VP6400 / VP7400
自動車用スマートロガーアプリケーションのためのコンパクトで高性能なプラットフォーム

VP6400/VP7400 – スマートロガーアプリケーションのためのプラットフォーム

VP6400/VP7400は、車両のバスメッセージ、ビデオストリーム、レーダー生データ、ECU内部の測定データを時間同期して同時に記録するために設計された、高機能で堅牢な専用のハードウェアプラットフォームです。これらはロギングレートが高いため、ADASプロジェクトに適しています。

VP6400とVP7400のどちらにも、CANape logまたはvMeasure logが付属するスマートロガーのバリアントが用意されています。VP7400は、ベクター製ツールがプリインストールされたWindowsコンピューターとしてご購入いただくこともできます。

VP6400はシンプルなADASアプリケーション向けで、VN5240 Ethernetインターフェイスとの組合せは、Ethernetデータのロギングに非常に適しています。これらのデバイスは同じフォームファクターを使用しているため、スタックも容易です。VP7400は複雑なADASアプリケーションにおける高いデータレートでのロギングに使用され、VX1161マルチベースモジュールと組み合わせることにより、最適なロギングを実現します。

主な特長

  • 最大1GB/秒(VP6400は500MB/s)のレートで測定データを継続的にロギング
  • 車両での使用に適したコンパクトで堅牢な設計
  • 10Gbit/秒EthernetやUSB 3.0/3.1など、高データスループットに対応するインターフェイスを多数装備
  • IEEE 1588 (PTP) 時間同期
  • -25℃から+70℃に対応した広範囲な使用温度範囲
  • 最大容量16TBの交換可能な保存用カートリッジ
  • VP6400: オプションでCANおよびLIN用バスインターフェイスを提供
  • VP7400: オプションで8個のGen 3.0 PCIeスロットを提供し、ネットワークインターフェイスを追加

機能とアプリケーション

CANape log/vMeasure logを使用したスマートロガー

VP6400およびVP7400は、CANape logまたはvMeasure logと組み合わせることにより、高性能なスタンドアローンのスマートロガーとして使用できます。本体の設定にはCANapeかvMeasure expのいずれかをインストールしたPCが必要です。CANapeの既存のプロジェクトを、手早く簡単なプロセスでVP6400/VP7400にダウンロードできます。ロギング中は設定用のPCは必要ありません。測定のモニタリングには、モバイルデバイス用のブラウザーベースのユーザーインターフェイスを利用できます。このインターフェイスには、個々の測定シグナルのほか、残りのメモリー容量などのステータス情報も表示できます。

製品ポートフォリオ

 VP6000プラットフォーム  
VP6440 Processing and Logging Platform VP6400プラットフォーム
VP6450 Processing and Logging Platform VP6400プラットフォーム + CAN×6またはCAN×4およびLIN×2
VP6240-4 Storage Cartridge 4 TB 交換可能SSDメモリーモジュール
VP7000プラットフォーム  
VP7440 Processing and Logging Platform VP7400プラットフォーム + ストレージベイ
VP7470 Processing and Logging Platform VP7400プラットフォーム + ストレージベイおよびPCIeアドオン
VP7240-4 Storage Cartridge 4 TB 交換可能SSDメモリーモジュール
VP7240-8 Storage Cartridge 8 TB 交換可能SSDメモリーモジュール
VP7240-16 Storage Cartridge 16 TB 交換可能SSDメモリーモジュール
VP7110 UPS 無停電電源装置(160W、200 Wまでの負荷に対応)
VP7140 Docking Station for VP7240 保存用カートリッジ読出し用Thunderboltドッキングステーション

テクニカルデータ

  VP6400 VP7400
プロセッサーおよびメインメモリー  
  • インテルCore i3-8100H(4コア、動作周波数2.60GHz)
  • 内蔵SSD(容量128GB)
  • 16GB RAM
 
 
  • インテルCore i7-6820EQ(4コア、動作周波数2.8GHz)
  • 内蔵SSD(容量256GB)
  • 32GB RAM
 
Ethernet  
  • 10Gbit/秒Ethernet (RJ45)×2、ハードウェアタイムスタンプ付き
  • 1Gbit/秒Ethernet (RJ45)×3、ハードウェアタイムスタンプ付き×2
 
 
  • 10Gbit/秒Ethernet (RJ45)×2
  • 1Gbit/秒Ethernet (RJ45)×6、ハードウェアタイムスタンプ付き×5
 
USB  
  • USB 3.1ホストポート×3
 
 
  • USB 3.0ホストポート×4
 
その他のインターフェイス  
  • 内蔵GNSSレシーバー
  • モバイルユーザーインターフェイス用無線LANオプション(EUのみ)
  • LTE/UMTSオプション(EUのみ)
  • ロガー用アクセサリー接続用AUXソケット
  • Clamp 15およびハードウェア時間同期のためのベクターSyncソケット
 
 
  • 電源管理用制御シグナル
  • GPIO(入力×4、出力×4)
  • 内蔵GNSSレシーバー
  • モバイルユーザーインターフェイス用無線LANオプション
  • トリガーのコメントを記録するためのマイクロフォン入力
  • CFastメモリーカード用スロット
  • ディスプレイポート
 
時間同期  
  • IEEE 1588 (PTP)、GNSSベースのUTC時間を使用
  • ベクターハードウェアSyncライン
 
 
  • IEEE 1588 (PTP)、GNSSベースのUTC時間を使用
 
ユースケース  
  • スマートロガー: CANape log/vMeasure logを自動ロギングソリューションとして使用
  • 車載PC(VP7400のみ): Windows 10 IoT 64bit版にCANapeなどをインストール
 
動作温度範囲  
  • VP6400プラットフォーム: -25℃~+70℃
  • VP6420保存用カートリッジ: 0℃~+70℃
 
 
  • VP7400プラットフォーム: -25℃~+70℃
  • VP7240保存用カートリッジ: 0℃~+70℃
 
電源  
  • 12Vおよび24 Vの両方の電気系統に対応
  • 6.5Vまでの電圧低下を許容
  • 消費電力は50W~155W(設定および動作モードに依存)
 
 
  • 12Vおよび24 Vの両方の電気系統に対応
  • 6.5Vまでの電圧低下を許容
  • 消費電力は110W~200W(設定および動作モードに依存)
 
筐体  
  • 堅牢なアルミニウム性プロファイル筐体
 
寸法
(WxHxD)
 
  • 216 x 84 x 250mm(H: 2 Rack Units)
 
 
  • VP7440: 320 x 66 x 250mm(1.5 Rack Units)
  • VP7470: 320 x 110 x 250mm(2.5 Rack Units)
 
認定  
  • CE / RoHS / REACH
 

 

関連製品

CANape log | 要求の厳しいADASログタスクに効率的かつ柔軟に対応

測定/キャリブレーションツールのCANapeとベクターロガーハードウェアを組み合わせた高機能なソリューション

詳細はこちら
vMeasure log

vMeasure logで複雑かつ高度なロギングタスクを簡単に

詳細はこちら
VX1000

データ転送速度を最大限にする拡張性の高い測定およびキャリブレーションハードウェア

詳細はこちら