PREEvision
Model-Based E/E Development

PREEvision – モデルベースE/Eエンジニアリング環境

E/Eエンジニアリングソリューション

電動化、自動運転、車両内外の接続性―。車両に搭載される電子ネットワークは、今日の自動車の頭脳と言えるまでになりました。

 

車両内部や車外システムとのデータ共有はかつてないほど増加しており、それが複雑化を招くと同時に、車両内の電気/電子システムの開発、すなわちE/E開発をますます難しいものにしています。

PREEvisionはこれらの課題に対応するモデルベースの開発環境で、アーキテクチャー設計からワイヤーハーネスに至るE/E開発全体をサポートします。

特長

  • 1つのツールで完全なE/Eシステムを設計、管理、文書化
  • トレーサビリティー管理の統合
  • ダイアグラムによるグラフィカルなモデリング
  • AUTOSARメソドロジーのフルサポート
  • ISO 26262に準拠した安全関連システムの設計
  • バリアント管理およびプロダクトラインエンジニアリング
  • 1つのソースからアーキテクチャーとワイヤーハーネスを開発

適用分野

画像:PREEvisionのグラフィカルユーザーインターフェイス

モデル駆動型のE/Eシステム開発

PREEvisionは、自動車業界とその関連分野で使用される分散型の組込システムを対象とする、トップクラスのモデルベース開発ツールです。このエンジニアリング環境では、1つに統合されたアプリケーションソフトで技術開発プロセス全体をサポートします。

PREEvisionは、従来型アーキテクチャーとサービス指向アーキテクチャー両方の開発だけでなく、E/Eシステムにおける要求エンジニアリング、AUTOSARシステム/ソフトウェア/通信の設計、そしてワイヤーハーネス開発を全面的にカバーする、包括的な機能を備えています。PREEvisionの統合されたモデルベースのアプローチにより、複雑なタスクをシンプルに、しかも管理しやすい形で実施できます。

また、PREEvisionはシステムエンジニアリングの定石である「抽象化」、「デコンポジション」、「再利用」という原則をサポートすると同時に、共通のデータベースに対する複数の場所からの並行作業を可能にする、エンジニアリングバックボーンとして機能します。

PREEvisionのユースケース

E/Eアーキテクチャー開発

E/Eアーキテクチャーの開発と、システムの効率向上やコスト削減などを目的とするそれらの最適化をサポートします。

詳細はこちら
プロダクトライン

PREEvisionのプロダクトラインのアプローチにより、ライブラリーと設計の再利用による効率的なE/E開発が可能です。

詳細はこちら
要求エンジニアリング

要求エンジニアリングに対して統合型のアプローチを採用し、従来の要求管理ツールの機能を大きく拡張しています。

詳細はこちら
AUTOSARシステム設計

AUTOSARの多数の概念を取り入れたソフトウェアおよびハードウェアアーキテクチャーの開発をサポートします。

詳細はこちら
AUTOSAR通信設計

バス経由で転送されるデータエレメントについて、AUTOSARに対応した通信設計をサポートします。

詳細はこちら
PREEvision|AUTOSAR Adaptive設計

PREEvisionを使用して、AUTOSAR Adaptiveプラットフォームの能力を最大限に引き出します

詳細はこちら
車載Ethernet通信設計

車載Ethernet通信のための、AUTOSARに対応したサービスと通信設計をサポートします。

詳細はこちら
ワイヤーハーネス設計と開発

REEvisionは、開発エンジニアがコスト最適化された設計を詳細レベルまで行うことを支援します。

詳細はこちら

PREEvisionによるプロセスとチームのサポート

機能安全

ISO 26262に準拠した安全関連システムの開発および保守の手間を最小限に抑えるため、整合性のある開発を支援します。

詳細はこちら
テスト

E/E開発プロセス全体で、テストエンジニアリング、テストの制御、蓄積したテストデータの管理をサポートします。

詳細はこちら
Collaboration Platform

E/Eプロジェクトにおける開発拠点間の協力をサポート。複雑なE/Eプロジェクトのマルチユーザー操作が可能になります。

詳細はこちら
プロジェクト、変更、リリース管理

E/Eプロジェクトの運営と、プロジェクト中の変更の実行を目的とする、プロジェクト、変更、リリース管理で構成されたプロセスサポート機能が組み込まれています。

詳細情報

バージョン10.0の主な特長

新機能および特に重要な変更

  • シグナルのみに基づいた通信設計
    シグナルとハードウェアネットワークにのみ基づく通信アーキテクチャの作成:新しいCommunication DesignExplorerを使用することにより、シグナルとECUの間の送受信関係を手軽に設計できます。
  • 診断設計
    専用の新しいユーザーインターフェイスで診断データを設計:Diagnostic Explorerでは、テーブルを使用して診断識別子(DID)、入出力制御、ルーチン、イベント処理などをモデル化できます。
  • サービスからシグナルへのマッピング
    サービス指向通信とシグナルベース通信の間のギャップを埋める:AUTOSAR AdaptiveコンポーネントのサービスをAUTOSAR Classicコンポーネントのシグナルに簡単にマッピングできます。
  • システムのモニタリング
    PREEvisionシステムアーキテクチャの健全性を随時判定:クライアントからサーバーに至るインフラストラクチャをコンスタントに監視します。

