CANoe 15 - 新機能詳細

 

 

新機能 - 概要

概略

  • Cライブラリ 2.0

    • Windows_x64およびLinux_x64のプラットフォームとMingw-w64のコンパイラをサポートしています。

  • Communication Concept (SOA)

    • 新しいアプリケーションパネルでは、ソフトウェアSUTのメソッドの呼び出しなど、アプリケーションレイヤーオブジェクトをインタラクティブに刺激することができます。

    • アプリケーションレイヤーオブジェクトを手動で刺激するための新しいアプリケーションパネル。

      • コンシューマー側
        - フィールドのGetとSetを生成可能
        - メソッドを呼び出し可能

      • プロバイダー側
        - イベントをトリガー可能

    • わかりやすいよう、リボンを使用してバインディングを無効にすることができます。

    • participantのEndpointは、システム設定でドラッグ&ドロップによって配布できます。

    • 通信関係のグラフィカル表現の要素は、システム設定でドラッグ&ドロップによって配布できます。

    • 変更されたデータソースのインポートが容易になりました。

    • 分散オブジェクト (DO)

      • シグナルジェネレーターが分散オブジェクトを直接サポートするようになりました。システム変数へのマッピングが不要になりました。

      • 分散オブジェクト (DO) を使用したアプリケーションモデルのプログラミングに、Pythonを使用できます。

      • 新しいデータ型bytesでは、可変数の不透明バイトを転送できます。

      • CAPLやC#では、インターフェイスメンバー用のハンドラーも使用できるため (on any_value_changeや[OnAnyCall]など)、多くのオブジェクトを同様に実装することができます。

      • C#バインディングを使用すると、メンバーごとに特別な転送を実装できます。

  • ログ

    • グローバルログ設定で、さまざまな属性を入力できるようになりました。

    • 属性は、手動またはフィールド機能を使用して記述できます。

  • .NETプログラミング

    • UserEventCriterionを使用して、バックグラウンドスレッドの作業ステップなどを通知するために手動で設定したイベントを待機できます。

    • タイプライブラリの作成は、データベースごとに選択できます。

    • 非常に大きなデータベース用のタイプライブラリで、文字列定数が多すぎることによるエラーが発生しなくなりました。

  • オフラインモード

    • ログファイルごとに、再生開始の遅延のオフセットを指定できるようになりました。

    • ログファイルのヘッダーのコメントが、オフライン設定で表示されるようになりました。

    • 新しいCAPLイベントは、ログファイルの再生開始を検出するために利用できます。

    • 異なるログファイルの内容を連続的に読み取ることができるようになりました。

    • 時間範囲とブレークポイントを相互に独立して設定できるようになりました。

  • PDUインタラクティブジェネレーター (PDU IG)

    • 複数のPDU Windowをインスタンス化できるようになりました。

  • リプレイ

    • セキュリティパラメーターの調整を含むセキュアなPDUのリプレイが可能になりました。

    • リプレイブロックの状態の変化に対応するために新しいイベントプロシージャが使用できるようになりました。

    • XIL APIは、サードパーティのツールとの結合用として標準でサポートされています。結合はシステム変数ベースで行われます。

  • Vector Tool Platform / スタンドアロンモード / 分散モード

    • CAPL関数のSetLogFileName は、スタンドアロンモードでも使用できます。

    • 分散モードは、COMを通じて設定できます。

    • スタンドアロンマネージャーでコマンドラインオプション-getConfigFileを使用して、スタンドアロンモード用のコンフィギュレーションファイル (ファイル拡張子.RTCFG) をRTハードウェアから取得し、ユーザーのコンピューターにコピーすることができます。

    • スタンドアロンマネージャーのコマンドラインオプションを使用した自動化機能に加えて、REST APIを使用してベクターツールプラットフォーム、CANoe/CANalyzer RTのカーネル設定、RTハードウェア上の関連ファイル (ログファイルなど) にもアクセスできます。

 

