正確な時間動作によるバイパス実行
CANapeオプションバイパス

正確な時間動作によるバイパス実行 – CANapeオプションバイパス

バイパス手法では、一部のECUソフトウェアはECU外部のハードウェアプラットフォーム上でリアルタイムに実行されます。このため、ECUコード全体の生成やフラッシュ工程を実施する必要がなく、機能の素早い修正が可能です。さらに、測定を比較するときの機能の切替えも簡単にできます。メモリやCPU性能の不足などで、新機能を既存のECUハードウェアでは実行できないときには、バイパス手法が有効です。

バイパス手法に比べ、フルパス手法では、ECUソフトウェア全体をハードウェアプラットフォームで動作させ、開発フェーズの初期段階で実バスシステムにてソフトウェアをテストできます。

主な特長

  • MATLAB/SimulinkまたはCコードを用いて、機能(DLL)を簡単に作成
  • 複数のバイパス計算を並行して実行、有効化または無効化可能
  • 正確な時間動作によるバイパス機能の実行
  • リアルタイム性のあるVN8900ネットワークインターフェイスをバイパスアルゴリズムの実行プラットフォームとして使用  
  • CANapeを用いてVN8900をスタンドアロンのバイパスシステムとして設定することが可能
  • CANapeのVN8900に関するバイパス設定をシームレスに実施可能  
  • CANapeによってバイパスモデルおよびECUモデルを可視化、測定データやパラメーターへのアクセスも可能
  • 実バスシステムでのECUソフトウェアのシミュレーション/検証および高分解能タイムトリガー(フルパス)
画像:CANapeとVN8900、VX1000の構成
CANapeとVN8900、VX1000の構成: VN8900の内蔵リアルタイムPCにてバイパスアルゴリズムを実行。VN8900で複数のバイパスDLLを並行実行することも可能

適用分野

CANapeとVN8900、さらに測定/キャリブレーションハードウェアのVX1000を組み合わせることで、万全なバイパスソリューションとなります。VN8900ネットワークインターフェイスがバイパスプラットフォームとして機能し、VX1000システムがハイパフォーマンスなECU測定/キャリブレーションを実現します。CANapeでは、ソリューション全体の設定を行い、信号やパラメーターを可視化します。

 

機能

SimulinkモデルまたはCコードにて機能を定義し、モデルの入出力部分にCANape I/Oファンクションブロックを配置します。コードの生成、コンパイル、リンクが終わると、CANapeにてDLLが使用できるようになるので、統合を実施します。

CANapeでは、モデルの入出力はECUの実際の信号にリンクされています。バイパスのアルゴリズムは、簡単な設定変更によって、CANapeからVN8900へ自動転送されます。この転送で、関連するすべてのデータと設定がVN8900へとロードされます。VN8900上のランタイム環境で、ECUからの必要な入力データはすべてVX1000ハードウェア、XCP on Ethernet、XCP on CAN、CAN、FlexRayまたはI/O経由で取得できます。同様に、アルゴリズムの結果が同じパスを経由してECUに送られます。その後CANapeを使い、VN8900上のバイパスアルゴリズムおよびECU内の測定とキャリブレーションを行います。

VN8900をCANapeと一緒に使用すれば、複数のバイパスアルゴリズムを並行実行することもできます。たとえば、2つのVX1000システムを使用して2個のECUに接続されている場合でも、2つの機能(DLL)を演算することが可能です。ユーザーはVN8900用バイパスアルゴリズムを設定することもでき、そしてそれをVN8900上でスタンドアロン変数として実行することができます。スタンドアロンモードで対応可能なECUは1個です。

関連情報

N8900を使用するにはCANape 10.0以上が必要

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

その他のオプション

CANapeオプションドライバーアシスタンス

ADASおよびHADのためのオブジェクト検証

詳細はこちら
CANapeオプションvCDM

パラメーターセットのチーム内コラボレーション

詳細はこちら
CANapeオプションvMDM

プロフェッショナルな測定データ管理

詳細はこちら
Model Based Development

Visualize and parameterize Simulink models easily and efficiently

Learn more
見積依頼 オンラインおよびオフライン解析用の熱力学データや有益な状態図の表示