CANalyzer
ECUおよびネットワーク解析ツール

CANalyzerの概要

CANalyzerは、バス通信の解析およびスティミュレーションを行うことのできる包括的なソフトウェアツールです。CANalyzerを使用して、バス上で通信が行われているか、また行われている場合はその通信タイプを調べることができます。また、データの送信やログの記録もできます。 CANalyzerは、初心者には強力なベーシック機能、上級ユーザーには豊富な詳細機能を提供しているため、あらゆる用途に対応してします。

バージョン12.0の主な特長

分散アプリケーション

Vector Tool Platform (VTP) にて、すべての対応ハードウェアデバイスに対する統一操作を実現:

  •  接続タイプ(USBまたはEthernet)に依存せず、どのVTPデバイスも統一された方法で設定可能
  • ハードウェアチャンネルの割り当てをPlatform Manager内に集約

AUTOSAR PDU用のインタラクティブジェネレーター

  • AUTOSAR PDUベースのネットワークをインタラクティブかつ直観的にスティミュレーション
  • PDUタイミング、PDUトリガー、PDUペイロードを操作

オプションScope

  • Scopeハードウェアの設定を保存可能となり、簡単に切替え可能

バージョン12.0の新機能

一般

オフライン/ログ

  • PCAP-NGファイルから拡張メタデータを読み取れます
  • オフラインモードのCOMコンフィギュレーションが改善されました

シンボルエクスプローラー

  • 直近に選択した50件のシンボルを記憶し、シンボル間で前後に移動することができます
  • 検索を一部キャンセルする場合の動作を改善しました

VN8900

  • USBやEthernetを利用してVector Tool Platformを使うデバイスの接続設定を標準化します

    • 分散モードでRTサーバーとして使用するには、接続タイプにかかわらず、ユーザーが明示的に設定します
    • 同じダイアログで、分散モードやスタンドアロンモード、デバイスのプロパティの設定を行います

  • デバイスのアプリケーションチャンネルの割り当てを直接設定できます
  • VN8900/VT6000デバイスの時間を自動的に同期します

 

CAPL/CAPLブラウザー

CAPL

  • 新しい/拡張されたEthernet CAPL関数

    • 新しいCAPLデータタイプのIP_EndpointおよびIP_Addressは、TCP/IP APIおよびSOME/IP ILで使用可能です
    • CAPL関数のethernetPacket::source.ParseAddress およびethGetMacAddressAsNumberで、MACアドレスのハイフンをサポートします

  • ファイルを読み取る/書き込む関数で、異なるエンコードのファイル内容やファイルパスをサポートします
  • DBLookup機能が拡張されました
  • 検索関数で発見されたデータベースオブジェクト (lookupNodeなど) をノードレイヤー関数内で指定できます
  • lookupSysVarで発見されたオブジェクトから、sysGetVariableSVTypeを使用して具体的な型を取得できます。ジェネリックオブジェクトは、キャストを使って明示的な型に変換できます

 

パネルデザイナー

  • パネルデザイナー内のコピー&ペースト時のパフォーマンスが向上しました
  • 多くのパネルを使ったコンフィギュレーションの読み込み時間が改善されました
  • LED Controlでは、シンボル値はRGBとして解釈することも可能であり、その場合LEDコントロールはRGB値通によって色付けされます
さらに表示

グラフィックWindow

  • マーカーが、測定カーソル上に正しく配置されるようになります
  • 凡例内の単位表示が設定可能になりました
  • ファクターの値が10-8未満でも、正しく表示されるようになります

Map Window (Car2x)

  • ルック&フィールを一新した新しいコントロール
  • オンライン利用時、マップデータがキャッシュされ、後でオフラインで利用可能です
  • ズームボタンを使用すると、アクティブなITSステーションにスクロールし、ズームレベルを適宜調整します
  • 交差点や信号機を、SPaTとMAPメッセージを使用して自動的に可視化します。フラグメント化したアプリケーションメッセージもサポートします
  • ウェイポイント、経路位置、関連エリアを自動的に可視化します
  • マップWindowに、Car2x Station Managerの設定が適用されます

トレースWindow

  • トレースWindow (Ethernet)

    • VLAN PriorityカラムがトレースWindowに追加されました
    • トレースWindowで、SOME/IP SDの解釈が向上しました
    • AUTOSAR PDUの表示が向上し、トレースWindowsでデータベースの記述が不要になりました
    • トレースWindowのSOME/IPの未指定のテキストのデフォルトの解釈がUTF-16からUTF-8に変更され、BOMの使用と終了のゼロが不要になります
    • PDUのサービスを表示する際のトレースWindowの安定性が向上しました
    • 破損したフレームのプロトコルの解釈で、安定性が向上しました
    • トレースWindowのカラムの長さ情報の一貫性が向上しました

さらに表示

 

Option .Car2x

VN4610をサポート

  • DCC (Decentralized Congestion Control:分散輻輳制御) が改善されました

    • 各ITSステーションにキューを使用
    • キューはWLANのQoSを考慮して優先度を計算
    • DCCでは送信できないメッセージを処理するための2つの異なるモードが利用可能