CAPL

  • 新しい/拡張されたCAPL関数ADAS

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 CAN Disturbance Interface

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 通信オブジェクト

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 診断

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 Ethernet

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 ISO11783

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 J1939

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 その他

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 セキュリティ

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 センサー

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 SmartCharging

  • 新しい/拡張されたCAPL関数 テスト

 

パネルデザイナー

  • ツールボックスを見やすくするために、コントロールはグループに分かれています。
  • Event Controlを使用してイベントを受信することもできるようになりました。
  • Hex/テキストエディターでは、16進数形式のバイト表示をコピー&ペーストすることもできるようになりました。
  • Vector Tools Environmentで、ファイルをドラッグ&ドロップでも開くことができるようになりました。

ADAS

ADAS機能セット

  • ADAS機能セットを使用すると、ASAM-OSIオブジェクトに基づいてADAS機能とADAS ECUをテストするためのシミュレーションを作成できます。
  • ADAS機能セットは、CANoeの基本機能の一部です。
  • オブジェクトリストは、ASAM OSI (Open Simulation Interface) 標準に従って定義され、データベース (vCDL) で利用できます。
  • トレースWindowでのADASオブジェクトリストとそれぞれのオブジェクトの表示
  • 検出されたオブジェクトを表示するためのシーンWindow
  • サンプルコンフィギュレーションで、さまざまなシミュレーション環境の使用方法を示します。

自動車

Option Car2x

  • C-V2Xハードウェア
    • Autotalks Craton2 EVK Revision Fのサポート。
    • C-V2X (Cellular-V2X、3GPP-PC5 Link) による通信が可能。

  • ネットワークハードウェア設定
    • C-V2Xのサポートのための調整。
    • WLANのデフォルト設定は、地域 (CN/EU/US) に応じて事前定義されています。

  • Car2xスタック/インタラクションレイヤー
    • 中国のプロトコルに対応した追加機能をサポート:
      • フレームコンテンツは、アプリケーションメッセージ (BSMなど) に応じて自動的に設定されます。
      • GNSSデータがあれば、フレーム内で自動的に使用されます。
      • セキュリティヘッダーのアプリケーションメッセージに署名できるようになりました。
      • 証明書の自動変更は、データベースで設定できます。

    • OnPreTxコールバック関数のプロトコルフィールドの設定が改善されました。
    • EUプロトコルの場合、OnPreTxコールバック関数でlowFrequencyContainerを削除できます。
    • EUプロトコルの場合、stationType = roadSideUnitに対してlowFrequencyContainerが送信されません。

  • セキュリティ
    • IEEE 1609.2 米国ルート証明書 (NIST-384) をサポートしています。
    • Brainpool-256やBrainpool-384のEU証明書をサポートしています。
    • ETSI TS 103 097 V1.4.1 (EU) をサポートしています。
    • 証明書と秘密鍵は、バイナリ形式でもインポートできます。

  • マップWindow
    • (イベントがない場合にも) CAMとBSMのpathHistoryが表示されます。
    • イメージファイルをマップマテリアルとして使用できます。
    • CNプロトコルの場合、MAPの表示に属性laneWidthが組み込まれます。

  • シナリオエディター / シナリオマネージャー
    • BSMイベント (CN) を改善しました。
    • シナリオの開始と停止を改善しました。

  • サンプルコンフィギュレーション
    • すべてのC-V2Xサンプルコンフィギュレーション (CN) に、BSMシグナルの単位が追加されました。
    • V2Xサンプルコンフィギュレーション (US) のデータベースがSAE J2735 (July 2020) に対応しました。
    • Car2xサンプルコンフィギュレーション (EU) では、pathHistoryの属性deltaAltitudeのファクターが修正されました。

  • オプションCar2xの機能は、CANoeのデモバージョンで評価できます。

 

Ethernetオプション

  • 中核機能
    • Ethernetネットワークモニターは、プロトコルモニターに置き換えられました。これは、以下のプロトコルでEndpoint間の接続のグラフィック表示をサポートしています。
      • [ISO/OSI Level 2] Ethernet、ARP、NDP
      • [ISO/OSI Level 3] ICMPv4、ICMPv6、IGMP、IPv4、IPv6
      • [ISO/OSI Level 4] TCP、UDP
      • [ISO/OSI Level 6] DHCP、DHCPv6、HTTP、SOME/IP

