VH5110
コンボ(CCS: Combined Charging System)の充電通信を手軽に解析

コンボ(CCS: Combined Charging System)の充電通信を手軽に解析

VH5110は「CCSリスナー」とも呼ばれ、これを使用することで、充電ステーション(EVSE)と電気自動車(EV)の充電通信であるCCSプロトコルを解析できます。VH5110は電力線通信(PLC: Power Line Communication) の技術を使ってControl
Pilot (CP) ライン上でやり取りされるデータを「リスン(待受け)」し、それらをCANoeで解釈可能なEthernetパケットに変換します。さらに、基本通信のPWM信号を測定し、それをシステム変数としてCANoeで表示できます。

 

機能概要

  • サイズが非常にコンパクトで、電気自動車または充電ステーションでの直接使用に最適
  • 複雑なMan-in-the-middleの設定がいらず、操作が簡単
  • 挙動が中間的であるため、通信に影響を与えない
  • 電気自動車と充電ステーションの間の通信をシームレスに待受け
  • Control Pilot (CP) シグナルに柔軟に接続:

    • 直接接続
    • 充電ケーブルを囲むインダクティブカプラーを用いた間接接続

ギャラリー

画像:ハードウェアVH5110
サイズがコンパクトであるため、車両と充電ステーションの通信解析に理想的。
画像:Ethernetコネクター
CANoeに接続するためのEthernetコネクター
画像:電源およびControl Pilotシグナルの接続
電源およびControl Pilotシグナルの接続

適用分野

電気自動車と充電ステーションの間のCCS通信を、シームレスかつ中間的に待受け:

 

  • 車両に充電通信ECUを統合するときのテスト
  • 相互運用性の問題や充電の中断をフィールドで解析
  • データロガーと接続し、充電プロセスをテスト車両内で継続的に記録

機能

  • IEC 61851に準拠したPWM通信の電圧、周波数、デューティーサイクルの測定
  • PLC通信の待受けとCANoeでの表示および解析を目的としたEthernetパケットへの変換
  • DIN 70121およびISO 15118プロトコルのSLACおよびV2Gメッセージをシームレスに待受け
  • HomePlug Green PHY仕様に完全に準拠
  • PLCノード間のHomePlug固有の通信を待受け

テクニカルデータ

  VH5110
電源用接続 MQS×1(接続ケーブル同梱)
通信用接続 CPシグナル用BNC×1
CANoe用Ethernet (10/100Mbit/s)×1
電源電圧 定格12V(±10%)
電力消費 定格1,000mW
オペレーティングシステム要件 Windows 10(32bit版または64bit版)
ソフトウェア要件
CANoe (バージョン12.0 SP3以上)
CANoeオプションEthernet
対応する標準規格 HomePlug Green PHY v1.1
温度範囲 動作時:0℃~+85℃
寸法(LxWxH、BNCコネクター含む) 約115 x 110 x 35mm
重量 約230g

関連情報

ファクトシート:


ユーザーマニュアル

さらに表示

関連ページ

E-モビリティ

ベクターはEVシフトにおける開発において、さまざまなソリューションを提供しています。

詳細はこちら
CANoe.SmartCharging

E-モビリティーのためのCANoe – 充電通信を解析、シミュレーション、テスト

詳細はこちら
CANoeテストパッケージEV

電気自動車用のコンフォーマンステスト生成ツール

詳細はこちら
Smart Charging With vSECC

Get to know our universal control unit for intelligent charging stations. Starter kit now available!

Go to Page