  • GNSS (100ms) を使った高精度なタイムスタンプをサポート

Car2x Map Window

  • ルック&フィールが一新した新しいコントロール
  • オンライン利用時、マップデータがキャッシュされ、後でオフラインで利用可能です
  • ズームボタンを使用すると、アクティブなITSステーションにスクロールし、ズームレベルを適宜調整します
  • 交差点や信号機を、SPaTとMAPメッセージを使用して自動的に可視化します。フラグメント化したアプリケーションメッセージも対応します
  • ウェイポイント、経路位置、関連エリアを自動的に可視化します
  • マップWindowに、Car2x Station Managerのコンフィギュレーション設定が適用されます

アプリケーションメッセージ

  • 新しいメッセージ用の新しいテンプレートコンフィギュレーション: CAM v1.4.0、DENM v1.3.0、CDD 1.3.0 (委任法令およびC2C-CC BSP v1.3.0による)
  • メインコンフィギュレーションには、SPaT/Mapを送信する信号機がある交差点が含まれています

オプション .Ethernet

概要

  • CANalyzer オプション .Ethernetは、新しいEthernetインターフェイス用のファームウェアのリリースに伴う今後の機能向上に対応予定です
  • RTPプロトコルのペイロードタイプは、Ethernetプロトコルオプションで再定義可能です
  • TCPタイムスタンプオプション (RFC1323) に対応するため、TCP/IPスタックのデフォルトの動作を変更しました
  • TLSソケットを使用時のランタイム性能が向上しました

新しい/拡張されたEthernet CAPL関数

  • 新しいCAPLデータタイプの IP_EndpointおよびIP_Addressは、TCP/IP APIおよびSOME/IP ILで使用可能です
  • CAPL関数のethernetPacket::source.ParseAddress およびethGetMacAddressAsNumberで、MACアドレスのハイフンにも対応しました

IPフィルター

  • IPフィルターで、TCPおよびUDPのポート範囲のフィルタリングに対応しました

SOME/IP

  • AUTOSAR記述で、SOME/IPを処理するデータタイプを改良しました

トレースWindow (Ethernet)

  • VLAN priorityカラムがトレースWindowに追加されました
  • トレースWindowで、SOME/IP SDの解釈が向上しました
  • トレースWindows内でデータベースに定義されていないAUTOSAR PDUの表示が向上しました
  • トレースWindow内でSOME/IPのエンコード未指定のテキストに対するデフォルトの解釈がUTF-16からUTF-8(BOM無)に変更されました
  • PDUのサービスを表示する際のトレースWindowの安定性が向上しました
  • 破損したフレームのプロトコルの解釈で、安定性が向上しました
  • トレースWindowのカラム内の各Length情報の一貫性が向上しました

オプション .LIN

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC) で、個々のフレームを設定および送信できるようになります

    • 生フレーム
    • LDFに記述されたフレーム

  • Communication Setup (ID 0x3e/f) のチェックサムは、linSetChecksumModel関数を使用して設定できるようになります
さらに表示

 

概要

  • 解析Windowの診断パラメーターの表示、特にDoSoAdの表示が改善されました
  • 長さが32ビットを超えるキーを使用するテキストテーブルの処理が改善されました
  • 標準の診断記述ファイルのGenericUDS.cddで、Service 0x38 'Request File Transfer'をサポートします

DoIP

  • Vehicle Identification RequestをIPv6マルチキャストとして送信します
  • Vehicle Simulation Parameterの処理を改善しました (初期化/オプションパラメーター)
  • IPv4: VLANを設定済みだがVLANタグなしで送信する場合のテスターのIPアドレスを修正しました

OBD

  • データ解釈を改善しました
  • 29ビットインターフェイスの500kBaudでのBrタイミングを修正しました
さらに表示

 

Option .CANopen

新しいCANopen Configuration Windowは、ProCANopenに置き換わって、CANopenネットワークを解析、設定、シミュレートできます

  • CANopenネットワークのスキャン
  • PDOおよびSRDO通信の設定
  • ハートビートの監視の設定
  • CANデータベースの作成
  • 実際のノードおよびシミュレーションノードのオブジェクトディレクトリ全体にアクセス

    • ネットワーク構成全体の読み取り/書き込み

  • ネットワークシミュレーション用のシミュレーションノードの作成

インタラクティブジェネレーターCANopenが改良されました

  • 複数のCANチャンネルが正しくサポートされるようになりました
  • すべてのケースで、選択リストが正しく表示されるようになりました
さらに表示

 

LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC)

  • インタラクティブスケジューラで、個々のフレームを設定および送信できるようになります

    • 生フレーム
    • LDFに記述されたフレーム

 

さらに表示

 

