CANalyzer 14 - 新機能詳細

新機能概要

一般

  • ログ

    • ログファイルのヘッダーに、コメントを追加できるようになりました。そのため、ログ関連の情報を文書化できます。

  • 新しい形式のヘルプ

    • 以前からのCHM形式に代わり、新たなブラウザーベースのHTML5形式のヘルプとなりました。
      複数のブラウザーのタブやウィンドウで同時にヘルプコンテンツを表示できます。
    • よりユーザーフレンドリーなインターフェイス
      完全なテキスト検索とインデックス検索が単一の入力ボックスで実行できます。これは、右上に常に表示されます。
    • 検索結果の表示の改善
      検索テキストはコンテキストでハイライトされます。ページタイトル、テキストの抜粋、およびヘルプページのメモリパスが表示されます。

  • ベクターツールプラットフォーム

    • RTハードウェア (VN8900デバイスファミリのデバイスなど) を、CANalyzerのプラットフォームマネージャーまたはVector Tool Platformダイアログから再起動可能。この機能はスタンドアロンマネージャーのコマンドラインインターフェイスからも利用できます。同様に、CANalyzerのRTカーネルはRTハードウェア上で再起動できます。
    • RTハードウェアに関連するステータス情報も、評価を簡素化するためにINIファイルを使用せずに標準の出力上にレポートできます。

 

CAPL / CAPL Browser

  • CAPL

    • 新しい/拡張されたCAN CAPL関数
    • 新しい/拡張されたEthernet CAPL関数
    • 新しい/拡張されたLIN CAPL関数
    • 新しい/拡張されたその他のCAPL関数
    • 新しい/拡張されたセキュリティCAPL関数

 

Panel Designer

  • イベント制御を使用してイベントを送信できます。
  • ダイナミック配列 (CO/DO) の長さはパネルにドラッグして、入力/出力ボックスに接続できます。
  • LEDコントロールで複数の状態を色で表示できるようになりました。

解析

  • マップWindow

    • VectorはMap Window向けに独自のOSMタイルサーバーを提供します。

  • トレースWindow

    • カラムフィルターが改定されました。リストによる複数選択のほか、カスタムフィルターで複数のイベントを設定できるようになりました。

  • トレースWindow (Ethernet)

    • DoIPイベントが最大64 kBのサイズまで表示されるようになりました。
    • すべての特殊なIPv6アドレスが、詳細ビューに表示されるようになりました。

自動車

Option.Car2x

  • アプリケーションメッセージ (EU)

    • SREMおよびSSEMメッセージのサポート
    • IVIのバージョンISO/TS 19321:2020 / SAE-J2735への更新
    • MAP/SPaTのバージョンISO TS 19091:2019への更新

  • マップWindow

    • Vector OSM タイルサーバー : Vector は独自のOSMタイルサーバーを提供します。CANalyzerでは、このサーバーをタイルのプロバイダーとして設定可能なため、タイルのダウンロードに関連する問題は過去のものとなりました。
    • ヘルプには、インフラストラクチャデータ (交通信号機の状態など) がどのように Map Window に描画されるのかの説明があります。

 

オプション.Ethernet

  • 中核機能

    • IPsecのサポート (転送モード、認証ヘッダー[RFC 4302]およびIKEv2キー交換[RFC 7296])。
    • バス負荷のより正確な計算 (IFG、プリアンブル、SOFを考慮)。

  • ネットワークベースのアクセス

    • 測定とシミュレーションポートの視覚的なサポートが、ポート設定ダイアログに導入されました。これには、設定エラーの表示が含まれます。
    • IPフィルターで測定とシミュレーションのポートのフィルターを設定できるようになりました。これにより、測定設定でトレースやログなどの他のブロックのポート情報をフィルターできます。

  • トレースWindow

    • DoIPイベントが最大64 kBのサイズまで表示されるようになりました。
    • すべての特殊なIPv6アドレスが、詳細ビューに表示されるようになりました。

 

オプション.LIN 

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC)

    • テスト用に、アプリケーション特有のスケジュールテーブルを作成します。

  • LIN TP向けの拡張フォールトインジェクション。

診断

概略

  • バリアントコーディングデータを読み取り、書き込み、比較するための新たなバリアントコーディングWindow。
  • DoIP over TLS (暗号化された診断通信)。

一般産業 / IoT

Option.CANopen

  • スタンドアロンモードのサポート

刺激

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC)

    • テスト用に、アプリケーション特有のスケジュールテーブルを作成します。

Option .CANopen

  • スタンドアロンモードのサポート

Option.Car2x

  • アプリケーションメッセージ (EU)

    • SREMおよびSSEMメッセージのサポート
    • IVIのバージョンISO/TS 19321:2020 / SAE-J2735への更新
    • MAP/SPaTのバージョンISO TS 19091:2019への更新

  • マップWindow

    • Vector OSM タイルサーバー : Vector は独自のOSMタイルサーバーを提供します。CANalyzerでは、このサーバーをタイルのプロバイダーとして設定可能なため、タイルのダウンロードに関連する問題は過去のものとなりました。
    • ヘルプには、インフラストラクチャデータ (交通信号機の状態など) がどのように Map Window に描画されるのかの説明があります。

オプション.Ethernet

  • 中核機能

    • IPsecのサポート (転送モード、認証ヘッダー[RFC 4302]およびIKEv2キー交換[RFC 7296])。
    • バス負荷のより正確な計算 (IFG、プリアンブル、SOFを考慮)。

  • ネットワークベースのアクセス

    • 測定とシミュレーションポートの視覚的なサポートが、ポート設定ダイアログに導入されました。これには、設定エラーの表示が含まれます。
    • IPフィルターで測定とシミュレーションのポートのフィルターを設定できるようになりました。これにより、測定設定でトレースやログなどの他のブロックのポート情報をフィルターできます。

  • トレースWindow

    • DoIPイベントが最大64 kBのサイズまで表示されるようになりました。
    • すべての特殊なIPv6アドレスが、詳細ビューに表示されるようになりました。

オプション.LIN

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC)

    • テスト用に、アプリケーション特有のスケジュールテーブルを作成します。

  • LIN TP向けの拡張フォールトインジェクション。