DaVinci Configurator Pro
AUTOSARベーシックソフトウェアの設定、検証、生成

DaVinci Configurator Proの概要

DaVinci Configurator ProはAUTOSAR ECU上のベーシックソフトウェア (BSW)およびRTE(Runtime Environment) の設定、検証、生成で中心的な役割を果たすツールです。

 

特長

  • 自動車メーカーのシステム/診断記述に基づき、ベーシックソフトウェアを自動的にパラメーター化
  • ベーシックソフトウェアおよびRTEのすべての領域に、専用の設定用インターフェイスを装備
  • サードパーティーのサプライヤーから提供されるモジュールを手軽に統合
  • 設定の検証に問題解決のためのヒントを提供
  • ワークフローのサポートにより、ECUソフトウェアの継続的統合に対応

適用分野

ベーシックソフトウェアとRTEの設定

  • 通信、NVメモリー、診断、ランタイム環境といったベーシックソフトウェアの全領域をカバーする、使いやすいカスタムのユーザーインターフェイス
  • パラメーターをネイティブ形式で表示できるGeneric Configuration Editor (GCE)
  • パラメーターの設定中に、依存関係のあるパラメーターを自動調整
  • 複雑な設定タスクを支援する機能
さらに表示

ベーシックソフトウェアとRTEの検証

  • パラメーターの整合性をモジュール別および包括的にチェック
  • 入力のライブ検証によって誤入力を即座にフィードバック
  • 推奨される解決策を一覧から選び、クリックして実行
  • 概要を把握しやすくするため、個別のメッセージを非表示にする認識メカニズム
さらに表示

ベーシックソフトウェアとRTEの生成

  • 設定可能な生成シーケンスでモジュールジェネレーターを呼出し
  • コマンドラインからの呼出しにより、適切な外部ジェネレーターを任意に統合
さらに表示

ユースケースにおける必要となるDaVinci製品の概略

スタンダードユーザーグループ

 

 

エクスパートユーザーグループ

さらに表示

バージョン5.19の新機能

最新の規格に対応  

  • ​​​​​AUTOSAR 4.4に準拠したARXMLファイルをサポート

自動化APIを拡張

  • ビルド後選択可能なプロジェクトの自動セットアップ
  • チャンネルごとのプロジェクトの差分更新

使いやすさが向上

  • リファレンスの簡単なエラー検出と修正のための新しいビュー「Unresolved References」
  • 差分の表示が改善され、DaVinciプロジェクトのマージがさらに容易に​​​​​​​

機能

  • 自動車メーカーのシステム/診断記述ファイルからパラメーターを導出
  • 導出済みパラメーターを書込み禁止で表示
  • 導出済みパラメーターの上書きを管理下で個別に行うことにより、システム記述の誤りを修正
  • システム記述の変更後に設定を自動更新
さらに表示
  • プロジェクト更新時にスクリプトを実行し、システム記述を変更
  • 自動化スクリプトの実行により、ECUの設定を変更
さらに表示
  • システム記述から導出されたパラメーターなどに関するHTMLのレポートを生成
  • Post-build loadable ECU用に設定フェーズを切替え
さらに表示
  • プロジェクトの各分岐を統合するための差分/マージ機能
  • モジュール設定を別ファイルに分け、小さい単位で保存。これによってファイルに基づく設定管理システムでの管理が容易
さらに表示
  • DaVinci Configurator Proに統合されたAUTOSAR Network Explorerにより、ARXML形式のネットワーク記述を編集

 

さらに表示
  • バリアント(AUTOSARのコンセプトに準拠したEvaluated Variant Set)の定義
  • バリアントごとの入力ファイルセットの選択
  • すべてのバリアントを含む全体的なコンフィギュレーションの作成
  • 1つのバリアントを表示するためのインターフェイスフィルター
  • 各パラメーターの変動部分/不変部分の表示
さらに表示

オプション

オプションRTE:MICROSAR RTEの設定

  • SWCを統合するためのカスタムエディター
  • SWCの自動的なリンクや、SWCのタスク割り当ての簡素化を目的とした支援機能

注:これらの機能は、DaVinci Developerのライセンス下でも有効になります。DaVinci Developerのライセンスをお持ちの場合、DaVinci Configurator Pro用のオプションRTEは必要ありません。

さらに表示

オプションMD: 独自モジュールの開発

  • モジュール、コンテナ、パラメーターの定義が記述されたBSWMDファイルを簡単に作成
  • お客様独自の検証ルールを開発するためのSDK (ソフトウェア開発キット) と、CコードまたはARXML形式のSWC記述を生成するジェネレーター
さらに表示

