CANoe.DiVa
ECUの診断通信機能を自動評価

CANoe.DiVaの概要

DiVaは、CANoeのオプションです。DiVaはCANoeの機能を拡張し、ECUの診断通信機能の評価を行うテストモジュールの自動生成と、その自動実行を可能にします。CANdela形式またはODX形式の診断データベースを利用して、ECUの個別仕様に対応したテストを生成します。
生成したテストをCANoeで実行し、テストレポートを自動生成します。CANoe.DiVaは引き続き、テスト結果の評価とその後の作業をサポートします。

特長

  • CANdela形式またはODX形式の診断データベースを利用して、ECUの診断通信機能を広範に評価するテストモジュールとそのテスト仕様書を自動生成
  • テストの自動実行とテストレポートの自動生成
  • さまざまな診断プロトコル(UDS、KWP2000、GMW3110、OBD)に対応。また、自動車メーカーの独自仕様への対応も強化
  • テスト仕様の詳細を、簡単に調整可能
  • CANoeテスト機能と連携して、テストの自動化を実現

これらの機能により、コストと工数を削減しつつ、同時にECUの診断通信機能の品質を向上させます。

適用分野

テストの生成とその自動実行は、ECUテストにおいて重要な要素です。ECUサプライヤーはその開発工程で、回帰テストやリリーステストなど、さまざまなテストを行います。自動車メーカーもまた、インテグレーションテストやリリーステストなど開発の各工程で数多くのテストを行います。

CANoe.DiVaは、お客様がこれらのテストを行われる際に強力なサポートを提供します。DiVaでは、設定やプラグイン機能で修正や機能拡張を行い、自動車メーカーやECUサプライヤーの独自要件に対応することが可能です。

バージョン11.0の新機能

OBDフォールトメモリー

  • フォールトメモリーのテストケースをPVE(「ProductionVehicle Evaluation:量産車試験」)として実行
  • 「モニタリング」要求のチェック

セキュリティー

  • ベクターセキュリティーマネージャーの統合。ベクターセキュリティーマネージャーを通じ、診断認証をはじめとする自動車メーカー固有のセキュリティー機能を提供
  •  診断認証とサービスの利用可能性のテスト

要求のトレーサビリティー

  •  生成されたテストケースを一般的なテストデータ管理システムにフィードバック

アプリケーション

  •  完全な64bit互換性
  • OEM固有テスト仕様のサポート
  • OEM固有テスト仕様を実装した既存エクステンションの一部にセキュリティー、リプログラミング評価を追加。
  • その他の自動車メーカーにも新しいエクステンションを提供

機能

DiVaは、テストの生成仕様を調整するツールとテストジェネレーター、CANoeのテスト機能を拡張するランタイムライブラリー、さらにCANoeが生成するテストレポートを分析するレポート解析ツールから構成されます。DiVaは、CANdela形式またはODX形式の診断データベースファイルから、テストモジュールを自動生成します(正常な場合と異常な場合の、すべてのケースについてテストを実施します)。このとき同時に、テストの手順や内容を詳細に記したテスト仕様書も生成します。また、DiVaは、CANoe用のテスト環境ファイルを自動生成します。テストを実行すると、テストの過程と結果を分かりやすく記録したHTML形式のテストレポートが自動生成されます。DiVaは、テスト結果の比較、分類表示、フィルタリング、評価者によるコメントの追記など、強力なレポート解析機能を搭載しています。

  • フィジカル/ファンクショナルアドレッシングと通信タイミング
  • メッセージフォーマットのテスト: 有効な要件と無効な要件の処理
  • さまざまなセッションやセキュリティー機能のテストでのサービスの実行あるいは除外処理
  • データの種類とデータ値の確認
さらに表示
  • パラメーター対パラメーター:書込み/読込みの比較
  • パラメーターを期待値と比較(CCP/XCPで読み出した値)
  • パラメーターをI/Oまたはネットワークのシグナルと比較
  • VTシステムと連携して、ネットワーク信号エラーや電気的エラーなど、エラーが発生する状況を自動的に作り出し、そのエラーを除去
  • ECUのエラー検知テストを行い、プロトコルや仕様にしたがってレポートを作成した後にエラーを除去

* UDS(Unified Diagnosis Services、ISO 14229)標準のECUに対応

さらに表示
  • VTシステムと連携して、ネットワーク信号エラーや電気的エラーなど、エラーが発生する状況を自動的に作り出し、そのエラーを除去
  • ECUのエラー検知テストを行い、プロトコルや仕様にしたがってレポートを作成した後にエラーを除去

* UDS(Unified Diagnosis Services、ISO 14229)標準のECUに対応

さらに表示
  • 生成されたテストを要件に合わせてマッピング可能
  • 各テストケースに要件のマッピングを記載
  • 個別要件に基づいた結果も含めて、テスト結果を表示
さらに表示

対応診断プロトコル(標準規格)

  • ISO 14229 (UDS): 2006/2013,
  • ISO 15765 (Diagnostics on CAN),
  • ISO 14230 (KWP 2000),
  • ISO 15031/ J1979 (OBDII),
  • ISO 27145 (WWH-OBD)
  • GMW 3110
  • いくつかの自動車メーカーの追加テスト仕様にも対応

関連情報

ファクトシート:

 

導入事例:

さらに表示
要素 推奨 下限
CANoe CANoe.DiVaバージョン10.0は、CANoeバージョン10.0以降のfull、run、pexグレードと組み合わせて使用します。
オペレーティングシステム Windows 8/7/Vista/XP SP3
(XPおよびVistaは32-Bitのみ)
CPU Intel Core i5
3,0 GHz
Intel Core 2 Duo
2,6 GHz
メモリー (RAM) 4 GB 1 GB
ハードディスク容量 2.0GB以上(使用オプションおよび必要なオペレーティングシステムコンポーネントによって異なる)
画面解像度 1280 x 1024 1024 x 768
さらに表示

ダウンロード

トレーニング

[Translate to 日本語:] Indigo Diagnostics Training

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。