CANoe .J1939の概要

SAE J1939は、商用車の制御装置間のデータ交換をリアルタイムに行うCANベースの通信プロトコルです。SAE (Society of Automotive Engineers) という国際的な組織で規格化され、ISO 11898準拠の高速CANを物理レイヤーとして動作します。J1939は、分散型ネットワークマネージメントによるマルチマスターシステムで、主にコネクションレス型の通信です。

CANoe.J1939はシミュレーション機能を備えているため、J1939ネットワークの開発、設計、評価に適しています。これは実質的に診断やデバッグのツールとして利用できるだけでなく、ネットワーク構築の初期段階や組立段階での残りのバスのシミュレーションにも利用できます。特にJ1939 XMLテストモジュールマネージャーは、インテグレーションとモジュール単体テストの段階でユーザーを助けるものです。

SAE J1939 規格は、NMEA 2000®、ISO 11783、ISO 11992(トラック=トレーラー間通信)、FMS (Fleet Management System) のネットワークのベースであるため、これらのJ1939 派生ネットワークのモニターやデバッグもできます。

オプションJ1939 およびCANopenを同時に使用すると、CANoeはCiA DS-413 CANopen Truck Gatewayに最適な開発環境となります。.J1587オプションを組み合わせれば、複数のバスをまたいだシステムに対し、統一したアプローチで、共通の時間ベースでアクセスできます。

特長

  • 商用車に搭載される電子コンポーネントを対象とした、統合型の構成/解析/シミュレーション/テストツール
  • J1939システムのモデル用にCAPLインターフェイスを拡張
  • 事前定義済みの標準オブジェクトが含まれたデータベースを使用し、スピーディーにデバイスを開発
  • 使いやすいプログラミングインターフェイスにより、J1939仕様に関する高度な知識は不要

機能

CANoe .J1939は、CANoeの標準機能を以下のように拡張します。

  • BAM、CMDT、Fast Packetトランスポートプロトコルをサポート
  • ネットワークノードのグラフィカルなディスプレイ(スキャナー)
  • トレースWindowでのプロトコル固有情報の表示、チェック、解釈、フィルターおよび検索機能
  • J1939専用のフィルター
  • 複数ECUのネットワークシミュレーション
  • データベースの拡張
  • DTCモニター(診断トラブルコードモニター)
  • OBDInspection and Maintenance Monitor (OBD-I/M Monitor)
  • 診断メモリーアクセスWindow
  • J1939 XMLテストモジュールマネージャー
  • GNSSシミュレーターおよびGNSSモニター

関連情報

プロダクトインフォメーション:

製品の詳細情報(PDF)

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。