VT1104

負荷および測定モジュール

VT1104モジュールは、最大4個のECU出力(実際の車両におけるサーボモーターやランプなどのアクチュエーター駆動用)に接続できます。

VT1104は、VT1004Aを60V用に改良したものです。ほとんどのリレーをソリッドステート・リレーに変更し、測定範囲を調整しました。

負荷および測定モジュール: VT1104

主な特徴
VT1104

各チャンネルの機能

  • 実負荷やバスバーへの信号線はリレーを介して切り替えられます。リレーを使用して、GNDやバッテリー電圧への短絡を発生させたり、実負荷へのライン接続を断線させたりできます。

  • 入力短絡用のリレー

  • 定電流/定抵抗用の電子負荷(過負荷防止機構付き)

  • 電圧測定(瞬時値、平均値、実効値計算機構付き)

  • PWMの測定(周波数、デューティーサイクル、High/Low電圧レベル

また、リレーを使用して、2つのバスバーに接続されている2線を反転させることもできます(モジュールの全チャンネル共通)。

VT1104:各部詳細

テクニカルデータ

VT1104
  入力電圧 -60V ~+60V
  定常電流(リレー閉時) 16A
  最大電流≤10s(リレー閉時) 30A
  電圧≤±18V時の最大開閉電流 25A
  電圧≤±32.7V時の最大開閉電流 8A
  電圧≤±40V時の最大開閉電流 4A
電子負荷
  定抵抗モード  
  – 動作範囲 1.5 ~ 1,000Ω
  – 精度(抵抗≤20Ω、電圧≥±12V) ±5%
  定電流モード  
  – 動作範囲 0.1 ~ 10A
  – 精度 ±50mA
  設定時間 30ms
  負荷容量(全チャンネルの合計) 定格30W
  ピーク負荷(≤2s) 最大120W
電圧測定
  精度(25℃時) ± (1.2% + 80mV)
  A/Dコンバーター(各チャンネル内) 16Bit/250kSamples/s
  PWM測定周波数 20 mHz~200kHz
基本データ
  供給電圧(バックプレーン経由) 12V ±10%
  電力消費(全リレーのオフ時) 定格4.5W
  電力消費(12個のリレーのアクティブ時) 定格20W
  動作温度範囲 0~55 °C
  寸法 300 x 173 x 36mm
  重量 約1,150g

回路図

VT1104のチャンネル回路図(1回路)

関連製品

VTシステム

効率的なECUテスト環境のためのモジュール式テスト環境

詳細情報