VTシステム
効率的なECUテストのためのモジュール式テスト環境

モジュール式テストハードウェア

VTシステム

ECUを詳細にテストするには、通信ネットワークだけでなく、I/Oインターフェイスをテストシステムに接続する必要があります。
 

これはVTシステムで実現することができます。VTシステムは、I/Oチャンネル接続に必要なすべてのコンポーネントを統合することにより、テストベンチとHILテストシステムのセットアップを簡素化します。

I/Oチャンネルの例としては、ヘッドライトを制御するECUの出力や、照度センサーを接続するための入力などが挙げられます。

特長

  • 関連するすべてのテストコンポーネントを1つの装置に統合

    • 信号調整機能を備えた測定ハードウェア
    • 短絡などに利用可能なリレーを実装
    • アクチュエーターシミュレーション用の電子負荷
    • センサーシミュレーション用のディケード抵抗

  • テスト環境構築の配線作業を最小限に
  • 自動車用アプリケーションに適した電圧範囲
  • CANoeへのシームレスな統合が可能

アプリケーション領域

VT システムを使用することで、ECU および車載ネットワークのテストシステムを構築することができます。CANoe はVT システムを制御するために使用します。VT システムはモジュール式のため、簡単なテストセットアップから複雑なテストシステムまでのソリューションを提供します。

  • ECUごとの専用テストシステム
  • ECU およびサブシステム用のユニバーサルテストシステム
  • デスク上で使用できる柔軟なテストハードウェア

VTシステムのコンセプト

ECUの機能テストにおいては、実車環境と同等のテスト環境で実施する必要があります。

ECUのI/Oラインは、VTシステムに接続され、必要に応じて実際のセンサーやアクチュエーターも接続します。CANoeをインストールしたPCとVTシステムは、Ethernetベースの高速リアルタイムネットワークを使用して接続します。これにより、柔軟なテストシステムを容易に構築できます。

車両内のECU環境

車両内では、ECUは他のECUとバスインターフェイスを介して通信します。バッテリーから電力が供給され、I/Oラインを介してセンサーとアクチュエーターが接続されます。
さらに表示

実際の負荷とセンサーを使用したテスト

VTシステムはECUのI/Oラインと、実際のセンサーやアクチュエーターの間に配置されます。CANoeが自動テストを実行し、残りのネットワークノードをシミュレーションします。
さらに表示

アクチュエーターとセンサーのシミュレーションによるテスト

VTシステムではセンサーやアクチュエーターのシミュレーションも可能です。これによって希望するあらゆるテスト状況やエラーケースを再現できます。
さらに表示

新製品

電流測定モジュール

 

VT2808

シャント抵抗器を利用した電流測定

► VT2808詳細

スマート充電通信テストモジュール

 

VT7971

ISO 15118に準拠したスマート充電通信をテストするための専用モジュールです。

► VT7971詳細

モジュール式テスト用ラック

筐体

VTシステムは非常にスケーラブルで、開発者用ワークステーションを用いた小規模かつ補助的なテストツールから包括的な機能テスター、さらには実験室でのHILシステムに至る、さまざまな複雑度、機能を備えたテストシステムのセットアップに使用できます。

各モジュールには汎用的な設計が施されており、そのテストシステムは多彩な目的やタスクに手間なく利用できます。

9.5"デスクトップケース
正面図: 9.5"デスクトップケース、フル搭載時
19"デスクトップケース
正面図: 19"デスクトップケース、フル搭載時
19"システムラック
正面図: 19"システムラック、フル搭載時
HILキャビネット
正面図: HILキャビネット、カスタマイズ時

バックプレーン

バックプレーンはラックの下部4分の1を占めています。その上のスペースではVTシステムのプラグインモジュールの背面にアクセスできます。

バックプレーンにはCANoe PC用のEthernet接続が用意されており、すべてのVTモジュールに動作用の12V電圧を供給します。装着されている各VTシステムモジュールは、バックプレーンを介してEtherCat®バスにも接続されます。2個目のEthernetコネクターを通じて複数のVTシステムのラックを接続することにより、テストシステムを拡大できます。ベクターでは組立を完了したテスト用ラックもプロジェクトベースで提供しています。

 

VT8006A
VT8006Aバックプレーンの外部コネクター

9.5インチデスクトップハウジングには、VT8006Aバックプレーンを利用して6枚のVTモジュールを搭載できます。

 

