CANoeによるシミュレーション

ユーザーの利点

> 残りのバスシミュレーションを使用して、対象のネットワーク全体や機能を効率的にテスト

> モデルや関数により残りのバスシミュレーションを柔軟に拡張

> 複数の通信トポロジを同期してシミュレーション

> シミュレーション中に多様な刺激が可能

> 柔軟なオープンインターフェイスを用いて他ツールと接続

> すべての開発フェーズでテストやシミュレーションの構成を再利用

> ジェネレーターを使用したOEM固有仕様に対応する残りのバスシミュレーションの作成

ユーザー/意思決定担当の皆様向けの概要

CANoeシミュレーションのコンポーネント

CANoeシミュレーションで最もよく使われるのは、実際のテスト対象システム(SUT)と、1つまたは複数の仮想リモートステーションからなるシミュレーションです。これらのコンポーネントにより、正しい通信を実現します。

CANoeシミュレーションの複雑さやコンポーネントの数は、SUTが持つ要件、すなわちシミュレーションすべき対象によって決まります。

一般的なSUTでは、通信のほかに環境とのインタラクションも必要です。そのため、I/Oコントローラー、アクチュエータ、センサーなどに用いる実際のインターフェイスも適宜使用してシミュレーションを拡張します。ただし、実際のアクチュエータやセンサーが入手できるとは限らないため、その場合には代替の負荷等を使用します。

CANoeシミュレーションに要求される範囲によっては、シミュレーションの挙動は環境だけでなく、環境因子や物理作用によって影響を受けます。そのような影響も、実際の交通の流れ、一般的な物理的事象、幅広い被制御システムなどのモデルに組み込むことができます。

こういったシミュレーションの構成要素をすべて配置したものが、CANoeシミュレーションの中で最も複雑なケースとなります。

CANoeシミュレーションの作成

Graphic of the CANoe simulation creation wizard

通信に関する特性とシミュレーション対象の関連情報をすべて把握できれば、それが仮想的か物理的かを問わず、シミュレーションの土台は完成します。そしてこれらのシミュレーション対象を通信チャネル経由で接続すれば、必要なデータを交換するための、最初のステップは完了します。

その他の機能やカスタムフローは、スクリプトを利用してシミュレーションに組み込むことができます。CAPL、.NET、Cなどの一般的な手法はもちろんサポートされています。DYNA4など、サポートしているモデリング/可視化ツールであらかじめ作成したシミュレーションモデルを、CANoeシミュレーションに組み込むこともできます。

CANoeのモデル生成ウィザードは、通信データベースに基づいてシミュレーション環境を自動的に生成します。ベクターは自動車業界向けに、シミュレーション環境の生成時に自動車メーカー固有の条件を考慮できる、便利な拡張オプションを提供しています。

 

CANoeシミュレーションのバリアント

仮想SUT(テスト対象システム)

テストするSUT(ソフトウェア)をコンピューター上のシミュレーションに組み込みます。

 

メリット

 

  • 開発の初期段階でも、システムアーキテクチャの設計、通信フローの定義、要求仕様のテストに対応できます

適用分野

 

  • フトウェア開発: 機能およびシステム開発、テスト
  • 品質管理: 問題解決、ソフトウェアのリリース

実際のSUT(テスト対象システム)

テストするSUT(ソフトウェアを搭載したハードウェア)を、ネットワークインターフェイスを介してシミュレーション環境に接続します。

メリット

 

  • テストするSUT(ソフトウェアを搭載したハードウェア)を、ネットワークインターフェイスを介してシミュレーション環境に接続します。

適用分野

 

  • ソフトウェア開発: 機能およびシステム開発、テスト
  • ハードウェア開発: ハードウェア設計、テスト
  • 品質管理: 問題解決、ソフトウェアのリリース
  • 量産: リプログラミング、コーディング、テスト

 

     

実際のSUTを使用したCANoeの動作モード

インターフェイスモード

シミュレーション、解析、操作を1つのコンピューターで行います。

これは標準の設定です。

メリット: ベクターのすべてのネットワークインターフェイスを使用してSUTをコンピューターに接続することができます。

 

分散モード

CANoeシミュレーションをインテリジェントなネットワークインターフェイスに転送し、そこで実行します。操作の方は接続されているコンピューター上で行います。

 

メリット: PCと分離されたインテリジェントなネットワークインターフェイス上で実行することにより、シミュレーションのタイマーの精度が高まり、レイテンシが減少します。また、シミュレーション解析ツールやウイルスチェッカーといったシミュレーションに直接関係のないプログラムや、画面表示の暴走などが原因でシミュレーションが中断されることがなくなります。

 

メリット: シミュレーションをテストベンチや連続運転装置などに組み込み、操作用のコンピューターなしで動作させることができます。

 

CANoeの詳細

CANoeには作業を大幅に省力化する多彩な機能が揃っています。以下のWebページでCANoeの詳細をご覧ください。

CANoeに関するお問合せ

ご不明な点はお電話またはメールでご連絡ください。

Vector Tool Platform

Vector Tool Platform (VTP) はベクター製品が標準でサポートするシステムアドオンで、CANoe以外の製品にも対応しています。VTPは、CANoeが分散モードやスタンドアロンモードで動作する場合に使用される、ベクターのネットワークインターフェイスをコーディネートします。

VTPの主な仕事はネットワークインターフェイスの管理で、これを通じてハードウェアインターフェイスのシステム設定や、ドライバー更新のインストールが行われます。

その他にも動作モードに応じてCANoeのシミュレーションが転送され、実行および制御を行います。ファイル転送機能も装備されています。

VTPは以下のハードウェアでサポートされています。

  • VN8900− モジュールタイプのネットワークインターフェイス
  • VT6011VT6051A − スケーラブルなHILシステムのためのリアルタイムモジュール
  • CANoe RTラック – シミュレーションに最適化された高性能のモジュール式コンピューター

Extended Real Time

Probability of timer deviation during an execution period with and without Extended Real Time (ERT).

Extended Real Time (ERT) の有無で比較した実行中におけるタイマー偏差の確率

Extended Real Time (ERT) はVector Tool Platform (VTP) の無償機能の1つで、CANoeシミュレーションの遅延時間と決定性を向上します。ERTを使用することにより、リアルタイム要求の高いシミュレーションの実行が可能になります。ERTはCANoe 9.0以降に対応しています。


メリット:

  • 事前定義済みの関数とシミュレーションモデルを、所定のタイムスロットで演算できます
  • VTシステムモジュールとの接続により、より高いサンプリングレートを実現します。VT1004、VT7001、VT2816の各モジュールでは、200µsと500µsの転送サイクルも可能です


Extended Real Timeは以下のネットワークインターフェイスでサポートされています。

  • VN8900 − モジュールタイプのネットワークインターフェイス
  • VT6051A − スケーラブルなHILシステムのためのリアルタイムモジュール

関連情報

CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら
CANoe RTラック
ネットワークインターフェイス

CAN、CAN FD、LIN、J1708、Ethernet/IP、FlexRay、802.11pおよびMOST用バスシステム

詳細はこちら
VTシステム

効率的なECUテスト環境のためのモジュール式テスト環境

詳細情報