VH6501の概要

VH6501は、CAN/CAN FD用の妨害発生ツールとCANoe用のネットワークインターフェイスが一体化した、コンパクトながら多機能なデバイスです。

特に、妨害ハードウェアとネットワークインターフェイスを組み合わせたことで、CAN/CAN FDのコンプライアンステストのテスト設定が大幅に簡素化し、追加のネットワークインターフェイスや専用のケーブルが不要になりました。

ギャラリー

画像:VH6501
正面図
画像:VH6501
バス側のコネクター:D-SUB9x2
画像:VH6501
USB側のコネクター:USB、D-SUB9、ホスト/Ethernet各1、電源/同期x2

特長

  • 妨害ハードウェアとネットワークインターフェイスをコンパクトなUSBデバイスに一体化
  • 広範なトリガーソースと妨害タイプ
  • 複雑な妨害を高精度で実現
  • 外部トリガーの出力
  • CANoeへシームレスに統合
  • テスト自動化のためのCAPL関数
  • アナログ/デジタル入出力機能
  • 他インターフェイスとの時間同期

適用分野

VH6501は、CAN/CAN FDネットワークに対し、ほぼあらゆる種類の妨害を正確に、しかも繰り返して発生させることができます。そのためこの製品は、CAN/CAN FDノードでのフォールト処理のテストに理想的なツールであるといえます。このようなテストは、CANoeテストパッケージVAGなどを使用して行われる、物理レベルのコンフォーマンステストには欠かせません。

 

機能

デジタル妨害

  • ドミナントおよびレセッシブレベルでの任意ビットシーケンス(レセッシブストレスを含む)
  • 1シーケンス内では最大4,096回のレベル変更が可能
  • 様々なトリガー条件をサポート

    • I/Oトリガー
    • フレームトリガー(SOF、フレーム、バスアイドル、エラーなど)
    • 異なるIDで妨害する等、フレームトリガーの組合せ(ワイルドカードも含め、最大32個の並行条件が利用可能)

 

アナログ妨害

  • 非同期、トリガー条件なし
  • 様々なエラーおよびテストモードのサポート

    • 短絡テスト
    • クロスワイヤー
    • RおよびCネットワークパラメーターの変更:

      • R:500Ω~25kΩ(非線形:マニュアルを参照)
      • C:100pf~10nF(非線形:マニュアルを参照)