ワークフロースクリプトの開発

  • システム記述スクリプトの開発 (Python 2.7)

    • システム記述レベルでの入力データ修正
    • プロジェクト更新中にスクリプトを自動実行
    • DaVinci Configurator Proで実行するためのスクリプトファイルのシグネチャー

  • 自動化スクリプトの開発 (Groovy)

    • パラメーターの編集、検証結果へのアクセス、解決アクションの実行などの多様なアクションを自動化
    • スクリプトプロジェクトを簡単にセットアップするための支援機能
    • IntelliJ IDEAなどのツールによるスクリプトのデバッグ
    • ユーザーインターフェイスとコマンドラインの両方からスクリプトタスクを実行

注:オプションWFはスクリプト作成時のみ必要となります。 スクリプトの実行はDaVinci Configurator Proで可能であり、オプションWFは不要です。

 

オプションWF:プロジェクト更新中に入力データを自動修正

さらに表示

関連情報

ファクトシート:

さらに表示
要素 推奨 最小要件
CPU Quad Core Dual Core
メモリー (RAM) 16 GB 8 GB
画像解像度 1920 x 1080 1600 x 900
オペレーティングシステム Windows 7, 8.1, 10 (64 Bit) Windows 7 (64 Bit)

 

製品に関するより詳しい情報は Knowledge Base (英語版)へ

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

トレーニングポータルのページへ

バージョン履歴

DaVinci Configurator

リリース日: 2017/04/07

 

機能拡張

その他のツール機能
  • ASR4.3 Schemaをサポート
  • DaVinci Developer 4.0をサポート
  • vVIRTUALtargetの設定を改善
  • コンテキストメニューを改善および統一
  • 2つのFlexray通信コントローラーをサポート
  • Delete Module Assistantの簡素化
  • トランスポートプロトコルエディターにCanTpNSa、CanTpNTa、CanTpNAeを表示
  • Postbuild-Selectable: 診断データ識別子エディターでバリアンスをサポート
  • パフォーマンス: オプションで自動解決アクションを無効化して、GUIのブロック時間を回避
  • 検索ビュー: システム記述エレメントをサポート
  • postbuild-selectableユースケース用のBSWM論理式アシスタントを改善
  • RTE設定: 実行順の制約とタイミングの制約をサポート
  • 記述ベースのシグナルルーティングをサポート
解決された問題
  • プロジェクトを閉じた後に「- Show all -」を使用すると例外が表示される
  • Postbuild-Selectable: コンテナーのバリアント固有の名前変更ができない
  • DaVinci Developerワークスペースのサイレントアップデートのオプションを設定可能
  • ECUソフトウェアコンポーネントエディターでコネクターを切断した後にプロパティービューを更新した場合に、イベントループの例外が処理されない
  • PnFilterMaskの派生が誤っている
  • タスクマッピングエディターのグリッドにエラーの注釈を表示
  • 接続の追加/削除後、アプリケーションコネクターグリッドのリフレッシュ中に行が誤って選択される
  • 入力ファイルエディターで標準設定ファイルのマルチ選択をサポート
  • NmRangePdusのCanIfHrhコンテナーを派生
  • プロジェクトの更新中はファイル監視を停止
  • NmCoordinatorコンテナーが存在し、NmNodeを参照する場合にのみNmCoordinatorパラメーターを派生
  • AUTOSAR 4.3のComFirstTimeoutを派生
  • SecOCFreshnessValueIdパラメーターを派生
  • 想定外のモードポートでエラーの注釈が表示される
  • SoAdRxUpperLayerTypeとSoAdTxUpperLayerTypeはAUTOSAR 4.3で指定されたとおり
  • ComGwSourceDescriptionにComSignalLengthがない
  • ルーティングされたSecOc TxとRx Pdusの派生を禁止
  • SecOc PDUに対してCanIfRxPduUserRxIndicationULとCanIfTxPduUserTxConfirmationULを派生
  • SecOc PDUに対してFrIfUserRxIndicationULとFrIfUserTxULを派生
  • ContainerIPdusに格納されたSecOc Pdusに対する[Can/Fr]IfUserTxConfirmationと[Can/Fr]IfUserRxIndicationがない
  • SWCテンプレート生成のGUIでキャンセルがサポートされていない
  • FrIf/FrIfConfig/FrIfCluster/FrIfController/FrIfCtrlIdxの派生を禁止
  • ジェネレーターステップの上へ移動/下へ移動ボタンが常に無効になっている
  • 基準名とバリアント名が一致しないと、バリアントプロジェクトの更新が失敗する
  • ComGwDestinationDescription/ComUpdateBitPositionパラメーターとComGwSourceDescription/ComUpdateBitPositionパラメーターを派生
  • DcmIPdusに対してSoAdRxUpperLayerTypeとSoAdTxUpperLayerTypeが正しく派生されない
さらに表示

リリース日: 2017/02/20

 

機能拡張

その他のツール機能
  • 2つのFlexray通信コントローラーをサポート
解決された問題
  • Postbuild-Selectable: コンテナーのバリアント固有の名前変更ができない
  • ウォッチドッグエディターで、監視対象エンティティーの各監視サイクルの状態を有効化
  • 「メモリーブロック」エディターで「Element Usage」コマンドが機能しない
  • DaVinci Configurator GUI内で「仮想ターゲット」の使用状態を訂正
  • コンテナーに関する推奨情報と事前設定情報を表示
  • エレメントのロード場所を表示
  • PDUエディターにNM CanIf PDUの「Com」セクションが表示される
  • SecOCFreshnessValueIdパラメーターを派生
  • SecOCの追加パラメーターを派生
  • 想定外のモードポートでエラーの注釈が表示される
  • LegacyConverterを変更すると、入力ファイルの前処理が実行されない
  • プロジェクトでVTTターゲットが無効になっていても、「新規プロジェクト」アシスタントがVTTツールの有無をチェックする
  • 重複するEcuC InitFunctionsの作成を防止
  • BswMUserConditionRequestsに対してBswMModeConditionsを作成できない
  • non-post-build-selectableプロジェクトの条件に対してEdit varianceコマンドが提供される
  • ContainerIPdusに格納されたSecOc Pdusに対する[Can/Fr]IfUserTxConfirmationと[Can/Fr]IfUserRxIndicationがない
  • Swct-Generation GUIでキャンセルがサポートされていない
  • 重複するDoIPConnection名が生成される場合がある
  • 誤って検出されたIPv4ブロードキャストアドレスにより、DoIPUdpVehicleAnnouncementConnectionsが複数になる
  • オートメーションインターフェイスでbswmdModel()を使用して、選択したコンテナーを作成することができない
  • FrIf/FrIfConfig/FrIfCluster/FrIfController/FrIfCtrlIdxの派生を禁止
  • BSW管理エディター: 新規作成したエレメントがツリー内で自動的に選択されない
  • FrNmChannelIdentifiersMapping - 正しいFrNmClusterを検討
さらに表示

リリース日: 2017/01/02

 

機能拡張

差分/マージ
  • 自動マージ機能を含む3-wayマージの導入
  • SystemDescriptionエレメントの差分/マージ
  • 差分/マージ結果のフィルターメカニズムを提供
その他のツール機能
  • DaVinci Configurator Lib: 生成されたEcuCでのUUIDを廃止
解決された問題
  • DetGeneralコンテナーが存在しないと、開発エラーエディターが例外をスローする
  • ルーティングされたSecOC Pdusの派生を禁止
  • CreateMemBlockOnDefaultPartitionがIllegalArgumentExceptionをスローする
  • SecOc PDUに対してCanIfRxPduUserRxIndicationULとCanIfTxPduUserTxConfirmationULを派生
  • SecOc PDUに対してFrIfUserRxIndicationULとFrIfUserTxULを派生
  • ComIPduにComIPduSignalGroupRefがない
  • ComGwSourceDescriptionにComSignalLengthがない
さらに表示

リリース日: 2016/11/29

 

機能拡張

オートメーションインターフェイス
  • EcuC値の編集、検証結果へのアクセス、解決アクションの実行などの多様な目的に対応するオートメーションAPI
  • Groovyスクリプトを実行するためのスクリプティングホストを統合
  • 多彩なスクリプトファイルとスクリプトプロジェクト
  • GUIとコマンドラインの両方からスクリプトタスクを実行
BSW管理エディターの改善
  • ドラッグアンドドロップのサポート
  • 式の再利用
その他のツール機能
  • vVIRTUALtargetの基本バージョンとDaVinci Configuratorのバージョンの互換性を検証
  • システム記述のinit値に対して16進、2進、8進形式をサポート
  • 読取り専用プロジェクトでエクスポートモジュールの設定を許可
  • Diagnostic Extract処理: Dcmルーチンポートの自動接続
  • Demでの送信者/受信者間通信をサポート
  • cddファイルからのメモリー範囲をサポート
  • AUTOSAR 4.2.2準拠のCOMで64bitのシグナルタイプをサポート
  • トランスポートプロトコルエディター内でCAN-FD要求タイプをサポート
  • ファイルの前処理を更新ワークフローから独自のワークフローに分割
  • 個別のEIRA TX IPDUグループとEIRA RX/ERA RX IPDUグループを作成
  • DaVinci Configurator内でのプールライセンス処理を改善
  • バリアントモジュール設定の置換をサポート
  • 新しい生成設定「Tresosパフォーマンス最適化」を提供
解決された問題
  • IOHwAbエディターのグリッドでAlt+クリック操作が機能しない
  • PDUエディター: モジュールのサブノード(モジュールPDUの使用可能なタイプ)がアルファベット順にソートされるようにする
  • 一部のEIRA TXシグナルがComMPncSignalとしてマッピングされない
  • EIRA TxシグナルのComMPncSignalが誤ったチャンネルを参照する
  • 割り当てられたチャンネルが1つしかない場合は、EraSignalとComMPncのマッピングを禁止
  • 更新ワークフローのログでログエントリーを複製
  • 空の引数("")を使用すると、コマンドラインオプション-m(--modulesToGenerane)が機能しない
  • 検証ビューのコンテキストメニューに、優先される解決アクションマーカーが表示されない
  • FrNmでFrCommunicationCluster参照が欠落していると、更新ワークフローが中止される
  • PDUエディター: 複数の宛先PDUを選択すると、ルーティングパスのフォームが正しく表示されない
  • FrIfByteOrderのマッピング規則がIPduToFrameMapping.packingByteOrder内の定義を使用しない
  • EIRA TX PDUに対してPduRRoutingPathが2回作成される
  • 無効な識別子名を使用したプロジェクトの新規作成は拒否されるようにする
  • プロジェクト設定エディター:ファイルの追加後にEcuCファイル参照ファイルが表示されない
  • ComSignalGroupArrayAccessパラメーターを派生
  • CanNm、FrNm、UdpNmのXNmComUserDataSupportパラメーターを派生
  • 差分/マージ: ツリーのツールチップにすべての差分が表示されない
  • EthTSyn/EthTSynGlobalTimeDomain/EthTSynPortConfig/EthTSynGlobalTimeEthIfRef参照の派生
  • 複数の割当てメソッドを許可するように、TcpIpLocalAddrとTcpIpAddrAssignmentのマッピング規則を変更
  • 受信側を指定しないと、TpConnectionsでFrTp接続マッピングが中止される
  • dpa-Fileを使用せずにCommandLine-GenerationでGenerate-Directoryを変更
  • UdpNmComUserDataSupportパラメーターを派生
  • SecuredIPdusをPduRに追加
さらに表示

リリース日: 2017/01/02

 

その他のツール機能
  • 「モジュール削除アシスタント」の簡素化
解決された問題
  • MICROSARの定義にはGPT ValidatorとRAMTST Validatorのみ有効とする
  • 非バリアントプロジェクトにバリアンスを追加すると、UNDEFINEDファイルセットでプロジェクトが更新される
  • バスタイミングエディターでの丸めエラー
  • 注釈付きバリアントderived-from-referrablesを変更してもSwcGenerationが同期されたままになる
  • カテゴリー「XCP」のGeneralPurposePduに対してCanIfTxPduUserTxConfirmationULTypeとCanIfRxPduUserIndicationULを派生
  • バリアントのマージで、DiagnosticConnections内のpost-build-selectableバリアンスのサポートが必要
  • RTE59000の実行後にRTE59001が表示される
  • プロジェクトの作成後にDataTypeMappingSetが失われる
  • ProjectStandardConfiguration入力ファイルへの変更がFileSupervisionによって通知されない
さらに表示

リリース日:2016年9月29日

 

その他のツール機能
  • 設定エディターでMICROSAR.OS Gen7をサポート
  • 読取り専用プロジェクトでモジュール設定のエクスポートを許可
  • タスクマッピングエディター: タスクを新規作成するためのリンクを追加
  • 複数の割当てメソッドを許可するように、TcpIpLocalAddrとTcpIpAddrAssignmentのマッピング規則を変更
  • 動的なIPマルチキャストアドレス設定をサポート
  • トランスポートプロトコルエディター内でCAN-FD要求タイプをサポート
解決された問題
  • 差分/マージ: プロジェクト「OTHER」が別のアプリケーションによってロックされている場合のエラーメッセージを改善
  • 更新ワークフローのログでログエントリーを複製
  • 空の引数("")を使用すると、コマンドラインオプション-m(--modulesToGenerane)が機能しない
  • 「エディターとのリンク」が有効なときにプロジェクトを閉じると例外が表示される
  • CanNm、FrNm、UdpNmのXNmComUserDataSupportパラメーターを派生
  • UdpNmComUserDataSupportパラメーターを派生
  • データ上書きによるリロードを行うと、一部のファイルに含まれていた削除済みサブツリーの子オブジェクトが削除されない
さらに表示

