CANoeテストパッケージEV
電気自動車用のコンフォーマンステスト生成ツール

CCS充電標準規格に対応するコンフォーマンスおよび相互運用性の自動テスト

CANoeテストパッケージEVはコンフォーマンステスト生成ツールです。これを使用することにより、電気自動車(EV)のCombined Charging Standard (CCS) 規格への適合性と相互運用性をテストできます。

CANoeテストパッケージEVは主要なテストシナリオをカバーするだけでなく、常に最新の仕様に対応し、分かりやすく実装されていて変更も容易です。

特長

  • テストケースを容易に選択し実行
  • テスト実行およびレポート生成を自動化
  • 実行可能なテスト環境をすばやく生成
  • 個別の要件に合わせてテストケースを手軽に追加・変更が可能
  • 追加のテストハードウェアを接続できる拡張性

適用分野

CCS、GB/T*、CHAdeMO*などの充電標準規格の仕様に準拠した、全自動のコンフォーマンスおよび相互運用性のテスト

 

* 今後のバージョンで対応予定

バージョン3.0の主な特長

  • 中国の充電規格GB/Tに対応するテスト仕様GB/T 34658に準拠した全テストケースを提供 
  • ISO 15118用のテストケースをさらに拡張 

機能

  • テストテーブルとCAPLを使用してテストケースを実装
  • テスト対象システム(SUT: System Under Test)に応じてテストケースを変更可能
  • SUTの実装に依存するテスト項目の選択とパラメーター設定(PICS/PIXIT)
  • プロトコル仕様とテスト要件のトレーサビリティーマトリクス
  • CharINインターフェイスをサポートしており、サードパーティーのハードウェアを接続可能
  • CharIN Design Guideを考慮

ツールのワークフロー

画像:ツールのワークフロー
vTESTstudio/CANoeの両ツールを使用したCANoeテストパッケージEVのワークフロー

CANoeテストパッケージEVを使用したテストのワークフローにおいて、テストケースの編集と実行は、それぞれvTESTstudioとCANoeで実施します。これらのツールは操作がシンプルで、ツール間のデータ交換もシームレスに行えるため、信頼できるテスト結果が効率よく得られます。

 

生成

CANoeテストパッケージEV(1)のテストケースはvTESTstudio(2)のテストシーケンスとして生成されます。テストの実行そのものはCANoe(3)で実施します。CANoeテストパッケージEV(1)を使用して、テストを生成すると、実行可能なテストケースが含まれた新しいCANoeコンフィギュレーションとvTESTstudioプロジェクトが同時に作成されます。

編集

既存のテスト環境や既存のCANoeコンフィギュレーションに適合させるため、vTESTstudioプロジェクトに何らかの変更を加えた場合は、テストユニット(3)が作成され、CANoeに組み込まれます。vTESTstudioプロジェクトはCANoeから開けます。

実行

実行したいテストケースをCANoe内で個別に、またはまとめて選択し、開始できます。テスト結果はテストレポート(5)に記録されます。このレポートはCANoe Test Report Viewerで表示したり、XML/HTML形式で出力したりできます。

テストケースの実行は、サードパーティー製のハードウェアにも対応し、使用するハードウェアに応じて、さまざまな開発フェーズで実行できます。これは、コンポーネントレベルでの残りのネットワークシミュレーションを使用する、初期段階のECUテストから、システムレベルでの完成車両のテストまで多岐に渡ります。

電気自動車のコンフォーマンス/相互運用性を、CANoe Test Package EVで効率的にテスト

 

要求

 

テストケース実行中のメッセージの送受信はCANoe .EthernetCANoe .SmartChargingの2つのオプションを利用して行われます。これらのオプションは別途購入いただく必要があります。

テストケースは vTESTstudioで作成されています。そのため、テストケースを既存のテスト環境やテスト対象システムに適合させるには、vTESTstudioも必要です。

さらに表示

コンポーネントレベルでテストケースを実行できるよう、VTシステムのモジュールVT7870を使用するとコントロール・パイロット制御機能が、CANoeに統合されます。

車両などのシステムテストために、別途定義済みのインターフェイスを使用して電源関連のハードウェアをテスト環境に統合できます。

さらに表示

対応する標準規格

  • 現時点ではDIN 70122のテストケースに対応
  • GB/TおよびCHAdeMOのほか、IEC 61851、ISO 15118-4/-5の標準規格に対応したテストケースは、今後のバージョンで順次提供予定

関連情報

 

ファクトシート:

 

さらに表示

 

CANoeテストパッケージEVのテストケースは以下の言語に対応しています:

  • English

 

生成ツールは以下の言語の対応しています:

  • English
  • German
さらに表示

 

コンポーネント
推奨要件
最小要件
CPU
Intel Core i7互換または同等のCPU
≥ 3GHz
≥ 4コア
Intel互換
2GHz
2コア
CANoe.SmartChargingにはコア数が多いCPUよりもクロックレートが高いCPUの方が有利
メモリー(RAM) ≥ 32GB
8GB
ハードディスク容量
≥ 20GB SSD/NVMe 8GB HD/SSD
使用するオプションとオペレーティングシステムコンポーネントに依存
画面解像度
フルHD
1280×1024ピクセル
オペレーティングシステム
Windows 10 64bit (≥ バージョン1803)
Windows 10 64 bit (≥ バージョン1803)
Windows 8.1 64bit
Windows 7 64bit (≥ SP1)
さらに表示

ニュース/イベント

ベクターソリューションのメリット:

CANoe.SmartCharging

E-モビリティーのためのCANoe – 充電通信を解析、シミュレーション、テスト

詳細はこちら
vTESTstudio

組込システムのための自動テストシーケンスの開発が容易に

詳細はこちら
VTシステム

効率的なECUテスト環境のためのモジュール式テスト環境

詳細情報
E-モビリティ

ベクターはEVシフトにおける開発において、さまざまなソリューションを提供しています。

詳細はこちら
Smart Charging With vSECC

Get to know our universal control unit for intelligent charging stations. Starter kit now available!

Go to Page
Engineering Services for Testing

Test experts advise you in detail in your projects and deliver directly applicable test solutions on...

Learn more