ASAP2 Tool-Set
ECU記述ファイルを簡単に生成・編集

A2Lファイルの生成と編集

Graphic automatic ASAP2 generation process with ASAP2 Tool-Set
ASAP2 Creator、Updater、およびMergerでASAP2生成プロセスを自動化。 ASAP2 ComparerおよびModifierでASAP2ファイルと特定の変更結果を比較。 ASAP2 Checkerでこれらのファイルに構文上のエラーや意味上のエラーがないかを確認。

ASAP2 Tool-Setの目的は、ASAP2記述ファイルの作成、チェック、編集です。これにはエディターであるASAP2 Studioと、初期化ファイルで設定可能な6つのコマンドラインプログラムが含まれています。 

  •  Cコード内のコメントに基づいて自動的にASAP2ファイルを生成  
  • ASAP2ファイルのアドレスおよびデータタイプ情報を更新
  • 複数のASAP2ファイルをマージして1つの共有ASAP2ファイルを生成
  • 2つのASAP2ファイルを比較し、その結果を多様な形式で文書化  
  • ASAP2ファイルに構文上のエラーや意味上のエラーがないかを確認
  • 検索フィルターにより、ASAP2ファイルを絞り込んで変更および最適化
  • エディターは標準化されたECU記述ファイルの生成および可視化に最適

機能概要

  • ASAP2 Tool-Setでは、A2L形式のECU記述ファイルの処理に幅広く簡単に対応できます
  • コマンドラインプログラムを自動化プロセスに統合できます。警告およびエラーメッセージは、ログファイルに保存され、実行結果は終了コードで特定できます
  • ASAP2 Studioでは、ユーザーインターフェイスのダイアログに従って、ECU記述ファイルを簡単に作成、変更、更新できます
  • ASAMでリリースされたすべてのバージョンのASAP2標準を、最新バージョン1.7.1も含めて編集できます。生成されるA2Lファイルのフォーマットは1.4.0から1.7.1までに設定できます
  • リンカーマップファイルからアドレスおよび構造情報を引き継ぐことにより、新しいデータベースオブジェクトをとても簡単に作成できます。ほとんどの一般的なマップおよびデバッグフォーマットがサポートされています
  • 非標準のA2Lでも、許容範囲を調整できるため、読み取ることができます
  • A2Lファイルのインターフェイス固有部分は、含まれているメタ言語定義AMLに基づいて解釈、処理されます

機能

ASAP2 Tool-Setの7つのプログラム

ASAP2 Creator

ASAP2 Creatorを使用するには、前提条件として特定のコメントをECUコードに挿入する必要があります。データタイプ、変換規則、最小条件、最大条件、構造、配列などのASAP2情報をコメント内に定義します。

 

ASAP2 Updater

ASAP2 UpdaterはA2Lソースファイルを読み取り、情報をリンカーマップファイルのエントリーと照合し、見つからないオブジェクトを必要に応じて生成し、新しいA2Lファイルを作成します。

 

ASAP2 Merger

ASAP2 Mergerは、複数のA2Lフラグメントをマージして1つの共有A2Lファイルを生成します。ソースファイルの1つをマスターとして設定する必要があり、それ以外のソースファイルはスレーブになります。マスターファイルからはすべての情報が、スレーブファイルからは、測定/調整量、変換規則、関数、グループ、レコードレイアウトだけが結果ファイルに引き継がれます。

 

ASAP2 Comparer

ASAP2 Comparerを使用すると、2つのA2Lファイルをすばやく簡単に比較し、比較結果のドキュメントを生成できます。

 

ASAP2 Checker

すべてのA2Lファイルが標準規格の条件を満たしているとは限りません。ツールチェーン全体で高いレベルのプロセスの信頼性を実現するために、ASAP2 CheckerではA2Lファイルを標準規格と照合し、逸脱があれば強調表示します。

 

ASAP2 Modifier

ASAP2 Modifierにより、ターゲットを絞った、ユーザー定義のA2Lファイルの変更が可能になります。これにはオブジェクト属性のフィルター処理、匿名化、最適化、変更、およびDBU、ExcelおよびJSONなどの外部フォーマットからのインポートが含まれます。

 

ASAP2 Studio

ASAP2 Studioを使用すると、A2Lファイルを視覚化、作成、変更、更新できます。マップおよびデバッグファイルのコンテンツを視覚化することにより、それらから特定のオブジェクトを選択してA2Lファイルに統合できます。Tool-Setのコマンドラインツールは統合され、ダイアログを使用して設定、制御できます。グラフィカルユーザーインターフェイスは適用分野の順に並べ替えられ、迅速かつ直観的に操作できます。

バージョン16.0の主な特長

  • 新しくASAP2 Studioに統合されたComparerにより、A2Lファイルの効率的な比較と視覚化、差異のフィルター処理が可能
  • 比較結果を多様なファイルフォーマットにエクスポートしてドキュメント化可能
  • マップシンボル用の新しい詳細Windowにより、マップファイルのコンテンツの視覚化がさらに改善
  • ASAP2 StudioでDBUフォーマットからのインポートがサポートされ、以前のCANapeバージョンとの互換性が改善
  • 構造の更新の改善により、ECUコード変更時のA2Lファイルの適応が迅速かつ簡単に
  • ASAP2 Mergerの設定オプションが強化され、A2Lフラグメントのマージの柔軟性が向上
  • Excelインポート時の追加カラムによりサードパーティフォーマットからのデータ転送が簡単に

A2Lファイルの生成

内部ECUパラメーターの記述ファイルの詳細

手動および自動でのA2Lファイルの生成

関連情報

ファクトシート:


プロダクトインフォメーション:

 

さらに表示
  • Windows 10 / 8.1 / 7(64bit)
さらに表示

サポートされるコンパイラまたはマップファイル形式:

 

  • COFF、COFF/DWARF
  • DiabData
  • ELF/DWARF
  • EXE/DWARF
  • Greenhill Multi 2000
  • IEEE(Tasking、Cosmic、Microtec)
  • Microsoft(Standard VC8、Microsoft Extended、およびPDB)
  • NEC CC78K/0 v35
  • Texas Instruments TMS470
  • UBROFバイナリ(IAR)

必要な形式が掲載されていない場合はお問い合わせください

さらに表示

ニュース/イベント