計要素へのリンクといったすべての情報が含まれており、 特に重要な要求の属性はPREEvisionであらかじめ事前定義され、ユーザーに提供されています。 その他の属性もユーザーが自分で定義し、列挙型や日付型、テキスト型など、対応するデータ型を指定できます。

「ロック/コミット」のコンセプトによって、マルチユーザーでの捜査中に発生するデータの衝突が防止されるほか、ライフサイクルモデルのカスタマイズにより、開発プロセスの透明性を実現できます。 要求もバージョン管理の対象となります。 その結果、要求が詳細化されていく経過の追跡が可能になります。

要求の管理

PREEvisionには、作成した要求を展開および管理するための機能が多数用意されています。

 

PREEvisionでは、ライフサイクルを用いてお客様の開発組織に適応したワークフロー管理を行うことができます。ライフサイクル管理では、要求定義の進捗を状態遷移図で定義でき、要求の現在の状態を色分けして表示できます。

そのため、どの要求が新しく、どの要求が実装中なのか、そしてどの要求が既に承認済みなのかを一目で把握できます。要求管理には PREEvision Collaboration Platform の機能を使用できます。 すべての成果物にバージョンを付けることができます。

さらに表示

要求管理には PREEvision Collaboration Platform の機能を使用できます。設計要素は1つのチーム内に留まらず、組織全体で作成および管理できます。アクセス権管理システムによってデータへのアクセス制御が行われ、さらにロック/コミットの概念に基づいて、データの衝突や損失が回避されます。これによって、要求の安全な作成と競合のない編集が可能になります。

さらに表示

要求や機能、あるいはその他のE/E設計要素を再利用することで、開発をスピードアップし、複雑さを緩和できます。同じような設計要素を何度も作成する必要はありません。

 

さらに表示

要求はPREEvisionのバージョン管理の対象となります。バージョン管理はチェックイン/チェックアウト機能を通じて行われるため、要求が展開されていく経過の追跡が可能になります。

アーキテクチャーモデルでは、バージョンや内容の異なる要求をさまざまなポイントで使用できます。要求の経時的な変更をいつでも追跡できるよう、比較ビューと変更履歴が用意されています。

さらに表示

依存関係の作成と管理

PREEvisionでは要求は孤立して存在しているわけではありません。それらは再利用されたり、他の要求や設計要素とリンクされたりしています。このような依存関係の概要を把握するために、多様なツールが用意されています。

  • 製品目標(要求またはカスタマーフィーチャー)間のリンク
  • マッピング
  • プレースホルダー

要求のチェックと妥当性確認

PREEvisionには、メトリックやルールを利用して要求とその属性を検査する、多彩な確認機能やチェックのメカニズムが用意されています。見つかった違反にはマークが付き、詳しい説明が情報エリアに表示されます。また、事前定義済みの整合性チェックも多数装備されており、ユーザー固有のチェックを用いてそれらを拡張することができます。

PREEvisionでは、要求の実装は、統合されている テストエンジニアリングとテスト管理を通じて確認できます。

 

レポートおよび仕様

これらのドキュメントはテンプレートに基づいた内容で生成され、その構造、内容、レイアウトなどはユーザーが定義できます。テンプレートにはヘッダーやフッターといった静的なコンテンツを含めることができるほか、テーブルやダイアグラム、E/Eアーキテクチャー設計要素、データ、さらには複雑なモデルクエリーの結果などの動的なコンテンツも組み込むことができます。

レポート作成時には、テンプレート内のプレースホルダーがモデルの最新データで置き換えられます。プレースホルダーは要求のテキスト全体やダイアグラム、テーブル、個別の属性値に置き換えることができます。プレースホルダーの仕組みを通じ、動的な開発プロセスにおいて常に最新の値が考慮されるようになります。作成されたドキュメントからPREEvisionモデルへのリンクも可能です。

 

ソフトウェアまたはハードウェアコンポーネントはモデル内で要求として解釈され、システム仕様書作成時に利用されます。 レポートはテンプレートに基づいて自動的に生成されますが、 レポート作成時に、モデルの最新データがテンプレート内のプレースホルダーを置き換えます。 要求のテキスト全体やダイアグラム、テーブルのほか、個別の属性値を用いてプレースホルダーを置き換えることができます

要求の交換

PREEvisionには、ExcelおよびRIF (Requirements Interchange Format) 形式で要求を交換するためのさまざまなインターフェイスがあります。インポートを使用すれば、要求の交換だけでなく、以前のシステムのデータを引き継ぎ、初期値として導入することもできます。既存の要求はRIFインポート機能で更新できます。要求のほか、カスタマーフィーチャーやテスト成果物もRIFインポート機能でインポートできます。上の図に示すように、システムでのデータ重複を防ぐため、RIFインポート機能では既存の要求や仕様の更新が行われ、データが改めてインポートされることはありません。

関連ページ

さらに表示

機能安全

ISO 26262に準拠した安全関連システムの開発および保守の手間を最小限に抑えるため、整合性のある開発を支援します。

詳細はこちら
さらに表示

テスト

E/E開発プロセス全体で、テストエンジニアリング、テストの制御、蓄積したテストデータの管理をサポートします。

詳細はこちら
さらに表示

プロダクトライン

PREEvisionのプロダクトラインのアプローチにより、ライブラリーと設計の再利用による効率的なE/E開発が可能です。

詳細はこちら
さらに表示

Collaboration Platform

E/Eプロジェクトにおける開発拠点間の協力をサポート。複雑なE/Eプロジェクトのマルチユーザー操作が可能になります。

詳細はこちら