Indigo
Diagnostic Testing Quick and Easy

Indigoの概要

Indigoは、診断プロトコルの知識がなくても簡単に設定できる、直観的な使用が可能な診断テスターです。Indigoは車両の開発とサービス工場での使用の両方に適しています。

簡単な操作で車両全体の状態を一覧で確認できるのに加え、個別のECUの詳細な診断通信にも対応しています。目的に応じたいくつものテスター設定を定義し、プロジェクトとして保存して、パートナーと安全に交換できます。Indigo Remoteを使用したリモート診断も可能です。

Indigoの利用で、OBDにフォーカスしたテストの実行、加えて、対象ECUの診断データベースをインプットとして利用できます。データベースをIndigoが参照することで、OEM固有の診断仕様であっても特別な準備なく扱うことを可能としています。

Indigoの機能は、さまざまなプロジェクトで利用されることを想定して設計されています。診断の結果は明確で、人が理解し易いテキストとして表示します。繰り返し行う処理は、あらかじめ診断スクリプト(VDS - Vector Diagnostic Script)を用意することで、必要な時に簡単に実行できる仕組みがあります。UDS、KWP、OBD、J1939診断といった診断プロトコルをサポートし、通信バスとしては、CAN、K-Line、Ethernetを対象としています。ECU/車両とのネットワークインターフェースは、ベクター製、PassThruまたはD-PDU APIベースのデバイスが使用可能です。

特長

  • 個々のECUだけでなく、車両全体、あるいは商用車の診断に簡単に使える診断テスター
  • OEM、車両シリーズを選ばず使用可能
  • 直観的な操作
  • カスタマイズ可能なユーザーインターフェースで、個々のアプリケーションに応じたプロジェクトを自由に定義可能
  • 車両の状況や識別情報などが直感的に分かるようになっているだけでなく、よく使われる各種の診断タスク(フォールトメモリーの読み出しなど)を用意しておき簡単に利用
  • 車両情報(Vehicle Info、Vehicle Status)の概要表示
  • DBC/ARXML形式データベースのネットワークシグナルを参照して(グラフィカルに)測定
  • UDS (ISO14229), KWP2000, GMW3110だけでなく、SAE J1939 diagnostics and OBD (OBD II (SAE J1979 / ISO15031), WWH-OBD (ISO27145), HD-OBD (SAE J1939-73))をサポート
  • ODX、CANdela (CDD)、Ford MDXなどの診断仕様データベースによる自動設定
  • CAN (FD)、K-Line、DoIPを介した異なる車両アクセスを同時にサポート
  • Indigo Remoteとベクターインテリジェント診断デバイスVN8810で動作させるAccess Pointでインタラクティブにリモート診断
  • C#で記述するVector Diagnostic Scripting(VDS)Libraryによる診断シーケンスの記録・編集・実行のための統合環境

 

適用分野

Indigoは、車両として組み上げられてからの診断によるテスト、特に整備現場での診断に理想的です。開発段階でも利用いただけます。ECU開発者が自身の開発中ECUに対して簡単に診断通信を実行し、解析の手助けもします。

ユーザーインターフェースは、事前に用意された機能ごとのWindowを選択することで、さまざまな診断タスクのために自由に環境を用意することができます。複数のインスタンスを選択し、自由に名前を付けることもできます。ユーザーは、自分の用意した環境を診断データベースと共にプロジェクトとして保存、またはPack&Go形式としてアーカイブして、開発パートナーと簡単に提供と受け取ることができます。機密性の高いプロジェクトを暗号化して保護することも可能です。この場合第三者は、設定変更、含まれる診断データベースを参照することはできません。一部の診断機能を利用させるだけで、それ以外の診断機能も診断仕様も秘匿できるので、設定ファイルを外部に配布しなければならない場合に便利です。

テストドライブを想定して、キー操作で簡単に操作できるよう考えられています。測定データやエラーメモリーをトリガーとしたロギングで、テストドライブの結果分析に役立てられます。テスト結果はドキュメントとして残すために、レポート作成の機能も備わっています。フォーマットはカスタマイズ可能です。

