Collaboration Platform マルチユーザー操作
PREEvisionのユースケース
PREEvision Collaboration Platform
複雑なE/Eプロジェクトのマルチユーザー操作が可能

PREEvisionはE/Eプロジェクトにおける開発拠点間の協力をサポートします。製品オプションのPREEvision Collaboration Platformによりプロジェクトチーム/開発チームは、必要なデータへの競合のない共通アクセスができます。

特長

  • 中央データベースへの共通のアクセス(シングルソース)
  • 「ロック/コミット」のコンセプトにより、競合のない連携が可能
  • バージョン管理を通じて開発の状況を体系化
  • 役割およびアクセス権の管理を自由に定義可能
  • カスタマイズ可能なライフサイクル管理
  • プロジェクトの作成、計画、モニターを支援する変更、プロダクト、リリース管理
  • 変更履歴と変更マーカー
  • Subversion (SVN) による統合型のファイル管理

ユースケース

PREEvisionは大規模な組織が複雑なE/Eプロジェクトを実施できるよう設計されており、すべてのE/E開発に対する一元的なデータバックボーンとして利用することができます。中央データベースがデータセットの一貫性を保証するため、全組織的なマルチユーザー操作が可能になります。

PREEvision Collaboration Platform Functions
PREEvision Collaboration Platformは、マルチユーザー操作のためのPREEvisionの機能拡張で、最適なチームワークを実現するための多彩な機能とメリットを備えています。

プロジェクトチームと開発チームは必要なデータに対するアクセスを共有しながらも、データ競合を発生させることなく、並行して作業できます。データセットをマージする高コストのプロセスは不要です。データセットの融合に必要な手間は最小限に抑えられています。また、インポートおよびエクスポート機能により、既存のツールおよびシステム環境への統合も簡単に行うことができます。

機能概要

「ロック/コミット」のコンセプト

Lock and Commit Concept in the PREEvision Collaboration Platform
「ロック/コミット」のコンセプトによってデータの衝突を防止します。

このコンセプトでは、ハードウェアとソフトウェアのどちらのコンポーネントであっても、すべての操作を開発の設計要素に直接実行することが可能です。

これは、ロック操作を自動実行することで実現されます。設計要素への変更は、変更マーカーで簡単に特定できます。

この図は設計要素がマルチユーザー環境でどのように編集されるのかを示しています。User 1が設計要素の編集に入ると、他のユーザーはその設計要素の閲覧はできますが、編集はできなくなります(赤色のマーク)。User 1が「コミット」を実行してロック(緑色のマーク)を解除すると、その設計要素は再び全ユーザーで編集可能になります。

バージョン管理

PREEvision Version Management
すべての設計要素の管理をバージョン単位で行うことが可能

PREEvision Collaboration Platformの統合型バージョン管理は、従来のバージョン管理のあらゆる要求を満たしています。ここでは、すべての設計要素の管理をバージョン単位で行うことが可能です。これらのバージョンはそれぞれの開発ステータスを反映し、チェックイ/チェックアウトのメカニズムを使用して実装されます。

バージョン付けはプロダクトラインのモデル全体、個々のモデルレベル、そしてそのサブパッケージに加え、1つの設計要素単位という細分化されたレベルでもサポートされます。バージョンは個別の設計要素に、またはそれらのパッケージに対して定義できます。

画像:ブランチにより、古いリビジョンのチェックアウトが可能です
ブランチにより、古いリビジョンのチェックアウトが可能です

設計要素の開発やその展開は、1つの開発ライン内で行われることも、あるいは並行開発ラインのブランチとして継続されていくこともあります。

ブランチによって、この並行開発ライン内で新しいリビジョンのラインが始まります。ブランチはチェックアウト中に設計要素の任意のバージョンについて作成できます。

さらに表示
PREEvision Version Management
PREEvision Collaboration Platformのバージョン履歴

バージョン履歴により、設計要素が展開されていく経過の把握と追跡が可能になります。

バージョン履歴では、設計要素の開発サイクルで発生したリビジョンやブランチに対する個別の開発ステップが文書化され、また記録されます。

さらに表示
PREEvision Version Management
過去のモデルのバージョンの検索

設計要素のバージョンはモデルのさまざまな個所で使用されます。膨大な数に上るそれらの設計要素を見落とすことのないよう、汎用的な検索機能により、過去のモデルのバージョン内や古いバージョンの設計要素も含めて迅速に設計要素を探し出し、相互に比較することが可能となっています。

検索結果では、過去のモデルのバージョンに含まれる設計要素には特別のマークが付けられます。それらはドラッグ&ドロップで現在のアーキテクチャーモデルに簡単に挿入し、再利用できます。

さらに表示

役割およびアクセス権管理

画像:アクセス権と役割をプロジェクトごとに指定できます
アクセス権と役割をプロジェクトごとに指定できます

マルチユーザー操作では、役割およびアクセス権管理システムがデータへの制御付きアクセスを保証します。E/Eプロジェクト、ビューおよびパースペクティブ、設計要素のクラス、さらには特定のアクションに対するアクセスを、明示的に制御できます。