オプションJ1939

診断メッセージやDTCの処理に使う新しいCAPL関数

  • パーツからDTCを組み立て (SPN / FMI / OC)
  • DTCをコンポーネントに分割 (SPN / FMI / OC)
  • DTCを使って診断メッセージを入力します
  • 診断メッセージからDTCを抽出します
さらに表示

 

新しいCANopen Configuration Windowは、ProCANopenに置き換わって、CANopenネットワークを解析、設定、シミュレートできます。

  • CANopenネットワークのスキャン。
  • PDOおよびSRDO通信の設定。
  • ハートビートの監視の設定。
  • CANデータベースの作成。
  • 実際のノードおよびシミュレーションノードのオブジェクトディレクトリ全体にアクセス。
  • ネットワーク構成全体の読み取り/書き込み。
  • ネットワークシミュレーション用のシミュレーションノードの作成。

インタラクティブジェネレーターCANopenが改良されました。

  • 複数のCANチャンネルが正しくサポートされるようになりました。
  • すべてのケースで、選択リストが正しく表示されるようになりました。
さらに表示

 

VN4610をサポート

  • DCC (Decentralized Congestion Control:分散輻輳制御) が改善されました

    • 各ITSステーションにキューを使用
    • キューはWLANのQoSを考慮して優先度を計算
    • DCCでは送信できないメッセージを処理するための2つの異なるモードが利用可能

  • GNSS (100ms) を使った高精度なタイムスタンプをサポート

Car2x Map Window

  • ルック&フィールが一新した新しいコントロール
  • オンライン利用時、マップデータがキャッシュされ、後でオフラインで利用可能です
  • ズームボタンを使用すると、アクティブなITSステーションにスクロールし、ズームレベルを適宜調整します
  • 交差点や信号機を、SPaTとMAPメッセージを使用して自動的に可視化します。フラグメント化したアプリケーションメッセージも対応します
  • ウェイポイント、経路位置、関連エリアを自動的に可視化します
  • マップWindowに、Car2x Station Managerのコンフィギュレーション設定が適用されます

アプリケーションメッセージ

  • 新しいメッセージ用の新しいテンプレートコンフィギュレーション: CAM v1.4.0、DENM v1.3.0、CDD 1.3.0 (委任法令およびC2C-CC BSP v1.3.0による)
  • メインコンフィギュレーションには、SPaT/Mapを送信する信号機がある交差点が含まれています
さらに表示

 

概要

  • CANalyzer オプション .Ethernetは、新しいEthernetインターフェイス用のファームウェアのリリースに伴う今後の機能向上に対応予定です。
  • RTPプロトコルのペイロードタイプは、Ethernetプロトコルオプションで再定義可能です。
  • TCPタイムスタンプオプション (RFC1323) に対応するため、TCP/IPスタックのデフォルトの動作を変更しました。
  • TLSソケットを使用時のランタイム性能が向上しました。

新しい/拡張されたEthernet CAPL関数

  • 新しいCAPLデータタイプの IP_EndpointおよびIP_Addressは、TCP/IP APIおよびSOME/IP ILで使用可能です。
  • CAPL関数のethernetPacket::source.ParseAddress およびethGetMacAddressAsNumberで、MACアドレスのハイフンにも対応しました。。

IPフィルター

  • IPフィルターで、TCPおよびUDPのポート範囲のフィルタリングに対応しました。。

SOME/IP

  • AUTOSAR記述で、SOME/IPを処理するデータタイプを改良しました。

トレースWindow (Ethernet)

  • VLAN priority カラムがトレースWindowに追加されました。
  • トレースWindowで、SOME/IP SDの解釈が向上しました。
  • トレースWindows内でデータベースに定義されていないAUTOSAR PDUの表示が向上しました。
  • トレースWindow内でSOME/IPのエンコード未指定のテキストに対するデフォルトの解釈がUTF-16からUTF-8(BOM無)に変更されました。
  • PDUのサービスを表示する際のトレースWindowの安定性が向上しました。
  • 破損したフレームのプロトコルの解釈で、安定性が向上しました。
  • トレースWindowのカラム内の各Length情報の一貫性が向上しました。
さらに表示

診断メッセージやDTCの処理に使う新しいCAPL関数

  • パーツからDTCを組み立て (SPN / FMI / OC)
  • DTCをコンポーネントに分割 (SPN / FMI / OC)
  • DTCを使って診断メッセージを入力します
  • 診断メッセージからDTCを抽出します
さらに表示

  • LINインタラクティブスケジューラ (LIN ISC) で、個々のフレームを設定および送信できるようになります

    • 生フレーム
    • LDFに記述されたフレーム

  • Communication Setup (ID 0x3e/f) のチェックサムは、linSetChecksumModel関数を使用して設定できるようになります
さらに表示

特長

  • 容易にデータトラフィックのモニター、解析、刺激を実現
  • 直観的な操作
  • フィルター、ジェネレーター、リプレイなどの機能ブロックは、ユーザー固有の解析方法に合わせた設定が可能
  • オフライン解析用のフレームワークにて、バスデータのログ記録とリプレイを統合
  • 広範な解析タスクの実行などを目的として、CAPLによる柔軟なプログラミングが可能

