製品名で探す(アルファベット順)

ASAP2 Libは、ユーザーアプリケーション用の標準化されたASAP2形式のECU記述ファイルを読み込む/書き込むために使用できる、高機能で使いやすい関数ライブラリーです。現在のバージョン1.70を含め、ASAMからリリースされているASAP2規格の全バージョンの読込がサポートされており、ASAP2仕様の固定部分とASAP2メタ言語で定義されている可変部分の両方を読み込むことができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

CCPおよびXCPを測定/キャリブレーションのプロトコルとして使用するには、ASAP2記述ファイルを用いることが前提条件の1つとなります。ASAP2 Tool-Setの目的は、ASAP2記述ファイルの作成とチェックです。ASAP2 Tool-Setには、コマンドラインから起動され、初期化ファイルにより設定される以下の6つのプログラムが含まれています。ASAP2 Editorは、ダイアログベースのユーザーインターフェイスであらゆる情報を入力、編集することができる大変便利なツールです。

 

詳細はこちら

さらに表示

CANalyzerとは、バス通信の解析だけではなく、直感的な操作によりバスへの刺激入力を行うことのできる総合ソフトウェアツールです。 CANalyzerを使用して、バス上で通信が行われているか、また行われている場合はその通信タイプを調べることができます。また、データの送信やログ の記録もできます。CANalyzerは、初心者には強力なベーシック機能、上級ユーザーには豊富な詳細機能を提供しているため、あらゆる用途に対応して します。

 

詳細はこちら

さらに表示

CANapeの主要な適用エリアは、電子制御装置のパラメータ化(キャリブレーション)の最適化です。パラメータ値をキャリブレートし、同時に測定信号をシステムの実行時に取得します。たとえば、CANapeとECUの間の物理的なインター フェイスは、CCPまたはXCPを備えたCANバスによって作成されます。

詳細はこちら

さらに表示

CANdelaStudioは、CANdela 製品ファミリーの中核となる製品で診断通信仕様書を作成するためのツールです。CANdelaStudioを使用して、容易に診断機能と診断データの定義 を行うことができます。作成した仕様書はXML形式のデータベースです。

詳細はこちら

さらに表示

CANdesc (desc = diagnostic embedded software component) は、CANdela製品ファミリーの一員で、ECUの診断機能を実装するソフトウェアコンポーネントです。CANdescを利用することで自動車メーカー や車両モデルにかかわらず、正しいプロトコルの診断機能を簡単に実装できるようになります。CANdescは、CAN、MOST、FlexRay経由の診 断通信に対応しています。これら以外のバスシステムについても、抽象化されたトランスポート層のインターフェイスを利用して対応できます。

詳細はこちら

さらに表示

CANoeは、ECUネットワーク全体と単体ECUの開発、テスト、解析のための総合的なツールです。分散システム全体あるいは個々のECUのプランニン グ から立ち上げまで、開発プロセス全体を通して、自動車メーカーおよびサプライヤーのネットワーク設計者、開発エンジニア、テストエンジニアを支援 します。

詳細はこちら

さらに表示

DiVaは、CANoeのオプションです。DiVaはCANoeの機能を拡張し、ECUの診断通信機能の評価を行うテストモジュールの自動生成と、その自動実行を可能にします。診断データベースを利用して、ECUの個別仕様に対応したテストを生成します。

 

詳細はこちら

さらに表示

DaVinci Developer Adaptive (formerly DaVinci Adaptive Tool Suite) is the optimal tool for successfully configuring AUTOSAR Adaptive projects. In addition to the actual configuration, DaVinci Developer Adaptive combines all other working steps for Adaptive MICROSAR from Vector. This includes the validation and generation of source code and the associated configuration files.

