ASAP2 Tool-Set
ECU記述ファイルを簡単に生成・編集

ASAP2 Tool-Set - A2Lファイルの生成と編集

Graphic automatic ASAP2 generation process with ASAP2 Tool-Set
ASAP2 Creator、Updater、およびMergerでASAP2生成プロセスを自動化。 ASAP2 ComparerおよびModifierでASAP2ファイルと特定の変更結果を比較。 ASAP2 Checkerでこれらのファイルに構文上のエラーや意味上のエラーがないかを確認。

ASAP2 Tool-Setの目的は、ASAP2記述ファイルの作成、チェック、編集です。これにはエディターであるASAP2 Studioと、初期化ファイルで設定可能な6つのコマンドラインプログラムが含まれています。 

  •  Cコード内のコメントに基づいて自動的にASAP2ファイルを生成  
  • ASAP2ファイルのアドレスおよびデータタイプ情報を更新
  • 複数のASAP2ファイルをマージして1つの共有ASAP2ファイルを生成
  • 2つのASAP2ファイルを比較し、その結果を多様な形式で文書化  
  • ASAP2ファイルに構文上のエラーや意味上のエラーがないかを確認
  • 検索フィルターにより、ASAP2ファイルを絞り込んで変更および最適化
  • エディターは標準化されたECU記述ファイルの生成および可視化に最適

機能概要

  • ASAP2 Tool-Setでは、A2L記述ファイルの編集に簡単かつ包括的に対応できます

  • コマンドラインプログラムを自動化プロセスに統合できます。警告およびエラーメッセージは、ログファイルに書き込むことができます。実行結果は終了コードで特定できます

  • ASAP2 Studioでは、インターフェイスのダイアログに従って、ECU記述ファイルを簡単に作成、変更、更新することができます

  • ASAMでリリースされたすべてのバージョンのASAP2ファイルを、最新バージョン1.7.1も含めて読み込むことができます。生成されるファイルのフォーマットを設定することも可能です(ASAP2バージョン1.4.0から1.7.1に準拠)

  • データベースオブジェクトを作成する際、リンカーマップファイルあるいはデバッグファイルからアドレスやデータタイプ情報を迅速に転送できます

  • また、許容誤差を調整できるため、標準規格に合致しないA2Lファイルも読み込むことができます

  • ASAP2ファイルのインターフェイス固有部分は、指定されたメタ言語に基づいて解釈され、結果ファイルに転送されます。すべてのIF_DATAタイプに対応しています
     

機能

ASAP2 Tool-Setの7つのプログラム

ASAP2 Creator

ASAP2 Creatorを使用するには、Cコードへのコメントの挿入が前提となります。コメント内では、データ型、変換規則、最小条件、最大条件、構造、配列などのASAP2の情報を定義します。

 

ASAP2 Updater

ASAP2 Updaterはリンカーマップファイルまたはデバッグファイルのエントリに基づいて、ASAP2ファイルの構造だけでなく、アドレスおよびデータ型情報を更新します。さらに、MAPファイルに基づいて、欠落している測定および調整変数を生成できます。

 

ASAP2 Merger

ASAP2 Mergerは、複数のASAP2ファイルをマージして1つの共有ASAP2ファイルを生成します。  ソースファイルの1つをマスターに指定する必要があり、それ以外のソースファイルはスレーブになります。  マスターからはすべての情報が、そしてスレーブからは、測定/調整値、変換規則、関数、グループ、ストレージスキームだけがそれぞれ結果ファイルに引き継がれます。

 

ASAP2 Comparer

ASAP2 Comparerを使用することにより、2つのASAP2ファイルをすばやく簡単に比較することができます。コンテンツの相互比較を行う同じ名前のオブジェクトは、初期化ファイルで指定します。シソーラスを利用して、異なる名前を持つ測定データやパラメーターオブジェクトの比較も可能です。比較結果はファイルの形でドキュメント化されます。結果ファイルは、テキスト、CSV、XML、Microsoft Excelといった各種ファイル形式に対応しています。2つのA2Lファイルの比較には参照オブジェクトも含まれます。

 

ASAP2 Checker

すべてのA2Lファイルが標準規格の条件を満たしているとは限りません。  ツールチェーン全体で高いレベルの工程保証を実現するために、ASAP2 Checkerでは、A2Lファイルを標準規格と照合し、逸脱があれば強調表示します。構文チェックだけでなく、より幅広い意味上の妥当性チェックも実行できます。

 

ASAP2 Modifier

ASAP2 Modifierにより、ターゲットを絞った、ユーザー定義のASAP2ファイルの変更が可能になります。  特に、以下の変更がサポートされています。

検索条件(名前、コメント、アドレス、オブジェクト属性など)によるASAP2ファイルの複雑なフィルタリング。オプションで検索フィルターの結果をASAP2ファイルから削除したり、検索結果を別のファイルに抽出したりすることができます。
不要な情報を削除し、ASAP2ファイルのサイズを調整して最適化できます。
修正機能(ASAP2ファイルからの無効なキーワードやリファレンスの削除、オブジェクト名の中の無効な文字を置換え可能)

 

ASAP2 Studio

操作しやすいASAP2 Studioを使用すれば、ASAP2バージョン1.x形式でECU記述ファイルを視覚化、作成、変更することができます。また、ASAP2 Tool-Setのコマンドラインツールの機能は設定が可能で、ダイアログから制御できます。グラフィカルユーザーインターフェイスは適用分野の順に並べられており、直観的なリボンを使用して迅速かつ簡単に操作できるようになっています。

バージョン15.0の主な特長

  • ASAP2 UpdaterおよびASAP2 Modifierでオブジェクトをフィルタリングする際のパフォーマンスが向上
  • ASAP2 StudioでマップファイルWindowを表示する際のパフォーマンスが向上
  • MAPファイルに変更を加えた場合のA2L構造の更新を改善
  • ASAP2 Updaterがポインターベースのキャリブレーション手法に使用できるパラメーターグループを生成し、CANapeでのA2Lファイルの操作が容易に
  • ASAP2 UpdaterがXCPイベント定義と、測定された変数に対するイベントの割り当てを定義し、CANapeでの測定
    ユースケースを簡素化
  • ASAP2 StudioがサポートするMAP形式を追加し、古いバージョンのTool-SetおよびCANapeとの互換性を向上
  • マップファイルWindowの設定オプションを拡張し、表示するデータの量を削減
  • ASAP2 Studioの概要Windowにカラムを追加し、概要の把握をしやすくすると同時に、文書化のオプションを拡張

関連情報

ファクトシート:


プロダクトインフォメーション:

 

さらに表示
  • Windows 10 / 8.1 / 7(64bit)
さらに表示

サポートされるコンパイラまたはマップファイル形式:

 

  • COFF、COFF/DWARF
  • DiabData
  • ELF/DWARF
  • EXE/DWARF
  • Greenhill Multi 2000
  • IEEE(Tasking、Cosmic、Microtec)
  • Microsoft(Standard VC8、Microsoft Extended、およびPDB)
  • NEC CC78K/0 v35
  • Texas Instruments TMS470
  • UBROFバイナリ(IAR)

必要な形式が掲載されていない場合はお問い合わせください

さらに表示

ダウンロード

ニュース/イベント

さらに表示