ADASおよびHADのためのオブジェクト検証
CANapeオプションドライバーアシスタンス

オプションドライバーアシスタンスによるADASおよびHAD向けオブジェクト検証

運転支援システム(ADAS)および高度自動運転(HAD)は、ビデオ、レーダー、LIDARなどの幅広いセンサーから車両環境に関する情報を取得します。ADASセンサーは路上のオブジェクトを識別します。オプションドライバーアシスタンスを使用すれば、これらのセンサーデータを収集し、実環境に合わせた検証を簡単に行うことができます。

オプションドライバーアシスタンスはCANapeCANape logvSignalyzerで使用できます。

 

  センサーデータの可視化 センサーデータの収集
CANapeオプションDA  
  •  
 
 
  •  
 
CANape logオプションDA    
  •  
 
vSignalyzerオプションDA  
  •  
 
 

 

主な特長

非常に高いデータレートでのADASセンサーの記録

運転支援システムや自動運転車両の開発では、できる限り多くのセンサーデータを記録し、後からそのデータを使用して再シミュレーションを行って、新しいバージョンのソフトウェアをテストします。レーダーやビデオセンサーからは特に高いレートでデータが生成されます。オプションドライバーアシスタンスには、各種のADASセンサーに対応した専用のレコーダー(DHPR: Distributed High Performance Recorder)が用意されています。その他のセンサーの統合が必要な場合は、いつでもベクターにご相談ください。

ADASセンサーの可視化および検証

検出されたオブジェクトはさまざまな表示Windowにグラフィカルなシンボル(矩形、ポリゴン、点群など)で表示されます。この表示は測定中も、また測定データに基づいて行うことも可能です。リファレンスカメラのビデオイメージは測定と同期して記録され、センサーデータの検証用の土台として役に立ちます。センサーがオブジェクトの座標を提供すると、リファレンスイメージ上の対応する位置にそのオブジェクトが表示されます。自由に設定できるシーンWindowやマップWindowなど、オブジェクトを表示するためのWindowが用意されています。  センサーデータと実際の環境をこのように直接比較することで、センサーデータの品質を迅速かつ確実に検証することができます。

適用分野

柔軟なコンフィギュレーション機能により、ADAS開発における幅広い適用分野に対応します。

  • 検証とシミュレーションを目的とした車両の完全なロギング
  • オブジェクトオーバーレイ機能を使用したACC(アダプティブクルーズコントロール)、「ストップ&ゴー」システム、パーキングアシストシステムなどのオブジェクト認識アルゴリズムの検証
  • 車線をカーブとして表示することによる、車線維持システムまたはカーブ用AFSの開発
  • ビットマップの統合による、交通標識認識システムのテストサポート

ADASセンサーデータの記録

ADASセンサーは多様なパスを通じてデータを伝送します。レーダーセンサーやビデオセンサーはVX1000製品ファミリを介して統合されます。CAN FDなどでデータを送信するセンサーや、XCPでデータを測定するセンサーは、CANapeに直接統合できます。LIDARのようにEthernetを介し、メーカー固有のプロトコルでデータを送信するその他のタイプのセンサーには、CANapeへの専用の接続が必要です。

オプションドライバーアシスタンスには、各種のADASセンサーに対応した専用のレコーダー(DHPR: Distributed High Performance Recorder)が用意されています。その他のセンサーの統合が必要な場合は、いつでもベクターにご相談ください。

DHPRはCANapeからTCP/IP経由で制御できます。これによって測定タスク全体を複数の測定コンピューターに容易に分散させることができ、完全なスケーラビリティが実現します。

オブジェクト検証の作成

ADASセンサーの検証および可視化

検出されたオブジェクトはさまざまな表示Windowにグラフィカルなシンボル(矩形やポリゴンなど)で表示されます。この表示は測定中も、また測定データに基づいて行うことも可能です。

センサーデータは、測定と同期して記録されるリファレンスカメラからのビデオイメージに基づいて検証されます。センサーがオブジェクトの座標を提供すると、リファレンスイメージ上の対応する位置にそのオブジェクトが表示されます。全容をより明確に把握できるよう、自由に設定できる3次元のシーンWindowにこれらのセンサーオブジェクトを表示させることもできます。

センサーデータと実際の環境をこのように直接比較することで、センサーデータの品質を迅速かつ確実に検証することができます。

関連情報

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

ADAS関連製品

CANape log | 要求の厳しいADASログタスクに効率的かつ柔軟に対応

測定/キャリブレーションツールのCANapeとベクターロガーハードウェアを組み合わせた高機能なソリューション

詳細はこちら
CANapeオプションvCDM

パラメーターセットのチーム内コラボレーション

詳細はこちら
CANapeオプションvMDM

プロフェッショナルな測定データ管理

詳細はこちら
Model Based Development

Visualize and parameterize Simulink models easily and efficiently

Learn more
CANapeオプションバイパス

正確な時間動作によるバイパス実行

詳細はこちら
見積依頼 オンラインおよびオフライン解析用の熱力学データや有益な状態図の表示