アクセス権と役割をどこまで細かく定義するかは、それぞれのプロジェクトで個別に指定できます。 PREEvisionでは、書込み/読込みまたは読込み専用のアクセス権を個々のコンポーネントのレベルにまで割り当てることができます。

この図は、4種類の役割の間でアクセス権がどのように設定されるのかの一例を簡略化して示したものです。

「Administrator」にはE/Eプロジェクトのすべての領域にフルアクセスできる権利がありますが、たとえば「Developer team B」の役割を持つPREEvisionユーザーは、プロジェクトにはいっさいアクセスできません。「Developer team A」には、プロジェクト全体とECUに対する読取りのみのアクセス権 (黄色の矢印) に加え、ソフトウェアコンポーネントに対する書込みのアクセス権(緑色の矢印) があります。これに対して「Product manager」の役割は、ECUの編集はできますが、ソフトウェアコンポーネントを見ることはできません(赤色の矢印)。

ライフサイクル管理

PREEvisionでは、ライフサイクルを用いてお客様の開発組織に適応したワークフロー管理を行うことができます。ライフサイクルとは、開発プロセスで設計要素に発生するステータスの流れを示すものです。

設計要素のライフサイクルにおけるステータスは設計要素の現在の開発状況と成熟度を反映し、これによってその設計要素が持つ特定の特性が変化します。これによって設計要素の開発状況がライフサイクルを通して追跡可能になります。

PREEvision Change Management
わずかな変更も、変更マーキング(デルタ記号)によって属性レイヤー上で確認することができます。 ライフサイクル(色のついた縦棒)は設計要素の開発状況を表します。 チェックインによって開発状況を体系化することが可能になります。そして、変更履歴と比較機能を使用すれば、開発を詳しく追跡することができます

ライフサイクルモデルは個別の要求に合わせた設定や、企業における特定のプロセスに応じた調整が可能で、PREEvisionにはこれを目的としたオーソライゼーションモデルが別途用意されており、これによりステータスが変化した場合には自動的に電子メールを送信するといった、特定の順序に従ったアクションを定義できます。

ステータスのこういった変更は、設計要素をチェックインするなどの特定の操作に伴い、自動的に実施することもできます。ライフサイクルフェーズの設定または変更は一般にユーザーが手動で行いますが、自動的に制御されることもあります。

さらに表示

開発プロセスの間に設計要素のステータスがどのように変化したかの経過は、設計要素のライフサイクルの履歴に経時的に記録されています。

さらに表示

設計要素の現在の開発ステータスには、オプションでマークを付けることができます。マーキングにより、各ステータスが一目で見分けられるようになります。たとえば変更管理の領域では、編集予定の設計要素、すでに編集の割当てが行われている設計要素、編集が完了し、クローズされた設計要素などを簡単に判断できます。

さらに表示

変更、プロダクト、リリース管理

PREEvisionは、プロジェクトおよびリソースを作成、計画、モニターするためのプロセスサポートを提供します。変更、欠陥、リリースの管理はシームレスに統合されており、高度なカスタマイズが可能です。

画像:変更、欠陥、リリースに対するPREEvisionのプロセスサポート
変更、欠陥、リリースに対するPREEvisionのプロセスサポート

統合型の変更管理には、変更要求を管理下で構造的に実装するための機能が用意されています。これによって、すべての設計要素に対する変更要求とエラーを効率的に、しかも一貫性を持ってフォローアップできます。

PREEvisionでは変更要求や不具合を「チケット」ベースで管理でき、この「チケット」をモデルを構成する設計要素にリンクすることも可能です。変更管理には、変更プロセス内の個々のステップを対象とするさまざまな機能や補助機能が、ビューやエディターの形で用意されています。

さらに表示

統合型のプロダクトおよびリリース管理には、プロジェクト、プロジェクトのアクティビティー、リソースを作成、計画、モニターするための機能が用意されています。

PREEvisionはグラフィックエディターやテーブル対応のエディターを装備し、プロダクトおよびリリース管理のすべてのフェーズをカバーします。

さらに表示

ファイル管理

PREEvision Collaboration Platformでは、データのバージョン付けが可能であるだけでなく、統合型のファイル管理機能もオプションで使用できます。リビジョンやブランチのファイルもデータと同様にバージョン付けできます。

ディレクトリー構造全体は、統合されているSubversion (SVN) システムを使用して管理できます。ここでは、PREEvisionの役割およびアクセス権管理もデータの競合防止を助けます。これは外部SVNクライアントが使用されている場合も適用されます。

大規模なディレクトリー構造、たとえばテストデータ管理やMATLABモデルのデータ管理などのユースケース向けの基本機能を形成するディレクトリー構造を処理する際は、いわゆるSVNワーキングコピーが作成され、このディレクトリー構造がSVNのバージョン付けプロセスに接続されます。

関連製品

さらに表示

AUTOSARシステム設計

AUTOSARの多数の概念を取り入れたソフトウェアおよびハードウェアアーキテクチャーの開発をサポートします。

詳細はこちら
さらに表示

プロダクトライン

PREEvisionのプロダクトラインのアプローチにより、ライブラリーと設計の再利用による効率的なE/E開発が可能です。

詳細はこちら