    • 仮想 (TUN/TAP) 接続を通じて、外部の仮想ECUをネットワークに参加させることが可能になりました。

  • AUTOSAR E2E Profile 44のサポート
  • 拡張Ethernetログの使用が推奨されるようになりました。
  • Communication Concept
  • コンテナーPDUとヘッダーレスPDUのサポート
  • ネットワークベースのアクセス
    • ポートオブジェクトに以下のためのCAPLと.NETのメソッドが追加されました。
      • ポート名の取得
      • ネットワーク名の取得
      • セグメント名の取得

    • 物理的なポートであるかどうか、ポートで測定されているかどうかに関する情報の取得。
    • すべてのシミュレーションポートイベントの測定設定への転送を無効にするオプションが追加され、測定ポートのみに注目しやすくなりました。

  • TC10:
    • スリープ/ウェイクアップイベントをBLF、MF4、ASCIIに保存できるようになりました。
    • スリープ/ウェイクアップイベントは、ethPhyStateの新しいCAPLコールバックで処理できます。
    • 新しいテスト関数:TestWaitForEthernetPhyState、TestWaitForEthernetLinkStatus

  • トレースWindow
    • 詳細ビューにIKEv2プロトコルの詳細を表示します。

  • プログラミング
    • AVB ILは、PTPイベントのハンドラーを備えています。OnPtpSendPrepare

 

LINオプション

  • 新しい仕様であるSAE2602:2020のサポート。
    拡張機能:

    • プロトコルのシミュレーション

    • LDFエクスプローラー

    • コンフォーマンステストは、CANoe 15 SP2でサポートされています。

  • 新規CAPL関数linSetExpectedRespLengthによって、LINフレームの受信時の予想バイト数が設定されます。

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC) は、シンボルエクスプローラーからのフレームのドラッグ&ドロップをサポートしています。

コネクティビティ

  • OTA (Over-the-Air) プロトコル (WLAN、Bluetoothなど) 用の新しいCANoeハードウェアであるIoTイネーブラーのサポート。

  • 外部ブローカーを使用せずにIoTデバイスをテストするためのCANoe内部MQTTブローカー。

  • JSONに代わるGoogle Protocol Buffers (GPB) を通じたMQTTのバイナリシリアル化。

診断

  • バリアントコーディングWindow:

    • バリアントコーディングデータのエクスポートとインポート

    • 使いやすさの向上

  • DoIP TLSのサポート:

    • CAPLコールバックインターフェイス (CCI)

一般産業/IoT

コネクティビティ

  • OTA (Over-the-Air) プロトコル (WLAN、Bluetoothなど) 用の新しいCANoeハードウェアであるIoTイネーブラーのサポート。

  • 外部ブローカーを使用せずにIoTデバイスをテストするためのCANoe内部MQTTブローカー。

  • JSONに代わるGoogle Protocol Buffers (GPB) を通じたMQTTのバイナリシリアル化。

 

Option CANopen

  • コンフィギュレーションマスター機能のサポート:
    • マスターシミュレーションは、ネットワークのデバイスの設定をサポートしています。
    • CANopenコンフィギュレーションWindowの新しいCMTページでは、NMTマスターとCMTマスターを選択できます。
    • CMTページでは、各デバイスの設定を含むconcised dataストリームを生成して、CMTマスターに読み込むことができます。

セキュリティ

  • リプレイブロックでのセキュアなPDUのサポート。
    • 同期されたフレッシュネスの使用。
    • メッセージ認証コードの自動再計算。

  • X.509証明書のCAPL API (X509API.vmodule)
    • テスト用の証明書を変更するための広範なCAPL関数:
      • オブジェクトコンテンツの評価
      • 検証
      • シグネチャの生成
      • 証明書の生成
      • Certificate Signing Requests (CSR) のサポート