 

レイヤーモデル

車載E/Eシステム全体を設計する

画像:PREEvisionのデータモデルと専用の抽象レイヤー

PREEvisionのデータモデルと専用の抽象レイヤー

PREEvisionのE/Eデータモデルは、要求エンジニアリングからすべての実装ステップに至る全体で、整合性のあるモデルベースの作業方法を支える基盤となります。車載E/Eアーキテクチャーのあらゆる面が、1つの統合されたアプローチでモデル化されています。それは要求およびアーキテクチャー設計からワイヤーハーネスに至る全体をカバーします。

PREEvisionはこのアプローチを採用するために、システムズエンジニアリングで実績のある「抽象化」、「デコンポジション」、「再利用」の3つの原則に従い、プロダクトラインとプロダクトバリアントのモデリングを多様なモデルレイヤーを用いてサポートします。

さらに、PREEvisionはテストエンジニアリングと管理を含む、統合型プロセスおよびチームサポート、機能安全に対するサポート、そして変更、欠陥、リリースを管理するツールを提供します。

ノウハウの概要

 

PREEvisionポスター

E/Eエンジニアリングをいつも身近に

このインフォグラフィックでは、PREEvisionの包括的なデータモデルと専用の抽象レイヤーの概要が説明されています。

設定

製品および製品オプション

PREEvision製品オプション

お客様のユースケースに応じ、最適なPREEvision製品構成が選択可能です。

PREEvision Architectはプロダクトラインのすべてのモデリングレイヤーをサポートし、PREEvision Function DesignerおよびPREEvision Electric Designerはサブエリアをサポートします。

Collaboration Platformはチーム協働作業のためのアドオンです。Server APIにより、Webアプリケーションの開発が可能になります。

PREEvision Architect

PREEvision Architectは、要求管理から論理アーキテクチャー、AUTOSARシステム設計、ソフトウェア/ハードウェアアーキテクチャー、そしてワイヤーハーネスや車両ジオメトリーに至る、E/Eアーキテクチャー設計の幅広い機能を統合して提供します。設計プロセスの仕上げに必要な、モデル評価、最適化、文書化にも対応します。また、一貫性のある要求記述、機能、コンポーネント、ネットワークの詳細定義、論理インターフェイスと物理インターフェイスの定義と保守などの領域を、開発から量産準備に至るまでサポートします。ISO 26262に対応した安全関連システム開発のサポートのほか、テストエンジニアリングおよびテスト管理機能も含まれています。

PREEvision Function Designer

PREEvision Function Designerは、AUTOSARのシステム設計プロセスと、要求記述、論理機能、ソフトウェア/ハードウェアコンポーネント、ネットワークアーキテクチャーの設計、通信設計をフルサポートします。ISO 26262に対応した安全関連システム開発のサポートのほか、テストエンジニアリングおよびテスト管理機能も含まれています。

PREEvision Electric Designer

PREEvision Electric Designerは、要求管理、ハードウェアアーキテクチャー設計、電気配線図、ワイヤーハーネス設計、車両ジオメトリーをサポートします。ISO 26262に対応した安全関連システム開発のサポートのほか、テストエンジニアリングおよびテスト管理機能も含まれています。

さらに表示

PREEvision Collaboration Platform

Collaboration PlatformはPREEvisionでチーム操作を可能にするサーバーベースのオプションで、これには製品およびリリース管理に加え、変更および構成管理機能も含まれています。

PREEvision Server API

Server APIにより、モデルの内容を編集および視覚化するWebアプリケーションの開発が可能になります。REST APIにより、各設計要素のライフサイクルステータス、リッチテキスト、ファイル、ダイアグラム、そしてメトリックへの読込み/書込みアクセスが可能になります。

さらに表示

関連情報

PREEvision、PREEvision Collaboration Platformのクライアント・サーバーのシステム要件とシステムアーキテクチャーはPDF資料にてご参照ください。

さらに表示
さらに表示
画像:PREEvisionブローシャー

おすすめの資料
 

PREEvisionブローシャー

PREEvisionのE/Eエンジニアリングソリューションに関する各種ユースケース、プロセスとチームのサポートについてを一冊にまとめました。

ダウンロード

ダウンロードしたい製品のカテゴリを選択してください

ノウハウ

PREEvision関連記事

PREEEvision関連の記事をご紹介します。

詳細はこちら
PREEvision Videos

On stages and screens: What PREEvision is and what PREEvision can do. Watch the videos!

Get Know-How
PREEvision Webinars

PREEvision features and functions introduced in one-hour webinar sessions. Free registration!

Get Know-How
Vector KnowledgeBase

Find answers and solutions in extensive and detailed FAQs. Explore the most common support issues.

Get Answers

トレーニング

[Translate to 日本語:] PREEvision Workshops and Training

ベクター・ジャパンでは、PREEvision等のベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

関連ページ

分散システム

ベクターは、車載ネットワーク設計、ネットワーク通信のシミュレーション、解析、テスト、そしてモデルベースE/E開発のアーキテクチャー設計から量産までをもサポートします。

詳細はこちら