サービス指向アーキテクチャー(SOA)と車載Ethernet

画像:ゼロからのEthernetネットワークの設計
ゼロからのEthernetネットワークの設計

Ethernetは、ネットワークや接続性に対する要求の拡大に伴い、自動車業界でも幅広く使用されるバステクノロジーの1つとなりました。

PREEvisionは、AUTOSARに準拠するEthernetネットワークおよびクラスターの設計を、対応する通信も含めてサポートします。このモデルベースのエンジニアリング環境では、組込ソフトウェアシステムのサービス指向アーキテクチャーにも対応できます。

特長

  • ゼロからEthernetを設計するための専用のUI
  • AUTOSARに対応した設計を促進する整合性チェック
  • サービス指向アーキテクチャー設計のためのSOAダイアグラム
  • サービスおよびサービスインターフェイスのモデリング
  • VLANとサービス品質を定義するためのスイッチ設定
  • シグナルルーターがスイッチ設定を考慮し、通信のための設計要素を生成
  • EthernetシステムのためのAUTOSARのインポート/エクスポート

ユースケース

Ethernet技術は車両内だけでなく、車両と周辺環境あるいはインターネットとの通信やアプリケーションに必要な適切な帯域幅を実装することができます。

当初の用途はオンボード診断、充電ステーションとの通信、カメラを利用したドライバーアシスタンスシステムなどでしたが、そのアプリケーション分野は現在も拡大を続けています。

PREEvisionはEthernetネットワークの設計をゼロからサポートします。専用のダイアグラム、エディター、自動化、生成機能により、AUTOSARに準拠したEthernet設計を、通信設計も含めてスピーディーにセットアップできます。

 

資料

テクニカルアーティクル

サービス指向アーキテクチャー(SOA)と車載Ethernet

自動車を「走るデータセンター」に ~ 開発を支えるモデルベース手法 ~

サービス指向アーキテクチャー(SOA: Service-Oriented Architecture)は、長らくIT業界で分散システムの記述と構造化に使用されてきました。近年、このサービス指向の設計は自動車業界でも急速に存在感を増しており、「自動車にも、スマートフォンで使えるような一連の機能を導入したい」という声の高まりに応えるためには欠かせない手法となっています。しかし、自動車業界におけるSOAは、モデル保守から自動運転やV2X通信などのテクノロジー導入に至るまでの、新たなる要求にも対応することが求められています。

ベクターのモデルベースE/E開発ツール「PREEvision」は、方法論に基づいた整合性あるサービス指向アーキテクチャーの設計をサポートします。ユーザーはサービスインターフェイスの定義からサービスのインタラクションの指定、そしてAUTOSARに対応したEthernet設計に至るまで、すべてを統合されたワークフローに沿って進めていくことができます。Ethernetに加えてCAN、LIN、FlexRayなどの他のバステクノロジーも使用する場合は、混合型トポロジーも設計できます。システム設計者はPREEvisionを使用することで、従来の組込設計と最新のサービス指向を用いたバックエンド通信とを組み合わせるという困難な課題を解決できます。このようにPREEvisionは、自動車を「走るデータセンター」へと変貌させることを強力にサポートします。

本稿は、ドイツで発行された『Elektronik automotive, magazine Special issue, Automotive Ethernet – March 2017」に掲載された記事内容を和訳したものです。

関連ページ

車載Ethernetソリューション

車載Ethernetのためのプロフェッショナルなツール、ベーシックソフトウェア、トレーニング、そしてサービス

詳細はこちら
AUTOSAR通信設計

バス経由で転送されるデータエレメントについて、AUTOSARに対応した通信設計をサポートします。

詳細はこちら