    • セキュリティマネージャーによる証明書の提供

  • SecOC、TLS、IPSecのセキュリティプロファイルを自動的に割り当てるためのCOMインターフェイスの拡張。
  • [セキュリティ設定] ダイアログでの簡単なプロファイル検索。
  • バックエンドステータスをステータスバーに表示 (バックエンドにアクセスできるOEMセキュリティアドオンで利用可能)。

シミュレーション / 刺激

  • PDUインタラクティブジェネレーター (PDU IG)

    • 複数のPDU Windowをインスタンス化できるようになりました。

スマートチャージ/eモビリティ

オプションSmartCharging

  • GB/T 27930

    • 新しいサンプルコンフィギュレーションGB/T 27930 (2011) Simulationでは、GB/T 27930 (2011)に従って、相互に通信する充電ステーションとバッテリー管理システムをシミュレートしています。

Software in the Loop

  • CANoe4SWのすべての機能範囲がCANoe内で直接利用できるようになりました。

  • C++に加えて、Pythonもテスト対象のソフトウェアのプログラミング言語としてサポートされました。

  • RPCのような機能でCANoeからSUTの関数を直接呼び出すか、またはその逆方向の関数の呼び出しを実行することができます。

テスト

Test

  • テストユニットとテストモジュールでの64ビットのサポート。

    互換性に関する注記: 2.2より前のvTESTstudioバージョンで作成されたテストユニットは、サポートされなくなりました。

  • vTESTstudio 6との併用による新機能。

    • テストテーブルエディターとダイアグラムエディターでテストコマンド内のDO (分散オブジェクト) のサポートが拡張されました (波形コマンドのサポートなど)。

    • テストテーブルエディター: ループ内 (For、For Each、While) でのバックグラウンドチェックのサポート。

    • ステートダイアグラムエディター: 新しい要素である複合状態により、複雑なステートダイアグラムでサブ状態の記述が容易になりました。

    • 外部ライブラリの使用などのために、ターゲットフレームワークとして.NET Framework 4.7を選択できるようになりました。

    • vTESTstudioのCANoe Execution Adapterと実行プランで、バリアントプロパティの選択がサポートされるようになりました。

  • CANoe Test Report Viewer

    • テストケースに「再評価」の注釈を付けられるようになりました。

      • 再評価は、判定と理由付けのテキストで構成されます。

      • レポート内のすべての再評価の概要付きの新しいWindowには、再評価されたテストケースへの移動、ソート、フィルターなどの機能が含まれています。

      • 再評価はすべてのエクスポート形式に含まれており、.NET APIを通じて読み取り、作成、修正を行うことができます。

 

VTシステム / I/Oハードウェア

  • VTシステム用のCOMインターフェイスの導入。

  • 時間同期の改善。

  • システム変数インターフェイスの拡張 (インターフェイスを通じてCAPLのチャネル変数にアクセスできることなど)。

  • VTシステムのGUIとツールの全般的な最新化

  • VTシステムキャリブレーションマネージャーの拡張 (セルフテストの開始、ラック内のモジュールの識別など)。

  • VT7971とVH5110に対するGreenPHYコンフィギュレーターの拡張。

  • 拡張リアルタイムパフォーマンスの向上。

  • FPGAマネージャー新規プロジェクトの設定の簡素化。

  • XIL APIサンプルコンフィギュレーションの更新。

  • CANStressNLの64ビットへの移行。

  • IOCabのサポートおよび対応するサンプルコンフィギュレーションの廃止/削除。

 

