CANapeオプションvCDM
パラメーターセットのチーム内コラボレーション

パラメーターセットのチーム内コラボレーション – CANapeオプションvCDM

vCDMなどのキャリブレーションデータ管理システムは、世界中に分散する大規模チームによるコラボレーションを取りまとめます。vCDMには、作業部署の体系化や権限およびバリアント管理のための機能が多数用意されています。また、このシステムは多様なデータソースとツールに対応できるよう、オープンに設計されています。CANapeオプションvCDMは、多くのユーザーがvCDMで作業するために必要な機能を提供します。ワークフローはキャリブレーションエンジニアのために最適化されており、CANapeのユーザーインターフェイスに完全に統合されています。さらに、CANapeオプションvCDMは、小規模および中規模のチームにコラボレーションのシンプルなモデルを提供します。

主な特長

  • CANapeのシームレスな統合と、直観的なユーザーインターフェイスによるユーザーからの高い評価。あらゆる処理を単一のツールで実行可能
  • 2人で同時にパラメーターを編集する際の競合を検出および解決し、データ交換を確実に実施
  • パラメーター値の変更の追跡により、高い透明性を実現
  • ベクタークラウドを利用することで投資コストを排除(運用コストの償却処理が可能)
  • スケーラブルなソリューション: 2名から2,000名のユーザーに対応。vCDMへのアップグレードも可能
  • CANapeとvCDMサーバー: 極めて相性のよい、実績と信頼のアプリケーション
  • CANape vCDMオプションは既存のvCDMシステム上でも使用可能

機能

ユーザーはCANapeのデータセット管理機能を使用できます。データセットはいずれも、他のユーザーと簡単に共有でき、招待されたユーザーは、それらのデータセットを自分のCANapeに直接ダウンロードできます。パラメーターに加えた変更はネットワークに送ることができます。同じく、他ユーザーからの変更が自分のPC上で更新されます。同一のパラメーターに同時に変更を加えた場合に生じる競合は直ちに画面に表示され、ユーザーが解決できます。各パラメーターへの変更は、どのユーザーがいつ行ったのかを確認できます。

 

さらに表示

ユーザーがデータセットを作成し、パラメーターの設定も完了した場合、今度はこれまでそのユーザーのPC上にのみ置かれていたデータを共有して保存しなければなりません。これを行うには、リボンから[データセットの共有]を選択します。

その後、共有するデータセットと、共有先となるユーザーの名前を選択します。これによってそれらのデータセットがサーバーに読み込まれ、招待されたユーザー側での利用が可能になります。この際のサーバーは社内ネットワークに置くこともできますが、ベクタークラウドソリューションを利用することもできます。

CANape上では共有データセットには特別なアイコンが付けられます。ユーザーは、そのデータセットが共有先のユーザーのPC上とサーバー上とで利用可能になったことを即座に確認することができます。

画像:CANapeインターフェイスからデータを手軽に、直接共有
CANapeインターフェイスからデータを手軽に、直接共有
さらに表示
画像:vCDMオプション|チームのコラボレーション
共有データセットをCANapeに簡単に読み込める。vCDMオプションにより、チームのコラボレーションが容易に

CANapeユーザーは共有セットに簡単にアクセスできます。A2LファイルやHEXファイル用の新規レコードをCANapeに手動で作成しなくても、ほんの数クリックで、デバイスをA2Lやデータセットも一緒にサーバーからPCに読み込み、編集することができます。

 

さらに表示

共有されているパラメーターセットは、複数のユーザーによって編集されることがあり、しかも、個々の調整作業は各自のPCでしか確認できないということが多くあります。しかし、ベクターのソリューションでは、ユーザーが自分の成果物をメニューから[変更をアップロード]を選択し、転送することができます。また、[最新状態を取得]を選択すると、他のユーザーの最新の成果物を自分のPCに読み込むことができます。

画像:CANapeでの変更と変更のアップロード
CANapeでの変更と変更のアップロード
さらに表示

ユーザーによるパラメーターの変更は、vCDMプロジェクト間でパラメーターセットファイルとして共有されます。こうした変更は、しばしば複数のvCDMデータセットにインポートされます。vCDM内でワークパッケージが定義されている場合、CANapeは変更済みパラメーターを交換ファイルにエクスポートするだけでなく、ワークパッケージ全体に書き込みます。

 

画像:CANapeインターフェイスからデータを手軽に、直接共有
CANapeインターフェイスからデータを手軽に、直接共有
さらに表示

CANapeでは、同じパラメーターが同時に調整されると、共有されたデータセットが同期されるときに競合状態が表示されます。これらの競合はメニューから[競合解決ビューでマージ]を選択して表示させ、正しい値を選択すると修正できます。

 

