CANoeテストパッケージVAG
VAGテスト仕様書に基づくCANコンフォーマンステスト

CANoeテストパッケージVAGの概要

ECUの開発では、広範なCANコンフォーマンステストを行う必要があります。CANoeテストパッケージVAGは、このテストのためのCANoeコンフィギュレーションを作成します。作成された構成には、該当するVolkswagenテスト仕様に応じたテストシーケンスが含まれます。このテストシーケンスによりテストは完全に自動で行われ、いつでも繰り返し実行することができます。これによってテストの負担を最小限にすることができます。

特長

  • VWが検証し、推奨するCANoeテストパッケージVAG
  • サプライヤー向けVolkswagen AG仕様の要件に対応したテスト範囲
  • CANoeテスト環境をすばやく生成
  • テスト実行およびレポート生成を自動化
  • 必要なテストケースを選択可能
  • 追加コストなしで何度でもテスト実行の繰り返しが可能

バージョン4.0の新機能

  • 以下のVAGテスト仕様を実装できます。

    • VAGテスト仕様書「DUM.857.BE.1」に基づいた高速CANによるCANコンフォーマンステスト
    •  VAGテスト仕様書「DUM.000.AC.A」に基づいたNM-High(Network Management High)およびNPM(Network Power Management)によるCANコンフォーマンステスト

  • AUTOSARベースのプラットフォーム「MLBevo」用パーシャルネットワークに対応

適用分野

Volkswagenテスト仕様書に準拠し、テストの工数を最小限に抑える、全自動のCANコンフォーマンステスト。

機能

  • 特定の入力ファイルに基づいて、残りのバスシミュレーションおよびXMLテストモジュールを自動生成
  • 特別なテストハードウェアを使用して、テストを完全に自動化
  • テスト結果のレポートおよびバスメッセージの記録を自動的に作成し、テスト結果を包括的に文書化

要求

テストコンフィギュレーションジェネレーターは、残りのバスシミュレーションとXMLテストモジュールで構成されるCANoeコンフィギュレーションを生成します。VWグループ各社は、要求される以下の入力ファイルを配布します。

  • ECUのテストベースアジャストメントドキュメンテーション (TBAD)
  • ネットワーク用CANデータベース (DBC)
  • ネットワーク用パーシャルネットワーク記述 (VSDE: Partial network description)
    (※パーシャルネットワークで作業する場合のみ)
さらに表示

テストパッケージを使用するには、以下のハードウェア製品が必要です。

  • VH1150もしくはVTシステム (VT7001A)
  • CANstressDR
  • 高速CANcab/CANpiggyを搭載したベクターのCANインターフェイス
VH1150 (ECUコンフォーマンステスト自動化ハードウェア) を使用したテストシステム構成
VH1150 (ECUコンフォーマンステスト自動化ハードウェア) を使用したテストシステム構成
さらに表示

コンフォーマンステストを実行するには、CANoeのfullグレードが必要です。その他に必要なソフトウェアはテスト用ハードウェアに付属するか、無料で提供されます(CANoeアドオンVAGマルチバスパッケージなど)。

さらに表示

VAGテスト仕様書

CANoeテストパッケージVAGのバージョン4.0は、以下のテスト仕様書をカバーしています。

  • 高速CAN:

    • DUM.857.BE.1 (Version 5.3)

  • NM-HighおよびNPM:

    • DUM.000.AC.A (Version 2.7)

テストの範囲はVWと合意されたものです。

テクニカルアーティクル

Volkswagen GroupにおけるECU開発のための包括的通信テスト

~ベクターのECUテストソリューションにより、自動車メーカーとサプライヤー(Tier-1)の双方で同一のECUテスト環境を実現~

サプライヤーのECU開発プロセスにおいて、自動車メーカー固有のテスト実装は重要な役割を果たします。それらはネットワークの適合性のチェックや、数々のECU間を結ぶエラーフリー通信の確保に使われる一方、それら自体が自動車メーカーの最終承認のための重要な基準になります。Volkswagen Group(以下、VAG)のサプライヤーは、仕様書VW80118に従った高速CANテストを自動生成するVAG固有のテストソフトウェアを使用することにより、ECUの開発時間とコストの両方を最小化できるようになりました。