ODXStudio
シンプルで使いやすいODXデータ作成ツール-診断データを閲覧、編集

ODXStudioの概要

ODXStudioは、ODX形式データを作成するための、使いやすいオーサリングツールです。実際に使われているすべてのODXカテゴリーに対応しており、ODXデータを利用した開発プロセスのプラットフォームとして利用するのに最適です。

  • ODX-D(診断データ)
  • ODX-C(通信パラメーター)
  • ODX-V(車両内でのECUへのアクセス方法)
  • ODX-F(フラッシュデータコンテナ)
  • ODX-E(ECUの設定データ)
  • ODX-FD(システムの機能と診断データの関連づけ)

特長

  • ODX 2.2.0および2.0.1形式データを、ODXフォーマットのまま処理
  • ODX形式にネイティブ対応しており、他のツールとデータをやり取りする際の副作用が生じない
  • 内蔵のODXチェッカーを使用することにより、記述したデータを自動的にチェック
  • 使いやすいユーザーインターフェイスを備えており、編集作業が簡単
  • ODX 2.2.0および2.0.1の、それぞれのデータフォーマットに合わせた専用画面
  • すべてのODXカテゴリーに対応
  • サービスとDIDの実行済みステートの概要をわかりやすく画面に表示
  • ファイルやクリップボードに含まれる表形式のテキストテーブルやDTCのデータを、インポートウィザードを使用して簡単にインポート
  • 表形式のデータをMicrosoft Excel®にエクスポート
  • A2L、DBC、FIBEX、AUTOSAR、XLSX、CSV、CDIなどからのシグナル、パラメーター、DTCのインポートが可能
  • 大きなサイズのODXデータでも高速に処理
  • 優れたスケーラビリティー:1つのECUから車両全体の仕様を表すODXデータを作成可能
  • お客様からのご要望により、自動車メーカーが独自に定めるオーサリングガイドラインにも対応可能

適用分野

ODXStudioは、ODXデータを使った開発プロセスに携わるすべての方にお使いいただけるツールです。また、ODXStudioは、1つのECUのデータから1つの車両プラットフォームのデータまで、さまざまなレベルのODXデータを扱うことができます。

自動車メーカーの方でもECUサプライヤーの方でも同じように、便利にご利用いただけます。ODXStudioは、ODX2.0.1形式のデータも 2.0.0形式のデータも、それぞれのデータフォーマットのまま処理できます。さらに、これらの形式間の変換も可能ですので、古い形式のデータを新しい ISO-ODX形式(ODX 2.2.0形式は、ISO 22901-1としてISO化されています)に変換し、再利用するのにも便利です。

ODXStudioのエディション

  • ODXStudio Pro:すべての機能を利用可能
  • ODXStudio ViewC:ODXデータの表示のみ可能

バージョン5.0の特長

ODX以外のファイルの参照機能

  • フラッシュウェアやジョブファイルなどの非ODXファイルに対しては、それらがODXオブジェクトから参照されているかどうかを知る必要があります。Project Explorerでは、そのようなファイルが使用されているかを判断し、それぞれのODXオブジェクトに直接ジャンプできるようになりました

 

診断仕様データベースCDDをODXへ変換

  • 診断仕様データベースCDDをプロジェクトに追加する際、オプションでCDDに定義された情報をODXに変換できます。CANdelaStudioで作成されたODXファイルはすべて、ODXStudioプロジェクトに追加されます

 

高解像度スクリーンのサポート

  • 最新のディスプレイはフルHDを超える解像度をサポートしています。新バージョンのODXStudioでは、高い画面解像度に合わせてユーザーインターフェイスが調整され、テキストのスケールもこれに対応しました(>100%)

 

Vector Support Wizardの統合

  • この新バージョンにはVector Support Wizardが装備されました。この機能により、ログファイルなどの情報を添えた問題レポートを、ベクターのサポートチームに簡単に送信できるようになります

機能

ODXStudioで新規にODXデータを作成する場合、マスタープロジェクトをベースにします。マスタープロジェクトには、標準のライブラリーや そのまま利用できるデフォルト設定など、ベースとなる仕様が規定されており、ODXデータの新規作成に要する工数を大幅に削減できます。

ODXStudioではODXカテゴリーごとにODX編集画面を設けています。各カテゴリーのデータ形式に合わせた表示にすることで、作業工数を減らせます。さらに、各カテゴリーにプロセス画面をかぶせることもできます。
このプロセス画面では、たとえばユーザーのデータ入力に制限を加えて、オーサリングガイドラインに準拠したデータ作成を促すことができます。

  • ODXのエキスパート用に、ODXのフォーマットに則した形でODXデータの各要素を表示して自在に編集できます
さらに表示
  • サポートされるDIDとDTCを入力するだけで、UDSに対応したECUの設定ができます。この機能は、ODXにまだ慣れていない場合に特に便利です
さらに表示
  • 各ECUの設計担当者は、実際のODXデータ構造を知らなくても、変更可能な要素だけを単純な形で表示して編集できます
さらに表示
  • ODXStudioプロジェクトやPDXアーカイブにまたがって、ファイルレベルだけでなく要素データレベルまで、さまざまなレベルでの比較が可能です

また、表示する項目を制限して、担当する業務に関係しないカテゴリーのデータを見せないようにもできます。

さらに表示

その他の機能

  • 内蔵のODXチェッカーが持つ標準のルールセットを使用することにより、記述したデータを自動的にチェック。追加のルールを使用してデータに含まれる一般的なエラーを特定できるほか、オプションでユーザー独自の拡張が可能。また、コマンドラインからの使用も可能
  • 便利な検索機能
  • テーブルデータに対する詳細なフィルターおよびソート機能
  • HTMLおよびRTF形式レポートの自動生成
  • CANdelaStudioで作成したCDDファイルのインポートも可能
  • コマンドラインからのフラッシュコンテナの自動生成もサポート
  • 読込み、編集、保存時の処理が速く、高いレベルの実用性を発揮

関連情報

ファクトシート:

さらに表示
要素 推奨 最小要件
CPU Intel Core i5
3,0 GHz以上
Intel Core 2 Duo
2,6 GHz
 
Memory (RAM) 4 GB 2 GB(32bit)または4 GB(64bit)
Screen resolution 1280 x 1024 or higher 1024 x 768
Operating system Windows 10/8.1/8/7/Vista(Vistaは32Bitのみ)
さらに表示

ニュース/イベント

さらに表示
さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

トレーニングポータルのページへ