適用分野

画像:ユーザーをサポートするインテリジェントな解析Window
ユーザーをサポートするインテリジェントな解析Window

CANalyzerを使用すれば、ECUまたは車両システム全体のバス通信の解析を、開発作業の現場で、あるいは車両内で直接実行できます。

 

  • トレースWindow (1)
    トレースWindowには、メッセージやエラーフレームの送信などのバスアクティビティーがリスト表示されます。各メッセージの個々のシグナル値を表示できます。下記のような機能を使用してデータを解析できます。
     
  • グラフィックWindow  (2)
    グラフィックWindowを使用して、シグナル、環境データ、診断パラメーターの値をカーブとしてグラフィック表示します。これらのカーブの測定と評価に使用できる機能のいくつかを以下に示します。
     
  • 統計Window (3) 
    統計Windowには、測定中のバスアクティビティーに関する統計情報が表示されます(CAN、LIN、FlexRay)。ノードおよびフレーム単位のバス負荷、バーストカウンター/期間、フレームおよびエラーのカウンター/レート、コントローラーの状態などが表示されます。
     
  • データWindow (4)
    データWindowでは、シグナル値、システム変数、診断パラメーターをさまざまな形式で表示できます。


その他のCANalyzerの解析Windowと機能ブロック

  • 測定設定
    機能ブロック概要と評価機能のグラフィック表示とパラメーター化
     
  • スコープWindow
    [スコープ]オプションで記録されたバス波形の測定値をオフライン表示
     
  • インタラクティブジェネレーター
    バスへの刺激入力用、シグナルをインタラクティブに変更して送信
     
  • ログ記録/リプレイ
    測定値のログ記録、およびその後の解析やリプレイ
     
  • トリガーとフィルター
    バスイベントに対して特定の動作を定義、フィルターは表示またはログに記録するデータ量を削減
     
  • 出力Window
    システムメッセージ、およびCAPLプログラムからのユーザー出力

 

 

さらに表示
画像:診断コンソールおよびOBD-II Window
診断コンソールおよびOBD-II Window

CANalyzerに含まれている診断機能セットを使用することにより、KWP2000またはUDSの標準規格に従って診断通信を解析できます。この場合はCANalyzerをECU診断のための診断テスターとして使用できます。さらに、完全なOBD-IIテスター機能も統合されています。

 

 

さらに表示
画像:ロギングのワークフロー
ロギングのワークフロー

CANalyzerを使用してデータを記録し、それをリプレイして測定後の解析に利用できます。インポート/エクスポート機能により、記録したバス通信を時間にとらわれずに処理できます。

 

ロギングのワークフロー

  • ロギングは、測定設定 (1) のロギングブロック経由で実行されます。グラフィックWindow (2) とデータWindow (3) の内容をMDFログファイルに記録することもできます。
  • ログに記録されたデータは、オフライン解析用 (4) にリプレイできます。

 

 

さらに表示
画像:ビジュアルシーケンサー
ビジュアルシーケンサー

CANalyzerでは、ECUのデータトラフィックをモニターおよび解析するほかに、データトラフィックに影響を与えることもできます。これは、事前設定済みのユーザーインターフェイス内でシグナル値を定義し、それに関連するメッセージを送信するだけで実行できます。

 

ユーザーインターフェイス

  • インタラクティブジェネレーターをCANalyzerで事前定義
  • ユーザーが作成可能(「パネルデザイナー」を使用)
     

プログラム

  • ビジュアルシーケンサーを用いたコマンドシーケンスの作成(図を参照)
  • CAPLまたはNETからのプログラミングとは別に利用可能

 

 

さらに表示

CANalyzerのオプション

CANalyzerは、CANネットワークの解析を快適に実行できるツールです。さらに、CANalyzerのマルチバスのコンセプトにより、適切なオプションを適用すれば、CAN、LIN、Ethernet、FlexRay、MOSTなどを同時に解析操作することが可能になります。


特長

  • CANおよびCAN FD経由での診断機能をサポート
  • CANoeオプションScopeにより、CAN / CAN FDをサポート
  • CANおよびCAN FDでのAUTOSARのサポート


機能

  • CAN / CAN FDシステムのシミュレーション、解析
  • CAN FD固有の機能をCANの拡張として統合
  • CAN、LIN、Ethernet、FlexRay、MOSTの各ネットワークに対するゲートウェイ操作および解析

 

CAN / CAN FDソリューションのページへ

 

さらに表示

オプションLIN

LIN (Local Interconnect Network) は、スマートセンサーやアクチュエーターなどを備えたECUを接続するために設計された、コストパフォーマンスの高いシリアル通信システムです。ベクターのソフトウェアツールであるCANalyzer.LINは、LIN1.x、LIN2.0、LIN2.x、SAE-J2602 (US-LIN)、Cooling-Busの仕様に従って測定と解析を行う機能を備えています。

 