Indigo Remote

Indigo Remoteは、開発者(診断エキスパート)がインターネットを介して遠隔地の車両を診断することを可能とします。車両側に機密情報を残さず、開発者側でのみ扱えるようにしています。

想定されるユースケースは以下になります。

  • 試作車のテスト走行やフィールドテスト
  • 海外の車両アッセンブリ―工場
  • 修理工場に持ち込まれた車両の不具合解析

リモート診断の機能はIndigoに含まれていますが、別途Indigo Remoteのライセンスが診断を実行する側のPC(診断エキスパート側PC)に必要です。1つのIndigo Remoteライセンスで、任意の数のアクセスポイント(車両)に次々とアクセスすることができます。車両側のPCには、Indigo Access Pointをインストールするだけです。Indigo Access Pointは、こちらから無償で入手可能です。

     

     

バージョン6の新機能

診断シーケンスのプロフェッショナルな開発

  • Indigoだけでなく他のベクターツールで利用可能な診断シーケンスを開発およびテストするためのMicrosoft Visual Studio用の機能拡張を製品に同梱。診断シーケンスの快適な編集、容易なテスト、デバッグの最適なサポートなどのメリットを提供

セキュリティー対応

  • ベクターセキュリティーマネージャーの統合。ベクターセキュリティーマネージャーを通じ、ゲートウェイ認証をはじめとするメーカー固有のセキュリティー機能を提供

テストの自動化

  • 標準化されたASAM XIL API DiagPort 2.1のサポートに より、診断タスクの自動化に対応

Routine Control Center

  • Routine Control Centerを使用してリモートルーチン (UDSサービス0x31)の実行の開始/停止とルーチン結果の照会が可能

その他の新機能

  • 車両とのDoIP通信にベクターのEthernetネットワークインターフェイス、VN5610AおよびVN5640をサポート
  • 記録したLiveDataシグナルを標準化されたASAMMDF4形式でも保存可能

機能

  • DTCオーディター:車両全体のECUについて、故障を検出しているか否かを一覧表示します
  • DTCブラウザー:故障を検出したDTCについて、各ステータスビットの状態とフリーズフレームデータ、故障判定条件を表示
  • DTCインスペクター:サポートされるすべてのDTCをハイライトし、「アクティブ」のマークを付けて概要を表示 (UDSサービス)
  • IDブラウザー:シリアルナンバー、ECUバージョン、VINなどのECUについての情報を収集します
  • パラメーター設定:ECU内部のパラメーターを読み出して表示し、また書き換えます
  • ライブデータ:診断データおよび CAN シグナルを測定し、値をグラフ表示します
  • トレース:送受信した診断メッセージを表示します。診断データは、解釈して表示されます
  • IOコントロールセンター:アクチュエーターを簡単に制御
  • 診断コンソール:ECUが対応するすべての診断サービスを、手動で実行できます
  • スクリプト機能:繰り返し実行する診断シーケンスをvFlashのCustom Actionとしても利用できるスクリプトとして生成し、実行。このスクリプトはベクター製品のすべての診断テスター機能で再利用可能です
  • OBD II/WWH-OBD/HD-OBD* OBDの診断データを読み出して表示します。OBD-IIとWWH-OBDの両方の仕様に自動対応します
  • Indigo Remote機能:遠隔地の車両に対して診断を可能にするIndigo Remote機能。距離に関係なく、解析と問題解決を効率よく実施できます。すべての内部データは診断を実行しているPC内に安全に格納され、車両に転送されることはありません

* Service Pack 2 (SP2) で利用可能

 

リモート診断

Indigo Remoteは、世界のどこからでも直接インタラクティブな方法で車両にアクセスできるリモート診断ソリューションです。

  • ワールドワイドでリモート診断
  • 素早く簡単に設定可能
  • 強力なデータセキュリティー: 実地現場では診断データ、プロセス、セキュリティーアルゴリズムが不要のため、転送も不要
  • 高速なデータ転送と即応性
  • サードパーティー製ネットワークインターフェイス(PassThru API等)を含むハードウェアインターフェイスを介した包括的な車両アクセス

