BASELABS Create Embedded
先進的なデータフュージョン開発

自動運転機能のためのデータフュージョン開発を量産までカバー

BASELABS Create Embedded*は、組込システムに搭載される自動運転機能のためのデータフュージョンシステムを、高速かつ効率的に開発するためのソフトウェアソリューションです。このツールには、レーダー、カメラ、LiDARセンサーなどから得られたデータを統合するフュージョンアルゴリズムが含まれています。これによるオブジェクトフュージョンの結果は、車両環境における統一されたオブジェクトリストを提供し、それがパスプランニング、意思決定アルゴリズムの入力として使用されます。BASELABS Create Embeddedにより、開発したセンサーデータフュージョンを直接量産ECUに引き継ぐことが初めて可能になりました。

 

*BASELABS GmbH. の製品です。ベクターは本ソフトウェアを自社の ADAS製品ポートフォリオの一部として販売しています。

特長

  • すべての開発ステージで一貫性のあるソリューション
  • 量産開発に使用可能
  • Automotive SPICEに準拠したソースコードを生成
  • 開発プロセスで必要な文書を提供: 一貫性とトレーサビリティを保証し、検証を実施
  • 完全なテストカバレッジとコード検証
  • ベクターのvADASdeveloperとRobot Operating System (ROS) ミドルウェアに最適化されたワークフロー
  • AUTOSAR ClassicおよびAUTOSAR Adaptiveに完全互換
  • レーダー、カメラ、LiDARなど、関連するすべての車載用センサーをサポート
  • AEB、ACC、Highway Pilotなどの自動運転機能のための動的なオブジェクトフュージョン
  • レーダーとカメラによる前方フュージョンから、複数のレーダー、カメラ、LiDARセンサーを使用した360°のオブジェクトフュージョンに至る幅広い拡張性
  • すべての一般的なハードウェアプラットフォームに対応するCソースコードを用意
  • グラフィカルな設定
  • 異なる種類のセンサーやセンサー構成のデータフュージョンアプリケーションに容易に対応可能

適用分野

BASELABS Create Embeddedは、すべての自動運転レベルの開発を最適にサポートします。

  • SAEレベル0~3: 自動緊急ブレーキ(AEB)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、前方衝突警報
  • SAEレベル3~5:  ASIL Dデコンポジションなど、多彩な冗長の安全アーキテクチャーに含まれるオブジェクトフュージョン

 

プロトタイピングから量産まで

BASELABS Create Embeddedは、データフュージョンシステムの実装を大幅にスピードアップおよび効率化します。生成されるCソースコードは、プロトタイピングから組込システム上でのプロトタイプ開発、量産用ECUに至る開発チェーン全体で使用できます。この高機能なソフトウェアによって、機能安全に準拠したデータフュージョンの開発が、安全関連のユースケースの文書化やテストも含めて可能になり、開発の手間が大幅に軽減します。

 

BASELABS Create Embedded: 開発チェーン全体に沿ったデータフュージョンの開発

機能

データフュージョンデザイナーおよびジェネレーター

データフュージョンデザイナーを使用して、車両に搭載されたレーダー、カメラ、LiDARセンサーを設定、カスタマイズ、パラメーター化できます。この設定に特化したオブジェクトフュージョンシステムを生成できます。

 

データフュージョンリファレンスアーキテクチャー

オブジェクトフュージョン用に組み込まれているリファレンスアーキテクチャーを使用して、2つのセンサーから構成されるシステムから、多くのセンサーを使用する360°の大規模なセットアップに至る幅広いデータフュージョンアプリケーションを構築できます。このアーキテクチャーはカスタマイズや拡張も可能です。

 

完全なミドルウェア互換性

ミドルウェア互換性により、vADASdeveloperやROSはもちろん、AUTOSAR Classic/Adaptiveなど、数多くのプラットフォーム上やランタイム環境での実行が可能になります。

 

組込システムのためのデータフュージョンライブラリー

組み込まれているデータフュージョンライブラリーには、カスタムのオブジェクトフュージョンシステムを構築するための、以下のようなアルゴリズムが含まれています。

  • 数値計算的に安定したカルマンフィルター
  • さまざまなデータ関連付け(アソシエーション)手法
  • センサーモデル
  • 存在確率の取り扱い
  • トラッキングアルゴリズム

ライブラリーのCソースコードにはフルアクセスが可能で、組込プラットフォームにすぐに利用できます。

  • Aurix 2G、Renesas RH850、ARM Cortex-R52などの一般的な組込プラットフォームとの互換性
  • 少ないCPU負荷およびメモリー消費量
  • カスタマイズおよび拡張が可能
  • コードの可読性は手作業での実装に匹敵
  • MISRA-C:2012に準拠
  • 外部ライブラリーに非依存

関連情報

 

ファクトシート:

 

さらに表示

 

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

関連ページ

vADASdeveloper

マルチセンサーアプリケーションの開発を支援

詳細はこちら
ADAS

ADASプロジェクトをスピーディーに軌道に乗せるために

詳細はこちら
Adaptive MICROSAR

AUTOSAR Adaptive PlatformベースのE/Eアーキテクチャーを持つ車両のためのベクターのソリューション

詳細はこちら
MICROSAR

AUTOSAR ECU用の組込ソフトウェア

詳細はこちら

ダウンロード