主な特長

  • 新規CANalyzerオプションSCOPEによりLIN波形の表示をサポート
  • LIN統計モニターにより、有用なネットワークおよびノード統計を表示
  • ODXまたはCANdelaファイルに基づくLIN診断解釈機能の提供


解析機能

  • LDFベースのネットワーク解析
  • LIN2.0、LIN2.1およびLIN2.2設定コマンドの解釈
  • ODX/CANdelaファイルに基づく診断解釈
  • 詳細なエラーおよびイベントの検出
  • シグナルを数値またはグラフィックで表示
  • ユーザーにて設定可能な表示用パネル
  • LINネットワークマネージメントWindow
  • LIN統計モニターによるネットワークおよびノード統計
  • ログ、リプレイ、フィルター、トリガー各種ブロック


ノードシミュレーション
LDFを用いてマスターまたはスレーブノードを容易にシミュレートできます。マスターのスケジューラーは、LINインタラクティブマスターブロックを使用するか、CAPL言語でプログラミングすることにより制御可能です。


LIN用トレースWindow
LIN用のトレースWindowは、LINのフレーム、エラー、イベントを表示するだけでなく、関連するすべてのLINタイミング情報も表示します。

 

LINソリューションのページへ

 

さらに表示

オプションFlexRay

ベクターのCANalyzer .FlexRayは、分散リアルタイムシステムの解析に使用できる汎用ツールです。CANalyzer .FlexRayは、簡単なネットワーク解析から複雑な問題に対する集中的なトラブルシューティングまで、あらゆる分野をカバーします。マルチバス対応機能により、CAN、LIN、MOST、Ethernet、FlexRayバスシステムを同時に処理することができます。

 

提供される基本機能には多種多様な用途があります。基本機能は以下のとおりです。

  • バスデータトラフィックの表示(トレース)
  • シグナル値のグラフィックおよびテキスト表示
  • 対話形式による定義済みPDUおよびフレームの送信
  • 統計Windowとクラスターモニターによる、ノードおよびメッセージ統計表示
  • メッセージのログ記録(記録内容はリプレイまたはオフライン評価可能)
  • 解析Windowでのサイクル多重化、サイクル内繰り返し、PDUを分かりやすく表示

 

FlexRayソリューションのページへ

さらに表示

オプションEthernet

[Translate to 日本語:]

@MC: Inhalte/Aufbau dieser Tabs (s. Beispiel CAN, AMD):

 

  • Einleitender Text
  • Highlights
  • Application Areas ?!
  • [Weiteres, z.B. Functions, ....]

 

車載Ethernetソリューションのページへ

さらに表示

オプションCar2X

@MC: Inhalte/Aufbau dieser Tabs (s. Beispiel CAN, AMD):

 

  • Einleitender Text
  • Highlights
  • Application Areas ?!
  • [Weiteres, z.B. Functions, ....]

 

Car2Xソリューションのページへ

さらに表示

オプションMOST

CANalyzer .MOSTは、ベクターのツールに共通する親しみやすい操作性を備えた便利なMOSTバス解析ツールです。MOST25、 MOST50、MOST150の各ネットワークが解析でき、すべてのMOSTチャンネルにアクセスできます。同時にCANネットワークを解析することも可 能です(マルチバス機能)。

CANalyzer .MOSTは、MOST通信のインタラクティブな解析に役立ちます。さまざまな表示用Windowを利用し、柔軟かつ動的に実際のシステム、記録されたログファイルを解析することができます。

 

また、CANalyzer .MOSTは定型的な多くの作業からユーザーを解放します。定型的な作業を解析スクリプトで記述し、CANalyzer .MOSTで繰り返し実行することができます。こうして、再現可能で信頼できる解析結果を得ることができます。

 

特長

  • トレースWindowでMOSTメッセージを広範に逆アセンブル
  • マルチバスシステムのイベントを、時間同期機能により時系列で表示
  • MOSTシステムに対して多彩な方法でスティミュレーションまたはストレスを生成
  • Electrical Control Line (ECL) にアクセス
  • アイソクロナスチャンネルのスパイ機能:PCへデータをストリーミングすることにより、ハードディスクへの記録と、VLCなどのメディアプレイヤーでの視覚化を可能に

 

適用分野

  • MOST通信をインタラクティブに、またはCAPLを用いて解析
  • ゲートウェイ開発:CANalyzer.MOSTを、任意の方法でCAN、LIN、FlexRay、Ethernetバリアントに組み合わせることができます。ゲートウェイECUに関わるすべてのバスシステムを、同期された1つのグローバルクロックに基づいて解析できます

 

MOST25/50/150 スピードグレードをサポートするCANalyzer .MOST

以下の表は、CANalyzer .MOSTがサポートするすべてのスピードグレードの特性概要を示しています。多くの実績がある、トレース、データ、グラ フィックWindow、ファンクションブロックモニターなどの解析機能を利用できます。フィルターオプションとMOSTリングへの刺激入力用インタラク ティブジェネレーターブロックもMOST50およびMOST150に対応しています。

