CANalyzer.Car2x
解析ツールCANalyzer.Car2x

802.11pベースの通信アプリケーションの解析

.Car2xオプションは特に、IEEE 802.11pに従ってWLAN経由で通信するECUの解析に適しています。これにより、Car2x ECUの実装機能を目的の方法でテストできます。

CANoe .Car2xは、要求事項を最適に満たすよう設計されています。ユーザーは、Car2xドメインの要求事項に完全に適合する高度なツールを使用できます。CANoe .Car2xは、IEEE(米国)およびETSI(EU)が世界規模で公開している一般的な標準規格とプロトコルをサポートしています。

さらに、CANoeに備わっている便利な機能もすべて使用できます。CANoeと.Car2xオプションを使用すると、802.11pベースのECUの量産を開始するためのマルチバステストツールを理想的に拡張できます。

特長

  • 解析 — 個別にカスタマイズ可能な測定ウィンドウを使用して、ECUを解析できます。
  • スティミュレーション — ECUの仮想環境を作成できます。
  • テスト — ECUをテストできます。
  • 視覚化 — シナリオを常時監視できます。
  • セキュリティー保護 — セキュリティーを有効にしてECUをテストできます。
  • 組合せ — .Car2xオプションとその他のバスオプションを組み合わせることができます。

適用分野

  • トレースウィンドウでCar2x固有の通信プロトコルを解析し、データベースに記述されたアプリケーションメッセージ(CAM、DENM、BSMなど)にアクセスし、個々の測定インタフェースを設定することができます。
  • ETSI ITS-G5またはIEEE 1609 - WAVEに従ってIEEE 802.11p経由で通信する車載ECUまたはインフラストラクチャ搭載ECUの通信ログを記録できます。
  • 署名付きパッケージの検証に必要な証明書を管理できます。
  • マップウィンドウ内のロードマップに、複数のオブジェクトの位置と方向および発生イベントを表示できます。また、他のウィンドウと同期して、後続の解析を行うこともできます。
  • さまざまなネットワークからデータにアクセスできます。.Car2xオプションを使用してツールチェーンをシームレスに完了し、ゲートウェイ機能をチェックすることができます。
  • コントロールチャンネルとサービスチャンネルの同時解析用に、複数の802.11p WLANチャンネルを設定できます。新しい802.11p測定インタフェースVN4610が完全に統合されており、直観的な設定オプションが備わっています。

機能

アプリケーションメッセージ

CANalyzer .Car2xでは、ASN.1で定義された任意のアプリケーションメッセージ(CAM/DENM(ETSI)やBSM/TIM(SAE)など)を使用/送信できます。

 

 

 

Car2xネットワークエクスプローラー

ネットワークエクスプローラー

Car2xネットワークエクスプローラーはCar2xデータベース用のビューアーで、さまざまな機能が備わっています。ここにはメッセージのデータ構造がわかりやすく表示されるため、探しているシグナルをすばやく見つけることができます。また、ノード属性やメッセージ属性を使用して、送信動作を設定することもできます。

 

さらに表示

Car2xデータベース

シミュレーション設定

CANalyzer .Car2xがメッセージを作成またはデコードするには、アプリケーションメッセージの記述が必要です。これらのメッセージは、Car2xデータベースによってCANalyzerが使用できるようになります。メッセージには、エンコード/デコードおよび生の物理値から論理値への変換に必要な情報がすべて含まれます。データベースには、ネットワークノードへのアプリケーションメッセージの割当てに関する情報も含まれます。データベースは、データベース設定ダイアログで管理されます。

 

さらに表示

 

解析

マップウィンドウ

マップウィンドウ

マップウィンドウには、テストシナリオの概要が表示されます。受信したすべてのCar2xオブジェクト(ITS Vehicle Station、ITS Roadside Station)の位置が自動的にマップに表示されます。

他のウィンドウと同期すると、後続の解析が簡素化されます。

さらに表示

プロトコルアナライザー

プロトコルアナライザー

プロトコルアナライザーを使用すると、Car2xプロトコルチェックを自動的に実行できます。GeoNetworking、IEEE1609.3、セキュリティー(ETSI/IEEE1609.2)などの特定のプロトコルについて、プロトコル固有のコンテンツを個別にチェックできます。エラーが検出された場合は、警告メッセージやエラーメッセージがトレースウィンドウと詳細ビューに表示されます。

 