More Information

さらに表示

DaVinci Configurator ProはAUTOSAR ECU上の ベーシックソフトウェア (BSW) およびRTE (Runtime Environment) の設定、検証、生成で中心的な役割を果たすツールです。DaVinci Configurator Proでは、ベクターのMICROSARモジュールに加えて、お客様独自のベーシックソフトウェアもご利用いただけます。

 

詳細はこちら

さらに表示

DaVinci Developerは、AUTOSARソフトウェアコンポーネント (SWC) の設計を行うためのツールです。グラフィカルなエディターにより、ECUのためのアプリケーションソフトウェアの構造とインターフェイスを、短時間でわか りやすく作成することや、それらをECUのベーシックソフトウェア (BSW) とスムースに統合することができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

Indigoは、だれでも簡単に使える診断テスターです。通信に必要な設定はすべて自動で行われますので、面倒な通信プロトコルに悩まされることがありません。簡単な操作で車両全体の状態を一覧したり、個別のECUの診断データを確認したりできます。 Indigoは、実際に利用される場面を想定して開発されており、診断作業に必要な種々の機能をあらかじめ用意しています。Indigoを使えば、診断を伴うさまざまな業務を最小限の労力で簡単に、そして便利に行えるようになります。

 

詳細はこちら

さらに表示

MDF4 Libは、MDFファイルのソートやアプリケーションの読み込み時に使用できる非常に便利な関数ライブラリーです。 広く使用されているMDF3形式に加え、ASAMの新しい標準形式であるMDF4形式にも対応しています。このライブラリーでは、MDFファイルに含まれ るシグナルデータや補足情報に簡単にアクセスできる便利なC++インターフェイスを提供しており、MDFのバージョン(3.x/4.x)を問わず使用できます。

 

詳細はこちら

さらに表示

ODXStudioは、ODX形式データを作成するための、使いやすいオーサリングツールです。実際に使われているすべてのODXカテゴリーに対応しており、ODXデータを利用した開発プロセスのプラットフォームとして利用するのに最適です。

 

詳細はこちら

さらに表示

PREEvisionは、アーキテクチャー設計から量産開発段階までサポートする、モデルベース電気/電子 (E/E) システム開発用ツールです。アーキテクト、ネットワーク設計者、開発エンジニア、テストエンジニアを開発プロセス全体でサポートします。アーキテクチャー 設計、要求管理、安全関連のシステム、AUTOSARシステムアーキテクチャーをサポートする多面的機能により、開発プロジェクトを支援します。

 

詳細はこちら

さらに表示

vCDMは、キャリブレーションにおけるチーム作業の効率的な連携をサポートするプラットフォームであり、データベースによる成果物の一元管理が可能で す。成果物を効率的にマージし、潜在的なデータの競合を回避または検出して解決します。すべての変更はシームレスにトラッキングできます。世界中に分散す るチームを最新のアプリケーションアーキテクチャーでサポートします。キャリブレーター用の強力な作業環境として実績のあるパラメーターエディタCDMス タジオで、キャリブレーションデータをグラフィカルに表示して操作することができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

vCDMstudioは、パラメーターセットファイルの編集を効率よく行うためのツールです。ECUキャリブレーションで作成されたパラメーターの表示、比較、編 集を簡単に行うことができます。複雑なタスクを解決する際には、フィルターを使用して画面に表示されるパラメーターの数を制限できます。パラメーター値の キャリブレーションに加えて、他のファイルから値を取得して、新しいバージョンレベルを作成するために取得した値をマージできます。

 

詳細はこちら

さらに表示

vFlashは、複数のECUのリプログラミングにも対応した非常に使いやすいツールです。テンプレートを入れ替えることにより、さまざまな自動車メーカーのフラッシュ仕様に対応でき、すでに50種類以上のテンプレートをご用意しています。

 

詳細はこちら

さらに表示

vMeasure expはラボで、試験装置で、そしてテスト走行や耐久試験中にエンジニアを効率よくサポートする、柔軟性の高い測定ソフトウェアソリューションです。 vMeasure expを使用することにより、物理値、ECU内部シグナル、車両バス経由で送信されたシグナルを簡単に記録できます。

 