MOST機能
 
コントロールチャンネル
ノード/スパイ
        CMS
あり
        AMS
あり
非同期チャンネル (MDP)
ノード/スパイ
        生パケット
あり
        MOST High Protocol (MHP)
スパイ
Ethernetチャンネル (MEP)
ノード/スパイ
Electrical Control Line (ECL)
ノード/スパイ
システム状態( ライト、ロック、システムロックなど)
あり
オーディオ/同期チャンネル
 
        アロケーションテーブル
あり
        LineIn/LineOut
あり
        S/PDIF In/Out
あり
        PCへのストリーミング
あり
        アイソクロナスチャンネル
スパイ 1
ストレス
 
        コントロールチャンネルのバス負荷
あり
        非同期チャンネルのバス負荷
あり
        Ethernetチャンネルのバス負荷
あり
        Unlock生成
あり
        ECL Stimulation Sequences
あり
ログ記録
 
        コントロールチャンネル、非同期チャンネル、
        Ethernet、 システム状態
BLF, ASC, IMG, OP22, CCO2, CC32
        同期チャンネル
なし
ハードウェアインターフェイス
VN2640


1 インターフェイスにVN2640を使用した場合
2 すべてのチャンネル、詳細情報が含まれるわけではありません

さらに表示

オプションJ1939

CANalyzerのハイパフォーマンスな機能に加え、オプションJ1939は、ユーザーにJ1939プロジェクトの開発初期から生産まで使用できる機能を提供します。J1939のための拡張機能により、ユーザーは、J1939プロトコルの詳しい知識がなくても、実際のアプリケーションデータ解析タスクに専念できます。これにより、データ解析の効率が大幅に向上します。また、CANフレームの解釈を誤らずに済みます。

 

さらに表示

オプションJ1587

J1587 をCANoe/CANalyzer にシームレスに統合することにより、ネットワークへのアクセスを非常に簡単にすばやく確実な方法で行うことがで
きます。トレースWindow にプロトコル固有情報を表示できるほか、このオプションをJ1939 やLIN などの他のオプションと組み合わせることに
より、システム全体を1 つのツールで解析およびシミュレーションできます。そのため、時系列に相関関係のあるプロセスを複数のバスにまたがっ
て評価できます。

さらに表示

オプションCANopen

CANalyzerの強力な機能とCANopenの機能拡張を組み合わせて使用することにより、CANopenシステムの開発とその構築およびサポートの 両方で使用できるツールを手に入れることができます。CANalyzer .CANopenにより、開発者は、解析、デバイス設定のためのCANopen固 有の機能を利用できます。これらは、CANopenネットワークに携わる業務において、必要不可欠な機能です。

 

さらに表示
オプションScope

オプションScopeは、極めて高機能なUSB接続オシロスコープハードウェアを使用した、CANalyzer用の統合オシロスコープソリューションです。このCANalyzerオプションは、プログラム内では設定、バスレベル、プロトコルデコードの各ビューを含む、解析Windowとして表示されます。対応するハードウェアは、CAN/CAN FD/FlexRay x 2またはLIN x 4用に最大4つの入力チャンネルを装備し、ベクターのインターフェイスハードウェアの (VN1630A/40A、VN8900、VTシステムなど) syncラインによってトリガーされます。
オプションScopeは、CANalyzerの全グレードで使用できます。

 


特長

  • CANoe/CANalyzerにオシロスコープ機能を統合

    • すべての解析をベクターネットワークインターフェイスの時間ベース(VN1630/40など)で実施

  • CAN、CAN FD、FlexRay、LINの物理レイヤーのプロトコルをデコード
  • アイパターン解析


ユースケース

  • CAN FD、FlexRay、LINの解析
  • 時間/電圧トリガーによるシグナル(バス、センサー、I/O)の測定
  • プロトコルエラーの検出およびトリガー(CANエラーフレームなど)
  • 自動車メーカーの仕様書に基づくECUコンフォーマンステスト
  • ネットワーク設計の概念実証(バストポロジー、ケーブル、レジスター)
  • EMCの問題およびその他の物理的作用のトレース(反射、リンギング、クロストーク)
  • アイパターン、ビットマスク解析を使用した自動解析

 

CANalyzerへの統合

オプションScopeは、独立した解析Windowの形でCANalyzerに緊密に統合されます。このスコープWindowは複数のビューに分かれ、それぞれがコンフィギュレーション、データ収集、後処理のタスクを行うためのユーザーインターフェイスとして機能します。特に重要なビューとして挙げられるのが、バスシグナルの物理レイヤーのグラフビューと、データリンクレイヤーのプロトコルデコードがすべて表示されるトレースビュー間で、これらのビューは相互に完全に時間同期されているだけでなく、トレース、グラフィック、ステートトラッカーといった他のCANoe解析Windowとの同期も可能です。

 