さらに表示

トレースウィンドウ

トレースウィンドウ

トレースウィンドウには、802.11p WLANパケット、プロトコル(WAVE 1609.x、ETSI)、アプリケーションメッセージ(SAE、ETSI)を評価するための拡張機能が備わっています。

CANoeの一般機能に加え、特定のドメインのウィンドウをカスタマイズすることもできます。そのため、アプリケーションメッセージはデータベース内の定義に従ってデコードされます。また、カラムの設定、パッケージ/ログの強調表示、プロトコルアナライザーからのエラーメッセージ解析を行うこともできます。

さらに表示

データウィンドウ/グラフィックウィンドウ/ステートトラッカー

モニター対象車両からのテスト依存シグナルを選択できます。データウィンドウには、解決済みの値(データベースに定義された単位を含む)が表示されます。これらのシグナルをグラフィック表示したい場合は、代わりにグラフィックウィンドウを使用できます。また、バス統計ウィンドウには、詳しい統計情報が表示されます。

 

さらに表示

Car2xステーションマネージャー

ステーションマネージャー

Car2xステーションマネージャーは、ITSステーションを管理するための中央ユニットです。Car2xステーションマネージャーを使用すると、CANalyzerで管理されたITSステーションに受信パケットを手動または自動で割り当てることができます。

 

これにより、CANalyzer .Car2xで通信に関するパケットベースのビューだけでなく、ITSステーションベースのビューも利用できるようになります。概要がわかりやすいように、ITSステーションごとに個別の色を指定できます。

さらに表示

 

セキュリティー

証明書マネージャー

証明書マネージャー

CANalyzer .Car2xによってテスト対象のECUから生成されたWLANメッセージを受け入れるには、有効な署名付きセキュリティーヘッダーがパケットに含まれている必要があります。

証明書マネージャーでは、PKI(ETSIおよびIEEE1609)を作成し、生成された証明書をエクスポートすることができます。PKIがすでに存在する場合は、証明書(プライベートキーを含む)をCANalyzer .Car2xにインポートできます。

さらに表示

Car2x証明書エクスプローラー

証明書エクスプローラー

Car2x証明書エクスプローラーを使用すると、Car2x証明書エクスプローラーに保存および受信された既知の証明書を記録および解析できます。また、証明書の信頼性、証明書/署名階層、および内容を表示することもできます。

 

Car2x証明書エクスプローラーの下領域にあるステータスバーには、有効な証明書、無効な証明書、まだ評価できない証明書の数が表示されます。

さらに表示

サポート対象のV2X標準規格

.Car2xオプションは、以下のV2X標準規格を使用して通信を行う車載ECUのアプリケーション開発に最適です。

 

  • IEEE 802.11p(物理レイヤー)
  • ETSIITS標準規格

    • GeoNetworking(ETSI TS 102 636-4-1およびETSI EN 302 636-4-1)
    • Security Header(ETSI TS 103 097)
    • Basic Transport Protocol(BTP)(ETSI TS 102 636-5-1およびETSI EN 302 636-5-1)

  • 以下をはじめとするETSI ITSアプリケーションメッセージ:  

    • Cooperative Awareness Message(CAM)
    • Decentralized Environmental Notification Message(DENM)

  • IEEE 1609 WAVE

    • WAVE Short Message Protocol(WSMP)(IEEE 1609.3)
    • WAVE Service Announcement(WSA)(IEEE 1609.3)
    • WAVE Security Services(WSS)(IEEE 1609.2)
    • WAVEピアツーピアプロトコル(IEEE 1609.2)

  • 以下をはじめとするSAE J2735 DSRCアプリケーションメッセージ:  

    • Basic Safety Message(BSM)
    • Signal Phase and Time(SPaT)
    • Map Data Message(MAP)

ハードウェア

VN4610

GNSSレシーバーを搭載したVN4610ネットワークインターフェイス

VN4610は、PCとUSB接続することでIEEE 802.11pやCAN(FD)ネットワークにアクセスできる高機能なインターフェイスです。IEEE 802.11pベースのDSRC(Dedicated Short Range Communication)では、5.9GHzの周波数帯で通信が行われます。

VN4610は、Car2x/V2xアプリケーションの実装に必要なIEEE 802.11pフレームを、フィルタリングを行わずに送受信できます。受信したIEEE 802.11pの無線シグナルベースのフレームは、CAN(FD)メッセージと同期してアプリケーションに転送されます。また、GNSSレシーバーを内蔵しており、GNSS時刻と現在のGNSS位置を取得することもできます。

関連情報

 

さらに表示

 

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

ダウンロード

さらに表示
さらに表示