詳細はこちら

さらに表示

vSignalyzer は、あらゆるタイプの測定データを効率に評価できる便利なツールです。データの視覚化のためのさまざまな機能と、手動または自動での解析およびレポート機 能を提供します。ネットワーク開発、解析、ECU キャリブレーションに必要な測定データを各種ファイル形式から読み込むことができます。豊富な関数ライブラリーと統合されたデータ解析機能を使用して、重要事項に焦点を絞って手動または自動で測定データを評価することができます。また、その結果を文書化するための強力なレポート機能と印刷機能を備えていま す。

 

詳細はこちら

さらに表示

vTESTstudioは自動ECUテスト作成のための強力な開発環境です。テスト設計の効率を向上させ、再利用を簡単に行うため、 vTESTstudioにはプログラミングベース、テーブルベース、グラフィック表記を使ってテストシーケンスを作成する機能が装備されています。 vTESTstudioはモデルテストからシステムの妥当性確認まで、あらゆる製品開発フェーズで使用することができます。オープンインターフェイスによ り、vTESTstudioは既存のツールに簡単に組み込むことができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

CANoeテストパッケージEVはコンフォーマンステスト生成ツールです。これを使用することにより、電気自動車(EV)のCombined Charging Standard (CCS) 規格への適合性と相互運用性をテストできます。

詳細はこちら

さらに表示

DYNA4は乗用車および商用車のバーチャルテストドライビングのためのオープンなシミュレーション環境で、物理モデルには車両ダイナミクス、パワートレイン、燃焼機関、電気モーター、センサー、トラフィックなどが含まれています。

 

さらに表示

ECUの開発では、広範なCANコンフォーマンステストを行う必要があります。CANoeテストパッケージVAGは、このテストのためのCANoeコンフィギュレーションを作成します。作成された構成には、該当するVolkswagenテスト仕様に応じたテストシーケンスが含まれます。このテストシーケンスによりテストは完全に自動で行われ、いつでも繰り返し実行することができます。これによってテストの負担を最小限にすることができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

CANoe4SWは、サイバーフィジカルシステムのソフトウェアの開発、テスト、解析を目的とした包括的なツールです。サブシステムや分散システム全体はもちろん、個々のソフトウェアコンポーネントにも対応します。

 

詳細はこちら

さらに表示

BASELABS Create Embedded*は、組込システムに搭載される自動運転機能のためのデータフュージョンシステムを、高速かつ効率的に開発するためのソフトウェアソリューションです。この組込ライブラリには、レーダー、カメラ、LiDARセンサーなどから得られたデータを統合するフュージョンアルゴリズムが含まれています。

 

詳細はこちら

さらに表示

CANape logは、測定/キャリブレーションツールのCANapeとベクターロガーハードウェアを組み合わせた高機能なソリューションで、ベクターの新しいスマートロガーファミリーの一部です。CANapeをスタンドアローンのロガーとして使用することで、その多彩な機能、非常に高いデータレート、柔軟なスケーラビリティーを、特にADAS開発などを目的として自動車環境で活用できます。

詳細はこちら

さらに表示
さらに表示

ベクターの自動車用OTA (Over-The-Air) ソリューション、vConnectをお使いいただけば、ベクターのノウハウを活用して新しいビジネスチャンスを創出できます。vConnectはモジュール式のフレームワークに基づいており、特に話題に上がることの多い、OTAでのソフトウェアアップデート、ライブ診断、データコレクションという3つのユースケースをベクターでは準備しています。

 

詳細はこちら

さらに表示

組込ソフトウェア用テストプラットフォームであるVectorCASTは、ソフトウェア開発のライフサイクル全体にわたってテスト作業を自動化する製品ファミリーです。

 

詳細はこちら

さらに表示

vMDM (Vector Measurement Data Management) は、開発、テストベンチの運用、車両テストで発生する大量のデータを効率的に管理するためのソリューションです。

詳細はこちら

さらに表示
さらに表示

vVIRTUALtargetは、一般的なあらゆるAUTOSAR向けプロジェクトの仮想ECUを生成するソフトウェアです。ECU開発プロセス全体を通して、機能/ソフトウェアの開発者、ソフトウェアインテグレーター、テストエンジニアを支援します。

 

詳細はこちら

  •  
さらに表示

トレーニング

Training

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。