オプションScopeではまた、ビットレベルのネットワーク解析を、インタラクティブなアイパターンを使用して手軽に行うこともできます。これらはいずれも不適切なネットワークトポロジーの選択、ケーブル特性の不適合、EMCの問題、バス終端処理の誤りなどが原因で生じるネットワークの問題を素早く発見できる方法としても定評があります。

 


対応するオシロスコープハードウェア

  • USBオシロスコープPS5444B-034 (PicoScope)
  • 500MS/sのサンプリングレート、512MSのバッファーサイズ
  • 4系統の入力チャンネル(CAN/CAN FD/FlexRay x 2またはLIN/センサー/IO x 4)
  • ベクターの「Scope Bus Probe 300 MHz」を通じてD-SUBコネクターとバス接続
  • スコープチャンネルExt.およびGen.とベクターのネットワークインターフェイスのHW-SYNC入力を「Scope Trigger Y-Cable」で接続


詳細情報

https://vector.com/vi_downloadcenter_de.html?product=%25%25&type=PressArticle&busprot=CANBUS&formular_treffer_submit=1#

  • To do: Case Study: Aerospace: Airbus: Automatic CAN bus tester significantly reduces test effort

https://vector.com/portal/medien/cmc/case_studies/Aerospace_Airbus_ACBT_CaseStudy_EN.pdf

  • To Do: Vortrag vom CAN FD Symposium als PDF

https://vector.com/portal/medien/cmc/events/CFD17/presentations/08_CANFDSymposium_Donatzer_Vector.pdf

  • To Do: Fachvortrag CIA Konferenz 7./8. März 2017

&nbs

     

 

 

さらに表示
オプションCANaero
CANalyzer .CANaero Screenshot including some analysis windows and the Interactive Generator Block

CANalyzer .CANaeroは、簡単なネットワーク解析から複雑な障害のトラブルシューティングまで、あらゆる分野に対応しています。マルチバス対応のこのツールによって、複数のチャンネルで、CAN、Ethernet、AFDX®といった異なるバスシステムとバスプロトコルを同時に扱うことができます。

 

機能概要

  • 容易なデータトラフィックのモニターとさまざまな解析手法を用意
  • 測定/解析のパターンを自由に設定、保存
  • 複数のバスを時間同期で解析
  • ARINC 825 およびCANaerospaceの各プロトコルをサポート
  • メッセージデータベースを利用するコンセプトを採用し、オリジナルプロトコルにも対応可能

CANalyzer .CANaeroは、AFDX® (ARINC 664)、Ethernet、CANopenなど、ほかのオプションと組み合わせることができます。
こ れは表示されるブロックダイアグラムから直感的に操作できます。PCインターフェイスを介してバスのデータの流れをさまざまな評価Windowにグラフィ カルに表示し、ログファイルに記録します。システムは、このブロックダイアグラム内でパラメーター化されます。さらに、フィルター、ジェネレーター、リプ レイブロックなどの機能ブロックも、このブロックに挿入して設定できます。

機能

CANalyzer .CANaeroは、CANalyzerの標準機能を以下のように拡張します。

  • バスデータトラフィックのリスト (トレース)
  • シグナル値のグラフィックおよびテキスト表示
  • 定義済みメッセージのインタラクティブ送信
  • ログファイルに記録されたメッセージの送信
  • メッセージの統計表示
  • バス負荷およびバス障害に関する統計
  • メッセージログ機能とそのリプレイまたはオフラインでの評価
  • バス障害の生成

     

主な特長

  • 簡単かつ直感的なユーザー制御コンセプト
  • CAPLを使用したプログラミング機能
  • 機能ブロックを自由に配置して、データフローを作成
  • バスに応じて修正を加えた多様な機能ブロック
  • 複数バス間の時間同期
  • トレースWindowでは、多様なメッセージ形式を解釈することにより、オブジェクト指向のシンボリックな通信モニタリングが可能。Normal Operation Data、Emergency Event、Node Serviceなどの通信サービスは、それぞれのサービスに応じて個別に解釈され、シンボリックに表示される
  • 仕様に準拠したメッセージのデータベース。このデータベースにはアプリケーション固有のデータも保存可能。全データにシンボル名を割り当て可能
  • 標準のデータベース形式とプロファイルデータベース形式をサポート

 

CANalyzer .CANaero の詳細

(AFDX®はエアバス社の商標登録です。)

さらに表示
オプションAFDX
CANalyzer .AFDX Screenshot including some analysis windows

CANalyzer .AFDXはAFDX®ネットワーク開発の初期段階からメンテナンスフェーズで利用される機能を持っています。ロウフレームが必要な場合でも、あるいはペイロードの内容が必要な場合でも、CANalyzer .AFDXはあらゆるレベルで強力な解析機能を提供します。このツールの利用によって、それぞれのユーザーの要求を充たすことや、複雑なネットワークの構成を把握することもできます。

 

機能概要

  • 容易なデータトラフィックのモニターとさまざまな解析手法を用意
  • 測定/解析のパターンを自由に設定、保存
  • マルチバス対応
  • 1 つのツールで、CAN、AFDX®およびアナログとデジタルI/O に対応