さらに表示
VT8006A、VT8012A
スロット数 6 (VT8006A)、12 (VT8012A)
供給電圧 12V±10%
入力電流 最大16A。プラグインVTモジュールの種類と枚数に依存
電力消費(バックプレーンのみ) 約3.8W
温度範囲 0~55℃
寸法 210 x 46 x 35mm (VT8006A)、427 x 46 x 35mm (VT8012A)
さらに表示
VT8012A
VT8012Aバックプレーンの外部コネクター

VT8012AバックプレーンはVT8006Aの大型版です。19インチデスクトップケースまたは19インチラックフレーム(4U)に、12枚までVTモジュールを搭載できます。

 

さらに表示

モジュールの概要

VTシステムは包括的なECUテストのための高性能のモジュール式テストシステムです。このシステムは各種ハードウェアモジュールから構成され、CANoeとの連携によって、ECU機能や重要なエラーケースのテストを目的とした、高機能で柔軟なソリューションを実現できます。

 

 

測定 + 刺激入力モジュール   刺激入力モジュール
負荷および測定モジュール(40V)
 
刺激入力モジュール
► VT1104
負荷および測定モジュール(60V)
  ► VT2516A | VT2516A FPGA
デジタルモジュール
► VT2816 | VT2816 FPGA
汎用アナログI/Oモジュール
  ► VT7820
ローテーションセンサーモジュール
► VT2848 | VT2848 FPGA
汎用デジタルI/Oモジュール
  ► VT2816 | VT2816 FPGA
汎用アナログI/Oモジュール
    ► VT2848 | VT2848 FPGA
汎用デジタルI/Oモジュール
     
ネットワークインターフェイスモジュール   電源制御モジュール
► VT2710
シリアルインターフェイスモジュール
  ► VT7001A
電源モジュール(40V)
► VT6104A
ネットワークインターフェイスモジュール
  ► VT7101
電源モジュール(60V)
► VT6204
ネットワークインターフェイスモジュール(FlexRay)
  ► VTC8920B
 VTシステム用電源モジュール
► VT6306
Ethernetネットワークモジュール
   
     
リアルタイムモジュール   フォールトインジェクション + スイッチングモジュール
► VT6011
リアルタイムモジュール
  ► VT2820
汎用リレーモジュール
► VT6051A
リアルタイムモジュール
  ► VT2832
スイッチマトリクスモジュール
     
スマート充電通信モジュール   拡張モジュール
► VT7970
スマート充電通信テストモジュール
  ► VT7900A | VT7900A FPGA
拡張モジュール

 

ユーザーが定義可能なFPGA領域

VTシステムには、標準機能とは別にユーザーが定義可能なFPGA領域を利用できるモジュールもあります。このFPGA領域はVTシステムモジュールのI/Oインターフェイスにアクセスし、CANoeと通信を行うことができるため、お客様固有の機能を実装することが可能です。

     

関連ページ

CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら
vTESTstudio

組込システムのための自動テストシーケンスの開発が容易に

詳細はこちら
DYNA4

バーチャルテストドライビングによるクローズドループシステムテストで、機能開発を効率化

詳細はこちら
ADAS HIL-System

Closed-loop system tests with consistent workflows, from early development stages to HIL testing.

Go to Page
  • VTシステムモジュールの標準機能でカバーされていない測定データの調整、またはシグナル生成が可能に
  • CANoeでタイムクリティカルな機能をソフトウェアベースで実行する代わりに、FPGAのハードウェアで実行可能
  • VHDLまたはSimulink®を用いてFPGAの機能を記述
  • VTシステムのFPGA ManagerによるFPGAプロジェクトの容易な開発および管理
さらに表示
ユーザーが定義可能なFPGA
対応モジュール
VT1004、VT2004A、VT2516A、VT2816、VT2848、VT7900A
FPGAシリーズ
Altera® Cyclone IV E
FPGAタイプ
EP4CE75
FPGAサイズ(ロジックエレメント)
75000LE
利用可能なクロック周波数
10、40および80MHz

 

さらに表示

関連情報

ファクトシート

 

プロダクトインフォメーション

 

製品資料

 

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

動画

Don't feel like reading? Then take a look at the videos.

モジュール式テスト用ハードウェアのVTシステムとCANoeとを使用することにより、HILテストをいかに効率よく実施できるかをご覧ください。※英語でのご紹介です

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。