Sensorオプション

  • SENT拡張SPC (Short PWM Code) のサポート。

  • SENTティック時間は、CAPL (VT2710のみ) を通じて設定できます。

  • 新機能SwitchSupplyVoltageにより、シミュレーションECUのセンサー供給電圧を有効または無効にすることができます。

商用車/農建機

Option ISO11783

  • ISO11783 IL / VT IL / FS IL / TC ILでは、アドレスが競合している場合、空いているアドレスを自動的に選択できます。

  • 新しいISO11783ファイルサーバーWindow。

    • 設定なしですぐに使用できます。

    • バス通信をわかりやすく表示します。

      • FSクライアントと接続されます。

      • 元のコンテンツと変更されたコンテンツのファイルを開くことができます。

      • すべての通信を簡単に読み取れる形式で表示します。

    • File Server ILとの容易な連結。

    • ISO11783バーチャルターミナル

      • アクティブ化コマンドでのTANの新しい処理を含むバージョン6のサポートの改善。

      • すべての保存されたオブジェクトプールを削除する新しいCAPL関数。これにより、自動テストのプログラミングが容易になります。

オプションJ1939

  • J1939インタラクションレイヤーでは、アドレスが競合している場合、空いているアドレスを自動的に選択できます。

  • J1939-76 (専用SHM)とJ1939 Digital Annex (チェックサムを備えたメッセージ用) に基づく機能安全のサポート。

    • J1939 ILでのシミュレーション/フォールトインジェクション。

    • DBCの設定。

    • CAPLでの解析と刺激。

    • トレースWindowでの違反の検出。

オプションCANopen

  • Option CANopen

    • コンフィギュレーションマスター機能のサポート:
      • マスターシミュレーションは、ネットワークのデバイスの設定をサポートしています。
      • CANopenコンフィギュレーションWindowの新しいCMTページでは、NMTマスターとCMTマスターを選択できます。
      • CMTページでは、各デバイスの設定を含むconcised dataストリームを生成して、CMTマスターに読み込むことができます。

オプションCar2x

  • Option Car2x

    • C-V2Xハードウェア
      • Autotalks Craton2 EVK Revision Fのサポート。
      • C-V2X (Cellular-V2X、3GPP-PC5 Link) による通信が可能。

    • ネットワークハードウェア設定
      • C-V2Xのサポートのための調整。
      • WLANのデフォルト設定は、地域 (CN/EU/US) に応じて事前定義されています。

    • Car2xスタック/インタラクションレイヤー
      • 中国のプロトコルに対応した追加機能をサポート:
        • フレームコンテンツは、アプリケーションメッセージ (BSMなど) に応じて自動的に設定されます。
        • GNSSデータがあれば、フレーム内で自動的に使用されます。
        • セキュリティヘッダーのアプリケーションメッセージに署名できるようになりました。
        • 証明書の自動変更は、データベースで設定できます。

      • OnPreTxコールバック関数のプロトコルフィールドの設定が改善されました。
      • EUプロトコルの場合、OnPreTxコールバック関数でlowFrequencyContainerを削除できます。
      • EUプロトコルの場合、stationType = roadSideUnitに対してlowFrequencyContainerが送信されません。

    • セキュリティ
      • IEEE 1609.2 米国ルート証明書 (NIST-384) をサポートしています。
      • Brainpool-256やBrainpool-384のEU証明書をサポートしています。
      • ETSI TS 103 097 V1.4.1 (EU) をサポートしています。
      • 証明書と秘密鍵は、バイナリ形式でもインポートできます。

    • マップWindow
      • (イベントがない場合にも) CAMとBSMのpathHistoryが表示されます。
      • イメージファイルをマップマテリアルとして使用できます。
      • CNプロトコルの場合、MAPの表示に属性laneWidthが組み込まれます。

    • シナリオエディター / シナリオマネージャー
      • BSMイベント (CN) を改善しました。
      • シナリオの開始と停止を改善しました。

    • サンプルコンフィギュレーション
      • すべてのC-V2Xサンプルコンフィギュレーション (CN) に、BSMシグナルの単位が追加されました。
      • V2Xサンプルコンフィギュレーション (US) のデータベースがSAE J2735 (July 2020) に対応しました。
      • Car2xサンプルコンフィギュレーション (EU) では、pathHistoryの属性deltaAltitudeのファクターが修正されました。