Indigo Remoteのリモート診断を利用することで、診断エキスパートのアドバイスをすばやく得られるため、診断と修理にかかる時間を短縮できます。この結果、 さまざまなコスト削減に繋がるとともに、アフターマーケットの段階であれば車両のエンドユーザー様の満足度向上に繋がります。

さらに表示

 

診断テスター自体は、診断エキスパートのいる場所で操作します。診断データもエキスパートも現場に移動することなく、車両に直接アクセスすることができるのです。

車両側のシステムにAccess Pointをダウンロードして、診断の診断エキスパートが接続IDとパスワードを使用して診断セッションに参加すればリモート診断の準備作業は完了です。車両への変更は一切不要で、テストシステムが直ちに設定されます。

Indigo Remoteでは、診断データ、テストシーケンス、セキュリティーアルゴリズムは、セキュアな環境内に保持されます。つまり、すべてのコントロール、結果 の解釈および評価は、診断エキスパートのコンピューターから移動しません。徹底した暗号化によって、高いデータセキュリティーが保証されます。

一連の診断を効果的に使用できるよう、技術的にさまざまな方法を用いて高帯域と低遅延が保証されます。これにより、たとえデータの大量転送であっても非常に短いレスポンス時間で世界各地の車両とのアクセスを実現します。

さらに表示

Indigo Remoteは、診断エキスパートが遠隔地の車両に直接アクセスしてリモート診断を行いたい場合に、いつでもどこからでも使用できます。

一般的に、以下のような応用分野があります。

  • 試験走行中の車両
    試験走行中には、きわめて特殊な条件でのみ車両が異常な動作をすることがあります。こういった場合、診断エキスパートまたはシステム開発者による精密検査 が必要です。たまたまエキスパートが現場にいあわせていれば、テストのために車両診断を使用して重要な車両データを読み取り、結果にもとづいてアクチュ エーター等を制御できるかもしれませんが、それをすべての現場で行うのは現実的ではありません。Indigo Remoteでは、診断エキスパートが現場から遠く離れていても、車両に直接アクセスできるようになりました。
  • 海外の製造工場にある車両
    Indigo Remoteでは、車両、システム、ECUの問題について、遠隔地にいる開発者から短期のサポートが受けられます。このため、自動車メーカーとサプライヤーの両方がリモート診断を使用して、製造工程の初期段階で迅速かつ安全にシステムを診断できます。
  • サービス工場内のお客様の車両
    サー ビス工場では、診断エキスパートに相談しなければならない状況がしばしば発生します。予想外の複雑な問題が発生した場合、Indigo Remoteでは「車両ドクター」または本社の開発者が即座に支援します。これにより、エンドユーザとなるお客様に迅速で費用効率の高いサービスを提供で きます。

 

さらに表示
Indigo - 遠く離れた場所からリモート診断

スウェーデン、零下20度、降雪あり。雪に覆われた氷の湖でテストドライバーが寒冷地テストドライブを行っています。カーブでのブレーキ操作中、ドライバーは車両の挙動に違和感を覚えました。原因はブレーキシステムにありそうです。

さらにテストを重ねた結果、ベテランのテストドライバーである彼は、その現象が極めて特殊な条件下でしか発生しないことにすぐ気付きました。

システム開発者が真冬のスウェーデンまであわてて出向く必要はありません。遠く離れた場所からリモート診断を使用して車両にアクセスする実際の利用事例についてはこちらの記事をご覧ください。

さらに表示

Indigo Remote Access Point - Request Download

さらに表示

関連情報

ファクトシート:

 

テクニカルアーティクル:

 

さらに表示
  Windows 7 SP1 or higher
Windows 8.1 Update 1 or higher
Windows 10 Build 1607 (Anniversary Update) or higher
プロセッサー 2.0GHz以上のCPUを搭載したPC
メモリー (RAM) 2 GB
さらに表示

ダウンロード

トレーニング

Indigo - トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。