CANoe .SmartCharging
スマート充電のための開発およびテストツール

E-モビリティーのためのCANoe – 充電通信を解析、シミュレーション、テスト

CANoeオプションSmartChargingは、CANoeを拡張し、充電中の電気自動車(EV)や充電ステーション(EVSE)の通信動作をシミュレーションするためのオプションであり、EVやEVSEの充電コントローラーの開発で、通信パラメータをさまざまな値に変化させて通信相手を柔軟に模擬し、コントローラーの機能を検証するのに理想的なツールです。自動的な通信シーケンスに加えて、任意のタイミングで各種通信メッセージを個別に送受信でき、このような機能により、テストケースを手間なく簡単に実装できます。

 

 

CANoeとのシームレスな統合により、以下のようなその他の機能を、テスト設定に適宜追加できます。

  • 完全なシステムをテストするための電源と電子負荷の統合
  • 充電コントローラー、オンボードチャージャー(OBC)、バッテリー管理システム(BMS)といった他のコンポーネントの通信を時刻同期して解析するために他の通信ネットワークの追加

特長

  • 被試験システム(SUT)の通信相手を模擬してテストを実施
  • シミュレーションパラメーターが多岐に渡るテストも実行可能
  • 通信シーケンスを手動または自動で実行するようなテストケースを柔軟に作成
  • DIN 70121、ISO/IEC 15118、GB/T 27930プロトコルに準拠したアプリケーションの開発に対応
  • CANoe Security Managerのセキュリティー証明書の管理機能と公開鍵基盤(PKI)対応により、Transport Layer Security (TLS)をサポート

適用分野

国際標準規格であるIEC 61851、DIN 70121、ISO 15118、GB/T 27930、CHAdeMO(製品機能は開発中)に基づき、 電気自動車と充電ステーションの間の通信を解析、シミュレーション、テスト。

機能

  • 電気自動車や充電ステーションの充電プロセスを通信レベルでシミュレーション:

    • すべての主要パラメーターをXMLファイルで設定(DIN 70121/ISO 15118)

  • 電気自動車と充電ステーションの間の充電プロセス中の通信を解析:

    • トレースWindowでのメッセージの解釈
    • ログファイルに記録した通信のオフライン解析

  • Combined Charging System (CCS) 標準規格のSignal Level Attenuation Characterization (SLAC) およびVehicle-to-Grid (V2G) プロトコルをサポート
  • 重要なメッセージ内容をモニタリングおよびロギング:

    • 各種充電パラメータを変数として保持、さまざまなウインドウに表示可能(DIN 70121/ISO 15118))

対応する標準規格

  • IEC 61851
    国際標準規格のIEC61851は充電ケーブルのControl Pilot (CP) ライン上のPWM信号を使用した、ハードウェアによる基本充電通信を規定しています。  この基本充電通信は上位プロトコルのDIN 70121およびISO/IEC 15118を利用する通信の前提条件です。
  • ISO/IEC 15118
    国際標準規格のISO/IEC 15118は、電気自動車(EV)と充電ステーション(EVSE)の間の通信を定義しています。これによってACおよびDC電圧での充電が可能になります。充電プロセスは外部認証方式(EIM)によって、あるいはTLSで暗号化された Plug-and-Charge (PnC) 方式を用いる自動認証によって、充電を許可し開始できます。ISO/IEC 15118はCombined Charging System (CCS) の一部です。これでは通信プロトコルだけでなく、プラグコネクターなどのその他のコンポーネントも定義されています。これは主にヨーロッパと米国で使用されています。
  • DIN 70121
    ドイツの標準規格のDIN 70121もCombined Charging System (CCS) の一部ですが、これでは外部認証方式(EIM)による、DC電圧での充電のみが規定しています。
  • GB/T 27930
    中国の標準規格のGB/T 27930は、充電ステーション(EVSE)と電気自動車(EV)の間の、DC電圧を使用した充電を規定しています。
  • CHAdeMO
    日本の標準規格のCHAdeMOは、充電ステーション(EVSE)と電気自動車(EV)の間の、DC電圧を使用した充電を規定しています。

要件

 

  • CANoeオプションSmartChargingは、アプリケーションレイヤーをはじめとする上位通信レイヤーの通信のみを扱います

  • トランスポートレイヤーなどの下位通信レイヤーについては、使用する特定の標準規格に対応したCANoeオプションが別途必要になります

さらに表示

 

  • 電力線通信(PLC)の技術を使用した、Combined Charging System (CCS) のDIN 70121およびISO 15118の両標準規格には、VT7870ハードウェアモジュールが必要です。VT7870はモジュール式のベクターVTシステムの一部です
  • GB/T 27930およびCHAdeMOの両標準規格はCAN通信に基づいています。そのため、VN1600インターフェイスファミリーのハードウェアや、VTシステムのVT6104Aモジュールなどの、ベクターの多彩なインターフェイスハードウェアが利用可能です
さらに表示

関連情報

ファクトシート:


機能マトリックス:


プロダクトインフォメーション:

さらに表示

動作にはCANoe 11.0 SP3以上が必要です。

 

コンポーネント 推奨要件
Minimum
CANoeのバージョン
≥ 11.0 SP3
CPU1
Intel互換
> 2GHz
≥ 2コア
Intel互換
1GHz
2コア
メモリー(RAM)
16GB
4GB
ハードディスク容量2
≥ 20GB SSD
≥ 3GB
画面解像度
フルHD
1280×1024ピクセル
オペレーティングシステム
Windows 10(≥バージョン1709)
Windows 8.1
Windows 7(≥ SP1)


1  CANoe.SmartChargingにはコア数が多いよりもクロックレートが高い方が有利
2  使用するオプションとオペレーティングシステムコンポーネントに依存

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

CANoeは以下の言語でご利用いただけます。

  • 英語
  • ドイツ語
  • 日本語
さらに表示

ダウンロード

 

RSSフィードで最新の情報を取得いただけます。

 

 

さらに表示

 

さらに表示