画像:異なる値がわかりやすく表示され、パラメーターの競合を簡単に解決できる
異なる値がわかりやすく表示され、パラメーターの競合を簡単に解決できる
さらに表示

CANapeのデータセットのプロジェクトでは、ローカルと共有の両方のデータセットを保持できます。ローカルのデータセットはいつでも新たに追加して共有できます。

さらに表示

サーバーはパラメーターに対するすべての変更を記録し、それを変更履歴として表示します。つまり、誰がどのパラメーターをいつ変更したのかを、チームの全メンバーが把握できます。

 

画像:変更履歴による変更の追跡
変更履歴による変更の追跡
さらに表示

キャリブレーションエンジニアは、有用な追加機能をCANapeから直接呼び出すことができます。

  • データセット内にインポートされたパラメーターセットファイルをCANapeで表示でき、他のユーザーからのファイルも同様に表示可能
  • データセットには添付ファイルの追加が可能
  • データセットのメタデータによる記述が可能(アトリビュート)
  • 変更のロールバックが可能
  • データセット管理でキャリブレーション進行状況を表示
画像:データセット管理のキャリブレーション進行状況
データセット管理のキャリブレーション進行状況
さらに表示

vCDMサーバー

CANapeオプションvCDMは、一元的なデータ交換にvCDMサーバーを使用します。お客様がこのサーバーを運用することも可能ですが、クラウドソリューションとしてベクターのサービスをリースすることもできます。サーバーには追加料金は発生しません。

vCDMのすべての機能に対して vCDMサーバーが使用可能であれば、CANape vCDMオプションをフロントエンドとしてすぐにご使用いただけます。

さらに表示

これはお客様の社内ネットワーク上のコンピューターにvCDMサーバーをインストールして使用する方法です。
 

vCDMサーバーのシステム要件

以下の一覧は、50名のユーザーをサポートするシステムとしての前提条件を示しています。詳細についてはお問い合わせください。

  • WindowsまたはLinuxオペレーティングシステム
  • 2GHzのクアッドコアCPU
  • 8GBのRAMメモリ
  • 200GBのハードディスク
  • Oracle Database (12c/18c/19c) またはMariaDB 10.4
さらに表示

ビジネスユーザーにとって、クラウドソリューションには多くのメリットがあります。

  • 専用のハードウェアリソースが不要
  • 投資予算が不要
  • ベクターがソリューションの開発元であるため、最適な運用方法を熟知している
  • 運用のコストパフォーマンスに優れている
  • プロビジョニングが速い(極めて短い時間でクラウドシステムの使用準備が完了)

サーバーを運用するインフラストラクチャはすべてベクターから提供されます。暗号化、クライアントの分離、ISO 27001認証などの多彩なセキュリティ対策により、レベルの高いデータセキュリティが保証されます。厳選された世界各地のコンピューティングセンターにより、スピーディな応答が約束されます。

ハードウェア、ソフトウェア、データベースに関わるすべてのコストがライセンス料金に含まれています。3つのレベルのコンフィギュレーションが用意されています。
 

ベクタークラウドのコンフィギュレーションレベル
コンフィギュレーションのレベル Small Medium Large
ユーザー数 30 200 >200
CPU 4 8 16
メモリ 4GB 8GB 16GB
ハードディスク容量 65GB 250GB 2500GB
データ転送 8GB/月 30GB/月 240GB/月

 

さらに表示

CANapeオプションvCDMとvCDMの相違点

要求が拡大し、データ管理のための機能が新たに必要となった場合、オプションvCDMのライセンスをvCDMクライアントのフルライセンスにアップグレードできます。

 

機能 CANapeオプションvCDM vCDMクライアントアプリケーション
共有データセットに対する共同作業が可能
競合の検出および解決
履歴を使用した変更の追跡
共有データセットの作成
vCDMプロジェクトの作成 -
vCDMデータセットを完全にサポート 使用のみ
役割および権限 使用のみ
ワークパッケージ 使用のみ
自動バリアント管理 使用のみ

● = あり

共有データセットのみのCANapeユーザーは「vCDMオプション」のライセンスが必要です。vCDMプロジェクトの作業を行うキャリブレーションエンジニアは、CANape用の「vCDMオプション」のライセンスが必要です。また、データインテグレーター/プロジェクトリーダーは、vCDMクライアント用の「vCDMセンター」のライセンスが必要です。

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

その他のオプション

CANapeオプションドライバーアシスタンス

ADASおよびHADのためのオブジェクト検証

詳細はこちら
CANapeオプションvMDM

プロフェッショナルな測定データ管理

詳細はこちら
Model Based Development

Visualize and parameterize Simulink models easily and efficiently

Learn more
CANapeオプションバイパス

正確な時間動作によるバイパス実行

詳細はこちら
見積依頼 オンラインおよびオフライン解析用の熱力学データや有益な状態図の表示