CANoe .Ethernetの概要

組込システムにおいて、Ethernetベースのネットワークとその上位層のプロトコルの重要性が増え続けています。オフィス環境でのITネットワークと は異なり、組込システムにおいては周期的なデータの送信が重要視されます。さらに、リアルタイムEthernetシステムは、ネットワーク解析ツールの接 続によって発生する外乱に対して、一般的に影響を受けやすいものです。

 

CANoe.Ethernetは、CANoe従来の機能をEthernetシステム開発のために拡張します。まず、Ethernetインターフェイスを独 占的に割り当てることで、Windowsと他のアプリケーションから独立させ、リアルタイムEthernetシステムへの影響を抑えます。

特長

  • データベースへのリンクにより、シグナルとRPCパラメーターへのアクセスが可能
  • インターフェイス用ハードウェアのVN5610Aとスムーズに連携し、2点間の接続をモニター
  • オペレーティングシステムからの影響を受けずに、データトラフィックのシミュレーションと解析が可能
  • 多様なプロトコルレベル(レイヤー2 からレイヤー7)でシミュレーションと刺激入力を行うことができ、プロトコルエラーの生成も可能
  • CAPLプログラムのEthernetパケット受信イベントで、パケットとパケット内のシグナルを処理
  • Ethernet Packet Builderによる任意のEthernetパケットの送信
  • Ethernetインタラクティブジェネレーターによる周期送信と単純なIPv4ソケット通信
  • CAPLと.NETプログラミングによるパケットの送受信
  • TCPおよびUDPクライアントソケット(IPv4 およびIPv6)のシミュレーションを、独立したインスタンスで、CAPLノードごとに実施
  • Ethernetノードおよびゲートウェイのシミュレーション
  • すべての車両ネットワークを共通の時間ベースで解析
  • 異なるバスシステム間の通信解析とゲートウェイ機能の検証

機能

CANoe .Ethernetは、Ethernet専用の機能をCANoeに追加します。

 

  • Ethernet 32 チャンネルをサポート
  • ベクターのVN5610 EthernetインターフェイスとPC のEthernetインターフェイスをサポート
  • Ethernetインターフェイスが独立しているため、ネットワーク通信がWindowsオペレーティングシステムやその他のアプリケーションの影響を受けずに済み、リアルタイムシステムでは必須ともいえる要件をクリア
  • FIBEX-4.xベースのデータベースとリンクすることで、シグナルおよびRPCパラメーターの使用が可能
  • Ethernetとその上位プロトコルのVLAN、AVB、IP、UDP、TCP、SOME/IP、DoIPなどをサポート
  • 各種フィルター機能の強化(ハードウェア、測定設定Window、ビューフィルター)
  • トレースWindowに各プロトコルヘッダー情報を表示
  • ユーザー独自のシグナルプロトコルデコーダーDLLの使用
  • Ethernet Packet BuilderによるEthernetパケットの簡易的な送信
  • Ethernetインタラクティブジェネレーターによるパケットの周期送信
  • CAPLまたは.NETからのアクセスに対応するEthernet用関数ライブラリー
  • SOME/IPに基づくECUシミュレーションのためのインタラクションレイヤー
  • CAPLの仮想ノードごとに仮想ネットワークインターフェイスを生成し、TCP/IP通信を個別に管理(IPv4およびIPv6)
  • 送受信の方向とチャンネルを含んだデータトラフィックのログ機能をサポート

関連情報

プロダクトインフォメーション:

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。