PassThru XL Library
SAE J2534ベースのアプリケーションにベクターネットワークインターフェイスを使用

PassThru XLライブラリー

ベクターインターフェイスハードウェアとベクターPassThru XLライブラリーを組み合わせると、J2534準拠のPassThruインターフェイス/デバイスを実現できます。

 

同時に、CANoeやCANapeなどのベクター製ツールを同じネットワークインターフェイスで操作することができます。そのため、1つのインターフェイスだけでJ2534アプリケーションとベクターの各種開発ツールの両方を操作できます。

特長

  • ベクターネットワークインターフェイス用の標準通信ドライバー
  • ISOトランスポートプロトコルの実装
  • 自動車メーカー固有のJ2534アプリケーションで、ベクターネットワークインターフェイスを利用
  • ベクターネットワークインターフェイスでJ2534アプリケーションとベクターの各種ツール(CANoe、CANapeなど)を同時に操作可能
  • ハードウェア仕様や通信プロトコルに依存しない、標準仕様に従ったプログラミングインターフェイス

適用分野

車載エレクトロニクス開発や車両診断の分野では、ECUと通信する自動車メーカー固有のアプリケーションが多数あります。これらのアプリケーションが自社開発の独自通信ソリューションの使用を前提としている場合、通信を実現する機能も独自のものとなり、それぞれのアプリケーションが対応しなければなりません。

再利用可能なモジュールタイプのソリューションは、コストと開発の手間を削減するのに役立ちます。SAE J2534 PassThru標準規格は、ECU診断とECUリプログラミングに使用できる共通の通信ドライバーについて定義しています。J2534プログラミングインターフェイスをベースに作成された診断/リプログラミングアプリケーションは、さまざまなメーカーのPassThruハードウェアデバイスを使用できます。そのため、アプリケーションに変更を加えなくても通信レイヤーの交換が可能です。

このような理由から、最近の自動車開発や整備では、PassThruインターフェイスを使用したECU診断/リプログラミングに関心が高まっています。米国市場で販売される自動車については、ECUのリプログラミング用にPassThruベースのアプリケーションを提供するよう自動車メーカーに義務付ける法的要求が2004年から施行されています。

ベクターPassThru XLライブラリーは、ベクター製の開発ツールとベクターネットワークインターフェイスをすでに使用していて、さらにJ2534ベースのテスト/フラッシュアプリケーションの利用や開発も行う自動車メーカーやサプライヤー向けの、コストパフォーマンスに優れたソリューションです。

機能

PassThru XLライブラリーは、J2534-1標準規格と、J2534-2標準規格のうち特に重要なGM固有の機能に対応しています。

ライブラリーには32bitバージョンと64bitバージョンがあります。

対応プロトコル:

  • ISO15765: 完全対応
  • SW_ISO15765_PS: 対応(ピン切替えなし)
  • ISO15765_PS: 対応(ピン切替えなし)
  • ISO15765_FD_PS: 対応(GMW17753ベース)
  • CAN: 完全対応
  • SW_CAN_PS: 対応(ピン切替えなし)
  • CAN_PS: 対応(ピン切替えなし)
  • CAN_FD_PS: 対応(GMW17753ベース)

対応API関数:

  • PassThruOpen
  • PassThruClose
  • PassThruConnect
  • PassThruDisconnect
  • PassThruReadMsgs
  • PassThruWriteMsgs
  • PassThruStartPeriodicMsg
  • PassThruStopPeriodicMsg
  • PassThruStartMsgFilter
  • PassThruStopMsgFilter
  • PassThruReadVersion
  • PassThruGetLastError
  • PassThruIoctl(ISO15765パラメーターのサブセットあり)

対応ネットワークインターフェイス

ベクターPassThru XLライブラリーをベクターCANネットワークインターフェイスで使用できます。

 

関連情報

ファクトシート:

さらに表示

ダウンロード