    • オプションCar2xの機能は、CANoeのデモバージョンで評価できます。

Ethernetオプション

  • 中核機能
    • Ethernetネットワークモニターは、プロトコルモニターに置き換えられました。これは、以下のプロトコルでEndpoint間の接続のグラフィック表示をサポートしています。
      • [ISO/OSI Level 2] Ethernet、ARP、NDP
      • [ISO/OSI Level 3] ICMPv4、ICMPv6、IGMP、IPv4、IPv6
      • [ISO/OSI Level 4] TCP、UDP
      • [ISO/OSI Level 6] DHCP、DHCPv6、HTTP、SOME/IP

    • 仮想 (TUN/TAP) 接続を通じて、外部の仮想ECUをネットワークに参加させることが可能になりました。
    • AUTOSAR E2E Profile 44のサポート
    • 拡張Ethernetログの使用が推奨されるようになりました。

  • Communication Concept
    • コンテナーPDUとヘッダーレスPDUのサポート

  • ネットワークベースのアクセス
    • ポートオブジェクトに以下のためのCAPLと.NETのメソッドが追加されました。
      • ポート名の取得
      • ネットワーク名の取得
      • セグメント名の取得
      • 物理的なポートであるかどうか、ポートで測定されているかどうかに関する情報の取得。

    • すべてのシミュレーションポートイベントの測定設定への転送を無効にするオプションが追加され、測定ポートのみに注目しやすくなりました。

  • TC10:
    • スリープ/ウェイクアップイベントをBLF、MF4、ASCIIに保存できるようになりました。
    • スリープ/ウェイクアップイベントは、ethPhyStateの新しいCAPLコールバックで処理できます。
    • 新しいテスト関数:TestWaitForEthernetPhyState、TestWaitForEthernetLinkStatus

  • トレースWindow
    • 詳細ビューにIKEv2プロトコルの詳細を表示します。

  • プログラミング
    • AVB ILは、PTPイベントのハンドラーを備えています。OnPtpSendPrepare

オプションISO11783

  • ISO11783 IL / VT IL / FS IL / TC ILでは、アドレスが競合している場合、空いているアドレスを自動的に選択できます。

    • 新しいISO11783ファイルサーバーWindow。

      • 設定なしですぐに使用できます。

      • バス通信をわかりやすく表示します。

        • FSクライアントと接続されます。

        • 元のコンテンツと変更されたコンテンツのファイルを開くことができます。

        • すべての通信を簡単に読み取れる形式で表示します。

      • File Server ILとの容易な連結。

  • ISO11783バーチャルターミナル

    • アクティブ化コマンドでのTANの新しい処理を含むバージョン6のサポートの改善。

    • すべての保存されたオブジェクトプールを削除する新しいCAPL関数。これにより、自動テストのプログラミングが容易になります。

オプションJ1939

  • J1939インタラクションレイヤーでは、アドレスが競合している場合、空いているアドレスを自動的に選択できます。

  • J1939-76 (専用SHM)とJ1939 Digital Annex (チェックサムを備えたメッセージ用) に基づく機能安全のサポート。

  • J1939 ILでのシミュレーション/フォールトインジェクション。

  • DBCの設定。

  • CAPLでの解析と刺激。

  • トレースWindowでの違反の検出。

オプションLIN

  • 新しい仕様であるSAE2602:2020のサポート。
    拡張機能:

    • プロトコルのシミュレーション

    • LDFエクスプローラー

  • コンフォーマンステストは、CANoe 15 SP2でサポートされています。

  • 新規CAPL関数linSetExpectedRespLengthによって、LINフレームの受信時の予想バイト数が設定されます。

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC) は、シンボルエクスプローラーからのフレームのドラッグ&ドロップをサポートしています。

オプションSensor

  • SENT拡張SPC (Short PWM Code) のサポート。

  • SENTティック時間は、CAPL (VT2710のみ) を通じて設定できます。

  • 新機能SwitchSupplyVoltageにより、シミュレーションECUのセンサー供給電圧を有効または無効にすることができます。

オプションSmartCharging

  • GB/T 27930

    • 新しいサンプルコンフィギュレーションGB/T 27930 (2011) Simulationでは、GB/T 27930 (2011)に従って、相互に通信する充電ステーションとバッテリー管理システムをシミュレートしています。