 

ハードウェアインターフェイス

CANalyzer .AFDXでは、USBインターフェイスのVN5610A、またはTTTech社の AFDXEnd System T(PCI/PCIe用)をそれぞれオプションで使用できます。

 

データベースによるシンボリックな解析

AFDX®通信そのものは、ICDフォーマットによって記述されています。通常、航空機メーカーが開発に関連する通信内容を記述したファイルをサプライ ヤーに提供します。この情報をCANalyzer .AFDXで利用するために、ICDフォーマットファイルをベクターのDBCファイルに置き換えるための コンバーターも提供されています。コンバートされたDBCファイルをCANalyzer .AFDXのコンフィギュレーションに割り当てることで、ユーザー はCANalyzer上でシンボリックに情報を読み取ることができます。

 

メッセージ表示

バス上を流れるAFDXメッセージは、リアルタイムにトレースWindowに表示されます。データベースが割り当てられていれば、基になったICDフォー マットに従った情報をシンボリックに得ることができます。この場合バーチャルリンクは、IDが数値で表示されることはなく、シンボリックに名称で表示され ます。情報種別ごとのカラムはユーザーが選択可能で、3種類のカラムレイアウトをすぐに切り替えて利用できます。膨大なメッセージトレースからユーザーが 必要な情報を見失わないように、検索機能も改良されています。

 

CANalyzer .AFDXの詳細

(AFDX®はエアバス社の商標登録です。)

さらに表示
オプションA429
CANalyzer .A429 Screenshot including some analysis windows and panels

CANalyzer .A429はARINC 429バスの解析に最適な、最大32チャンネルのデバイスに個別に対応できるツールです。生データが必要な場合でも、あるいは物理的な数値が必要な場合で も、 CANalyzer .A429はあらゆるレベルで強力な解析機能を提供します。このツールの利用によってユーザーは素早く目標を達成できるだけでなく、複雑な ネットワーク構成の概要を把握することもできます。

 

機能概要

  • 容易にデータトラフィックのモニター、解析、スティミュレーションを実現
  • 1つのツールでARINC 429、CAN、AFDX®にアクセス可能
  • 開発、統合、保守の各プロセスで、フォールト状態を発見して修正

     

シンボリック表示

バス用のARINC 429ワードはデータベースに記述できます。その際はARINC 429のラベルに読取可能な名前を割り当てるほか、ARINC 429ワードのデータ内容も詳しく定義します。これにはARINC 429ワード内のビット位置だけでなく、データ型と表示名も含まれます。物理パラメーターを解釈して表示するのに用いるため、単位を入力したり、変換式を 定義したりすることもできます。製品にはデータベースエディターが付属します。

 

メッセージの表示

トレースWindowには、その瞬間のARINC 429バストラフィックが分かりやすくリスト表示されます。データベースが用意されていれば、変換式が自動的に使用されて、表示はシンボリックに行われま す。カラムのレイアウトはユーザーが設定可能で、表示を手軽に切り替えられるよう、あらかじめ設定された3種類のカラムレイアウトが用意されています。検 索機能も改良され、大量のバストラフィックの中からでも、関連するすべての情報を素早く探し出すことができます。

 

CANalyzer .A429の詳細

(AFDX®はエアバス社の商標登録です。)

さらに表示

グレード

pro (Professional) グレードは、すべての機能および拡張機能を利用できます。このグレードは、バストラフィックの簡単なモニターから、マルチバスシステムの複雑な解析や刺激入力、テストまで、すべての用途に対応しています。

 

さらに表示

exp (Expert) グレードは、ほとんどの標準的用途に適しており、CAPLプログラムの作成と実行以外のすべての機能および拡張機能を利用できます。

 

さらに表示

fun (Fundamental) グレードは、簡単な解析タスクに最適で、インタラクティブな標準機能はすべて利用できます。ただし、プログラミング機能や診断テスター、制御パネルは利用できません。

 

さらに表示

関連情報

ファクトシート:


機能マトリックス:


プロダクトインフォメーション:

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

CANalyzerは以下の言語でご使用いただけます。

 

  • 英語
  • ドイツ語
  • 日本語
さらに表示
コンポーネント
推奨
最小要件
CPU1 インテル互換
2GHz、2コア以上
インテル互換
1GHz、2コア以上
メモリー(RAM)
16 GB
4 GB
ハードディスク容量2
20GB SSD以上
3GB以上
画面解像度
フルHD
1280×1024ピクセル
オペレーティングシステム
Windows 10 (version 1709以上)
Windows 8.1
Windows 7 (SP1以上)


CANalyzerはコア数の多さよりもクロックレートの高さを優先
2  使用オプションおよび必要なオペレーティングシステム コンポーネントにより異なる

さらに表示

ダウンロード

RSSフィードで最新の更新情報を取得いただけます。

 

 

 

さらに表示
さらに表示

 

さらに表示

 

さらに表示
さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

関連製品

CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら