DaVinci Configurator Pro
AUTOSARベーシックソフトウェアの設定、検証、生成

DaVinci Configurator Pro - AUTOSARベーシックソフトウェアの設定

DaVinci Configurator ProはAUTOSAR ECU上のベーシックソフトウェア (BSW)およびRTE(Runtime Environment) の設定、検証、生成で中心的な役割を果たすツールです。

 

特長

  • 自動車メーカーのシステム/診断記述に基づき、ベーシックソフトウェアを自動的にパラメーター化
  • ベーシックソフトウェアおよびRTEのすべての領域に、専用の設定用インターフェイスを装備
  • サードパーティーのサプライヤーから提供されるモジュールを手軽に統合
  • 設定の検証に問題解決のためのヒントを提供
  • ワークフローのサポートにより、ECUソフトウェアの継続的統合に対応

適用分野

ベーシックソフトウェアとRTEの設定

  • 通信、NVメモリー、診断、ランタイム環境といったベーシックソフトウェアの全領域をカバーする、使いやすいカスタムのユーザーインターフェイス
  • パラメーターをネイティブ形式で表示できるGeneric Configuration Editor (GCE)
  • パラメーターの設定中に、依存関係のあるパラメーターを自動調整
  • 複雑な設定タスクを支援する機能
さらに表示

ベーシックソフトウェアとRTEの検証

  • パラメーターの整合性をモジュール別および包括的にチェック
  • 入力のライブ検証によって誤入力を即座にフィードバック
  • 推奨される解決策を一覧から選び、クリックして実行
  • 概要を把握しやすくするため、個別のメッセージを非表示にする認識メカニズム
さらに表示

ベーシックソフトウェアとRTEの生成

  • 設定可能な生成シーケンスでモジュールジェネレーターを呼出し
  • コマンドラインからの呼出しにより、適切な外部ジェネレーターを任意に統合
さらに表示

ユースケースにおける必要となるDaVinci製品の概略

スタンダードユーザーグループ

 

 

エクスパートユーザーグループ

さらに表示

バージョン5.23の新機能

入力ファイルのワークフローとプロジェクト更新ワークフローの表示改善

  •  ログビューから入力ファイルワークフローへアクセス可能
  •  新機能:xmlベースのログファイルが利用可能

「Add ECUC File References」機能を更新

  • 複数の項目を迅速に選択
  • 選択内容に応じたアクションをツールバーに表示

機能

  • 自動車メーカーのシステム/診断記述ファイルからパラメーターを導出
  • 導出済みパラメーターを書込み禁止で表示
  • 導出済みパラメーターの上書きを管理下で個別に行うことにより、システム記述の誤りを修正
  • システム記述の変更後に設定を自動更新
さらに表示
  • プロジェクト更新時にスクリプトを実行し、システム記述を変更
  • 自動化スクリプトの実行により、ECUの設定を変更
さらに表示
  • システム記述から導出されたパラメーターなどに関するHTMLのレポートを生成
  • Post-build loadable ECU用に設定フェーズを切替え
さらに表示
  • プロジェクトの各分岐を統合するための差分/マージ機能
  • モジュール設定を別ファイルに分け、小さい単位で保存。これによってファイルに基づく設定管理システムでの管理が容易
さらに表示
  • DaVinci Configurator Proに統合されたAUTOSAR Network Explorerにより、ARXML形式のネットワーク記述を編集

 

さらに表示
  • バリアント(AUTOSARのコンセプトに準拠したEvaluated Variant Set)の定義
  • バリアントごとの入力ファイルセットの選択
  • すべてのバリアントを含む全体的なコンフィギュレーションの作成
  • 1つのバリアントを表示するためのインターフェイスフィルター
  • 各パラメーターの変動部分/不変部分の表示
さらに表示

オプション

オプションRTE:MICROSAR RTEの設定

  • SWCを統合するためのカスタムエディター
  • SWCの自動的なリンクや、SWCのタスク割り当ての簡素化を目的とした支援機能

注:これらの機能は、DaVinci Developerのライセンス下でも有効になります。DaVinci Developerのライセンスをお持ちの場合、DaVinci Configurator Pro用のオプションRTEは必要ありません。

さらに表示

オプションMD: 独自モジュールの開発

  • モジュール、コンテナ、パラメーターの定義が記述されたBSWMDファイルを簡単に作成
  • お客様独自の検証ルールを開発するためのSDK (ソフトウェア開発キット) と、CコードまたはARXML形式のSWC記述を生成するジェネレーター
さらに表示

ワークフロースクリプトの開発

  • システム記述スクリプトの開発 (Python 2.7)

    • システム記述レベルでの入力データ修正
    • プロジェクト更新中にスクリプトを自動実行
    • DaVinci Configurator Proで実行するためのスクリプトファイルのシグネチャー

  • 自動化スクリプトの開発 (Groovy)

    • パラメーターの編集、検証結果へのアクセス、解決アクションの実行などの多様なアクションを自動化
    • スクリプトプロジェクトを簡単にセットアップするための支援機能
    • IntelliJ IDEAなどのツールによるスクリプトのデバッグ
    • ユーザーインターフェイスとコマンドラインの両方からスクリプトタスクを実行

注:オプションWFはスクリプト作成時のみ必要となります。 スクリプトの実行はDaVinci Configurator Proで可能であり、オプションWFは不要です。

 

オプションWF:プロジェクト更新中に入力データを自動修正

さらに表示

オプションCI (Continuous Integration) により、Gradleベースのビルドシステムを利用し、アプリケーションソフトウェア(ASW)パッケージを自動的に統合するための統合パイプラインが提供されます。

統合サイクルの短縮は、ASWの開発者とインテグレーターの双方にとってメリットがあります。

自動統合用のアプリケーションパッケージを提供

  • 機能やフィーチャーの開発スコープに応じて、ECUのASWを異なるアプリケーションパッケージに分割可能
  • 一定の形式に従った統合命令を通じて、統合の判断をアプリケーションパッケージごとに前倒し可能
  • ルートのコンフィギュレーションを使用してベースラインを準備
  • アプリケーションパッケージを自動統合するための基盤としてDaVinciプロジェクトを提供
  • ルートのコンフィギュレーションにはBSWコンフィギュレーションのほか、どのアプリケーションパッケージでも利用できる、統合済みのSWCを含めることも可能

効率的で安定した、再現性のあるASW統合を自動的に実施

  • 統合パイプラインは1つまたは複数のアプリケーションパッケージをMICROSARベーシックソフトウェアに自動的にマッピング
  • SWCの分離で生じる初期値の欠落などの問題を自動的に回避
  • 標準のワークフローはvVIRTUALtargetおよびvVIRTUALtarget basicのエミュレーション用のビルドをサポートするほか、ハードウェアのターゲットにはビルドシステムでの統合を提供
  • さまざまな統合ステップのカスタマイズが可能
  • 同一のパイプラインコンフィギュレーションで、ローカルPC上と中央のビルドサーバー上の両方の実行に対応
  • バックインタイム機能によるビルドのデバッグと再実行
  • 統合パイプラインは実行する必要のあるステップのみを実行
  • 任意の中間ステップから以前のビルドの再ビルドを開始することにより、入力データが修正されていても迅速な再ビルドが可能
  • 詳しい内訳がすべてのステップとステータスメッセージを含めて表示されるほか、中間ステップの結果も解析できるため、ビルドが失敗した場合の検索時間が短縮

異なるビルドシステム設定での使用

  • オプションCIを既存のビルドシステムに統合し、ASWのマッピングとBSWの設定を自動化
  • オプションCIをプライマリのビルドルーチンとして使用し、独自のGradle®ビルドステップで統合パイプラインを拡張
  • JenkinsなどのCIツールを使用して、統合パイプラインをスケジュールに従って、あるいはユーザーのコミットに応じて実行
  • すべてのMICROSAR 4プロジェクトに対応(リリース22以降)

統合パイプラインからは、各種のベクター製ツールを呼び出すことができます。オプションCIの全機能を利用するには、追加のツールライセンスが必要になる場合があります。

詳しくは、DaVinci Configurator Proのシステム要件をご覧ください。

さらに表示

関連情報

コンポーネント 推奨要件 最小要件
プロセッサ1 ヘキサコア  デュアルコア
メモリー (RAM)
16GB
大規模なプロジェクトの場合は32GB
8GB
画像解像度 1920 x 1080 1600 x 900
オペレーティングシステム Windows 8.1、10(64bit版) Windows 8.1(64bit版)
ディスク SSD HDD

1 DaVinci Configurator Proの性能はCPUのクロック周波数に大きな影響を受けます。

 

オプションCIのシステム要件

ユースケースによっては、統合ワークフローが外部ツールに依存する場合があります。次の表にはそのような依存関係と、それらのツールが必要になるユースケースが記載されています。さらに、それぞれの外部ツールの対応最小バージョンもこの表に記載されています。これらのバージョンであればワークフロープラグインとの互換性は保証されていますが、これらの下位バージョンでも動作する場合があります。上位バージョンは、その外部ツールにAPIの互換性を損なうような変更が加えられない限り動作します。これらの上位バージョンで問題が発生した場合は、ベクターのサポートにお問い合わせください。なお、必ず各ツールのバージョンの最新のサービスパックを使用してください。

外部ツール バージョン VTT I VTT BSW E REAL
Gradle 5.6 あり あり あり
Java Runtime
Environment
1.8 あり あり あり
DaVinci Configurator Pro 5.19 あり あり あり
DaVinci Developer * 4.4 あり あり あり
vVIRTUALtarget basic 2.0 あり なし なし
vVIRTUALtarget pro 2.0 なし あり なし
CANoe 12.0 オプション オプション なし
Microsoft Visual Studio 12.0 あり あり なし
MakeSupport 4 なし なし オプション

* 内部的な制約のため、現行バージョンのインストールが必要です。ただし、ライセンスは必要ありません。

ワークフローのユースケースでは、以下の略語を使用しています。

ユースケース 略語
VTT統合 VTT I
VTT BSWエミュレーション TT BSW E
実際のターゲット REAL

 

DaVinciツールの前提条件として必要になるDaVinci External Componentsパッケージは個別には記載しておりません。VTTのユースケースにはDaVinci External ComponentsにバンドルされているIron Pythonが必要です。

さらに表示

MICROSARベーシックソフトウェアモジュールの設定には、互換性のあるバージョンのDaVinci Configurator Proが必要です。互換性マトリックスはベクターのKnowledgeBaseからダウンロードできます。

 

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

トレーニングポータルのページへ

関連ページ

DaVinci Developer
MICROSAR Classic

AUTOSAR ECU用の組込ソフトウェア

詳細はこちら
AUTOSAR Classic

量産で実績のある車載ECU用の標準規格

詳細はこちら
TA Tool Suite

TA Tool Suiteには、組込マルチコア型リアルタイムシステムの設計、シミュレーション、最適化、検証に役立つ使いやすいツールが揃っています。

詳細はこちら
Vector Certified Embedded Professional

Unique qualification program for embedded software engineers.

More Information