DaVinci Developer
AUTOSARソフトウェアコンポーネントの設計

DaVinci Developerの概要

DaVinci DeveloperはAUTOSAR ECUのソフトウェアコンポーネント(SWC)アーキテクチャーを設計するためのツールです。

 

特長

  • ユーザーフレンドリーな操作で簡単にAUTOSAR SWCを設計
  • グラフィカルな編集機能を多数装備
  • SWCのAUTOSAR適合性をチェック
  • モデルベース開発ツールとARXML経由でリンク
  • AUTOSAR 3.xおよび4.xに対応

適用分野

SWCアーキテクチャーを設計

  • さまざまなレイアウト補助機能も備えた、ソフトウェアコンポーネントのグラフィカルな定義
  • ポートインターフェイスとデータタイプの定義
  • サービスニーズや、初期値、タイムアウトなどの通信仕様を含む、各種ポートプロトタイプの定義
  • コンポジションの作成
  • 手動および自動によるSWCのリンク
さらに表示
  • ランナブルエンティティー(runnable entity)と、そのアクティベーションイベントやポートアクセスの定義
  • 排他エリアの記述
  • インターランナブル変数、Per-Instanceメモリー、およびキャリブレーションパラメーターの定義
  • NVメモリーへのアクセスなどを想定したサービスニーズの定義
  • SWCの手動および自動接続
さらに表示
  • SWCポートとネットワークシグナルの間のデータマッピングを表示
  • シグナルおよびポート指向の表示
  • データマッピングの手動作成
  • 名前に基づくデータマッピングの自動作成
  • ネットワークシグナルに適合するポートプロトタイプの生成
  • データトランスフォーマーをサポートし、エンドツーエンド保護とSOME/IPに対応
さらに表示
  • 包括的なSWCの整合性チェック
  • SWCテンプレートとRTEに対し、AUTOSAR仕様への整合性規則を考慮
さらに表示

ユースケースにおける必要となるDaVinci製品の概略

スタンダードユーザーグループ

 

 

エクスパートユーザーグループ

さらに表示

バージョン4.4の新機能

最新の規格に対応

  • AUTOSAR 4.4に準拠したARXMLファイルをサポート

使いやすさが向上

  • オブジェクトブラウザーでのコンポジションSWCの個別表示
  • 高解像度ディスプレイをサポートするためのグラフィカル ユーザーインターフェイスとアイコンの改良

機能

  • 自動車メーカーからの入力データの変更後、専用のインポート機能でSWCアーキテクチャーを更新
さらに表示
  • SWC間のコネクターを自動生成
  • SWCとネットワークシグナルの間のデータマッピングを自動生成
  • 自動車メーカーでの一般的な命名規則を踏まえた、名前に基づく検索アルゴリズム
さらに表示
  • SWCアーキテクチャーの解析により、ECU内でのデータ交換の詳細を表示
  • 個々の通信関係をデータ要素やネットワークシグナルのレベルで詳しく解析表示
さらに表示
  • 共有ARXMLファイルをDCFライブラリーに移動可能
  • 書込み保護されたDCFライブラリーを読み込むメカニズムを装備

DaVinci DeveloperはMathWorksパートナープログラムの一部です。

 

 

 

 

 

 

さらに表示

オプション

オプションCPG: RTEコントラクトフェーズの生成

  • C言語ベースのアプリケーションに対応したヘッダーファイルと実装テンプレートファイルを、素早く簡単に生成
  • SWC Descriptionの変更後、SWC実装を更新
  • 注: オプションCPGを使用することにより、MICROSAR RTEジェネレーターを別途使用せずにコントラクトフェーズ生成を実行可能

関連情報

さらに表示
要素 推奨 最小要件
CPU Quad-Core Dual-Core
メモリー (RAM) 16 GB 2 GB
画像解像度 1280 × 1024 1024 × 768
オペレーティングシステム Windows 7, 8.1, 10 (64Bit) Windows 7 (32または64Bit)
ディスク
SSD HDD
さらに表示

ベクターのKnowlegdeBaseでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。
 

 

さらに表示

ダウンロード

さらに表示
さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。