ベクターD-PDU API
D-PDU API(ISO 22900-2)による車両との通信

ベクターD-PDU API

ベクターD-PDU APIは、ISO 22900-2で標準化された、車両通信インターフェイス(VCI)にアクセスするためのプログラミングインターフェイスです。

ベクターD-PDU APIは、通信の足元になるVCI(特に通信プロトコルの実装)を抽象化します。

このためD-PDU APIをベースとするアプリケーションはVCIに依存せず標準化されたAPIで作成することができ、特に通信プロトコルの実装を考慮する必要がありません。

関連情報

ファクトシート:

さらに表示

 

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示

特長

既存のベクターハードウェアの使用

  • ベクターD-PDU APIを使用して既存のベクターネットワークインターフェイスをD-PDU用にも拡張することで、短時間で適切なアプリケーションに対応することができます。

最適なパフォーマンス

  • ベクターD-PDU APIは、パワフルなベクターネットワークインターフェイスの柔軟性と機能を利用します。そのため、アプリケーションに最適なパフォーマンスを実現できます。

同時通信

  • ベクターD-PDU APIは、ベクターネットワークインターフェイスの1つのチャンネルを他のベクター製ツールと共有することができます。そのため、CANoe、CANalyzer、CANapeなどで同じチャンネルに対して測定/解析タスクを並行で実行しつつ、お客様固有のアプリケーションでD-PDU APIを使用してバスにアクセスすることができます。これにより、D-PDU APIベースのアプリケーションではトラブルシューティングが容易になるなどの利点もあります。

コストパフォーマンスに優れたソリューション

  • ベクターD-PDU APIは、ベクターネットワークインターフェイスをすでに利用していて、さらにISO 22900-2ベースのアプリケーションの使用や開発も行う自動車メーカーやサプライヤー向けの、コストパフォーマンスに優れたソリューションです。そのため、ベクターのバスインターフェイスをお客様固有の診断/フラッシュアプリケーションにも使用することができます。追加のVCIハードウェアは不要です。

適用分野

D-PDU APIを使用したアプリケーションアーキテクチャー
D-PDU APIを使用したアプリケーションアーキテクチャー

ベクターのD-PDU APIをECUの開発および診断分野に使用して、診断テスターなどの、自動車メーカー固有のさまざまなアプリケーションを作成することができます。32bitまたは64bitライブラリーをベースにして、32bitまたは64bitアプリケーションを柔軟かつ効率的に開発できます。そのため、開発者はアプリケーションのロジックに集中することができます。

 

また、D-PDU APIにより、ISO 22900-3準拠の診断サーバーをベースとするアプリケーションでベクターネットワークインターフェイスを使用できるようになります。

機能

対応バスシステム:

  • CAN、CAN FD、Ethernet(DoIP)

対応標準規格:

  • ISO 22900-2:2017

対応ISO 22900-2プロトコル:

  • ISO UDS on CAN(ISO_15765_3_on_ISO_15765_2)
  • KWP2000 on CAN(ISO_14230_3_on_ISO_15765_2)
  • ISO RAW CAN(ISO_11898_RAW)
  • ISO OBD on CAN (ISO_OBD_on_ISO_15765_4)
  • ISO UDS on DoIP (ISO_14229_5_on_ISO_134000_2)

マルチチャンネルのサポート

  • ベクターネットワークインターフェイス(VN7572やVN8970など)1つに対し、最大8つのCAN/CAN FDチャンネルをサポート

対応ネットワークインターフェイス

ベクターD-PDU APIライブラリーをベクターのCANおよびEthernetネットワークインターフェイスで使用できます。