VT7971

テクニカルデータ

VT7971 – Vertexcom PLCチップベース
Control Pilot (CP) PWM信号生成制御
  周波数(範囲/分解能) 900Hz~1.1kHz/0.1Hz
  デューティーサイクル(範囲/分解能) 1%~99%/0.1%
  電圧(範囲/精度) -15V~15V/±1%
  立ち上がり/立ち下がり時間(PLCカプラーなし、負荷なし) 最大2µs
Control Pilot (CP) PWM信号測定
  周波数(範囲/分解能) 900Hz~1.1kHz/0.1Hz
  デューティーサイクル(範囲/分解能) 0%~100%/0.1%
  電圧(範囲/精度) -15~15V/±1%
Proximity Contact (PP) 電圧測定
  設定範囲 0~5V
  精度 ±1%
フォールトシミュレーション
  容量性負荷(Cs、Cv)  
  – 設定範囲 0~6.3nF
  – ステップ幅 100pF
  抵抗値許容差(R1、R2、R3)  
  – 調整可能値 公称値、公称値+3%、公称値-3%
基本データ
  供給電圧(バックプレーン経由) 12V±10%
  電力消費 定格7.7W
  温度範囲 0~55℃
  寸法 300 x 173 x 36mm
  重量 約500g

回路図

VT7971の回路図: EVSEシミュレーション
VT7971の回路図: EVシミュレーション

関連ページ

VTシステム

効率的なECUテスト環境のためのモジュール式テスト環境

詳細情報

スマート充電通信テストモジュール

VT7971は、ISO 15118に準拠したスマート充電通信をテストするための専用モジュールです。電気自動車(EV: Electric Vehicle)と充電ステーション(EVSE: Electric Vehicle Service Equipment)のテストに使用できます。

 

スマート充電通信モジュール: VT7971(Vertexcom PLCチップベース)

主な特徴:
VT7971

モジュールの機能

  • 電気自動車(EV)および/または電気自動車充電設備(EVSE: Electric Vehicle Service Equipment)のシミュレーション
  • Control Pilot (CP) PWM通信のテスト
    • IEC 61851-1 Annex Aに準拠した回路
    • CANoeのシステム変数を使用してPWM信号の生成と測定が可能
    • 外部の装置を使用してPWM信号の生成および測定も可能

  • 電力線通信(PLC:Power Line Communication)
    • Vertexcom Green PHYモジュールを内蔵
    • RJ45ソケットを介してCANoeとEthernet接続

  • Control Pilotのフォールトシミュレーション
    • 断線模擬
    • Protective Earth (PE) との短絡

  • コンポーネント公差のシミュレーション
    • 内蔵のキャパシターにて、容量負荷を模擬
    • 関連する抵抗を最小値、最大値、公称値で制御可能
    • PWM信号のパラメーター(周波数、デューティーサイクル、電圧)を変更可能

  • Proximity Contact(PP)電圧の測定
  • 他のVTシステムに対して、アプリケーションボードは電気的に絶縁
VT7971: 各部詳細