リリース日: 2016/09/02

 

機能拡張

差分/マージ
  • 自動マージ機能を含む3-wayマージの導入
  • SystemDescriptionエレメントの差分/マージ
  • 差分/マージ結果のフィルターメカニズムを提供
その他のツール機能
  • ウォッチドッグエディターでMICROSAR SafeWdgMをサポート
  • タスクマッピングエディター: アンマップ機能
解決された問題
  • IOHwAbエディターのグリッドでAlt+クリック操作が機能しない
  • DoIp + CANに対してDcmDslConnectionsが不完全
  • System Extractプロパティーの値SocketConnection.clientPortFromConnectionRequestが無視される
  • 入力ファイルエディターでツリーノードの選択を変更すると、アプリケーションがフリーズする
  • ECUコンポーネントエディターでエラーの注釈が許容時間内に終了しない
  • 数値形式の切替え時のNullPointerException
  • プロジェクト設定エディター: 追加を実行しても、EcuCファイル参照ファイルが表示されない
  • 無効な識別子名を使用したプロジェクトの新規作成は拒否されるようにする
  • EIRA TX PDUに対してPduRRoutingPathが2回作成される
  • FrNmでFrCommunicationCluster参照が欠落していると、更新ワークフローが中止される
  • シンボル名のパラメーターの値が等しい場合でも、シンボル名の値コンテナーの名前変更が拒否される

 

さらに表示

リリース日: 2016/11/22

 

その他のツール機能
  • SIPライセンスの状態に関する詳細情報
  • IpduM/IpduMGeneral/IpduMHeaderByteOrderを派生
  • NmEcu.nmRepeatMsgIndEnabledからCanNmMsgRepeatMsgIndを派生
解決された問題
  • MICROSARの定義にはGPT ValidatorとRAMTST Validatorのみ有効とする
  • ツールチップに長いテキストでエラーを表示
  • 検証ビューで多数のエレメントを選択すると、ツールがフリーズする
  • ベーシックエディターでDemEventParameterを選択する場合の例外
  • 一部のEIRA TXシグナルがComMPncSignalとしてマッピングされない
  • コマンドライン生成で、システム記述が同期されていないことが検出されない(RTE59000)
  • 「V」 - ツリーノードラベルの注釈がエディターと同じ状態を反映していない
  • レコード内のプリミティブシグナルとの配列マッピングを正しくサポートするようにGUIを改善
  • コマンドラインの更新が必ずコマンドエラーコード0で終了する
  • 書込み保護された「Log」フォルダーで更新を開始した場合に、イベントループの例外が処理されない
  • FrTpMapping実行時のNullPointerException
さらに表示

リリース日: 2016/11/22

 

その他のツール機能
  • 派生した設定エレメントに関する差分をインポートできる機能を提供
  • DaVinci Configurator内でのプールライセンス処理を改善
解決された問題
  • ユーザーによる注釈が差分/マージ機能に認識されない
  • SWC生成で、Type-Referencesに対してAR非準拠のswCalibrationAccess-Propertiesが作成される
  • フィルタリングされた検証ビューに結果が2回表示され、しかも誤りがある
  • Asr3ユースケースのコマンドラインジェネレーターから、SIPの更新に関する警告が出される
  • プロジェクトのセットアップ時にPostbuild Loadableの定義が必要(診断のみのサポート)
  • 差分ビューにMIReferenceValueタイプのオブジェクトの値が表示されない
  • 差分ビューで「+」をクリックしても、ノードが展開表示されない
  • 日本語版のWindowsシステムでインスタンス参照を編集できない
さらに表示

リリース日: 2016年12月12日

 

解決された問題
  • 準拠モジュールがすでに存在する場合は、モジュールインポートで通知が必要
  • ECUインスタンスがないため更新を開始できない
  • DaVinci Configurator内でのプールライセンス処理を改善
  • 日本語版のWindowsシステムでインスタンス参照を編集できない
  • ドングルオプションライセンスで、DaVinci Configurator PROライセンスが誤って有効化される
  • リストビューでCtrl+Alt+Delが削除として扱われる
さらに表示