プロダクトライン
PREEvisionのユースケース

プロダクトラインとバリアント管理で効率的なE/E開発

PREEvision Product Line Approach
無駄のない効率的なE/E開発が可能

PREEvisionのプロダクトラインのアプローチにより、ライブラリーと設計の再利用による効率的なE/E開発が可能です。

バリアント管理の使用により、車種や個々の車両仕様・オプションをプロダクトラインから導出することができます。

特長

  • 包括的なプロダクトラインのコンセプト
  • プロダクトラインに基づく一元的なライブラリーを開発のベースに使用可能
  • 関連する設計要素の再利用
  • 開発ブランチ間の依存関係に対応する抽象化コンセプト
  • 設計要素およびモデルのサブセットの柔軟な融合
  • プロダクトラインから実際の車両までをカバーするバリアント管理
  • Feature-Oriented Domain Analysis (FODA)

ユースケース

PREEvisionは冗長な開発作業の回避と、すでに開発されているソリューションの反復再利用を支援します。

Product lines and the abstraction concept of PREEvision
異なる設計領域を担当するチーム用にプロダクトラインをコピーし、そこから新たなプロダクトラインを作成した場合でも、PREEvisionの抽象化コンセプトによって設計要素の相互リンクはそのまま保たれます。そのため、複数のプロダクトラインに及ぶ開発も追跡が可能です

標準のモジュールとコンポーネントを管理するライブラリーが、構造的かつ効率的な開発を、無駄なく実施する基盤となります。

機能概要

ライブラリーとビルディングブロック

ライブラリーで管理されているコンポーネントは、複数の設計要素や機能からなるビルディングブロックまたは集合(セット)としてまとめることができます。ビルディングブロックは、たとえばエンジン制御用のビルディングブロックのように、ハードウェアとソフトウェアのコンポーネントから構成されたもので、これをひな形にさまざまなプロダクトラインで使用することができます。その後、プロダクトライン全体を開発ブランチとして開発を進め、後からそれらを統合することができます。

あるプロダクトラインのE/Eアーキテクチャーが持つすべての特性をグラフィカルエディターやテーブルエディターで記述すると、1つの車種に搭載しうるすべてのE/E装備のフィーチャーを備えた、150%モデルが生成されます。これにはたとえば、各種のパワートレイン技術を相互排他的に採用するケースなどが含まれます。具体的な車両仕様・オプションはこれから導出することができます。

変更およびバージョン管理

PREEvisionには、統制のとれた変更管理を行うために、変更要求と欠陥報告のためのチケットシステムが用意されています。また、設計要素をリビジョンとブランチを用いてバージョン管理できます。

他の開発拠点とも競合なく並行作業できるPREEvision Collaboration Platform,との連携により、複雑なE/Eプロジェクトも追跡可能な形で遂行できます。

スクラッチパッド

画像:スクラッチパッドを通じて新しいアイデアをすばやく形にできます
スクラッチパッドを通じて新しいアイデアをすばやく形にできます

「スクラッチパッド」は、新たなアイデアやソリューションをすばやく形にできる設計ツールです。

これによって、メインのモデルのコンテキスト外で使用できる安全な作業環境がユーザーの一人一人に与えられます。ここでモデルの一部分をさらに発展させ、後から元のモデルに統合することができます。

データのマージ

PREEvision Product Lines - Data Merge
データを制御しながらのマージ

個々の設計要素、コンポーネント全体、プロダクトラインを開発ブランチで開発する際や、インポートしたデータを統合する際には、PREEvisionの詳細な比較ビューを利用できます。

データを制御しながらのマージも可能で、これによって、どのデータをマージし、どのデータを上書きするかをきめ細かく決定することができます。過去のバージョンの比較や復元も可能です。

バリアント管理

画像:PREEvisionのバリアントはフィーチャーモデルに基づいています
PREEvisionのバリアントはフィーチャーモデルに基づいています

あるプロダクトライン (150%モデル) から車種(120%モデル) を導出し、そこから具体的な車両仕様・オプションを導出することができます。PREEvisionでは、バリアントをフィーチャーモデル (FODA:Feature-Oriented Domain Analysis) に基づいて、あるいはEquipment Template(装備テンプレート)とそのAlternative(選択肢)を利用して導出できます。

プロダクトおよびリリース管理

統合型のプロダクトおよびリリース管理には、プロジェクトおよびリソースを作成、計画、モニターするための機能が用意されています。

画像:変更、欠陥、リリースに対するPREEvisionのプロセスサポート
変更、欠陥、リリースに対するPREEvisionのプロセスサポート

関連ページ

さらに表示

要求エンジニアリング

要求エンジニアリングに対して統合型のアプローチを採用し、従来の要求管理ツールの機能を大きく拡張しています。

詳細はこちら
さらに表示

AUTOSARシステム設計

AUTOSARの多数の概念を取り入れたソフトウェアおよびハードウェアアーキテクチャーの開発をサポートします。

詳細はこちら