VH4110 - IoT Enabler
オープン | 拡張性 | プラグ&プレイ
VH4110 - IoT Enabler
オープン | 拡張性 | プラグ&プレイ

スマートデバイスをテストするためのUSBルーター

いわゆる「スマートデバイス」には、そのためのワイヤレスインターフェイスとプロトコルが幅広く存在します。しかもこれらのデバイスは自動車業界、医療技術、IoTアプリケーションなどの数多くの領域で使用されていますが、こういったデバイスのテストは必ずしも容易ではありません。

VH4110ハードウェアは、テスト対象のワイヤレスのスマートデバイスをインターネット接続を使用せずに開発/テストツールのCANoeにローカル接続する、「IoT Enabler」とも呼ばれる製品です。VH4110は市販のRaspberry Pi 4Bをベースとする小型で手軽なUSBハードウェアで、一般的なテスト設定では、ホストのCANoeとテスト対象デバイスをワイヤレスLANなどを介してローカルネットワークに接続し、それらを結ぶIP通信用のルーターとして使用できます。また、Bluetooth Low Energy (BLE) やZigBeeなどの、IP以外の無線プロトコルを使用するデバイスもローカルに接続することができます。

VH4110ハードウェアのネットワークはCANoeからしか使用できないため、専用のネットワーク権限や追加のファイアウォールフィルターなどは不要です。ベクターが提供するデバイスソフトウェアに、必要なワイヤレスプロトコルが実装されていない場合は、ユーザー自身が修正を加え、独自のネットワークインターフェイスやデバイスを追加することができます。

機能概要

オープンなシステム

  • 幅広いプロトコルをサポート
  • 個別の要件に柔軟に対応
  • Linuxベースのオペレーティングシステム

拡張性

  • ワイヤレスプロトコル用のデバイスを接続できる4つのUSBポート
  • 幅広いプロトコルを個別に実装可能

プラグ&プレイ

  • ホストPCへのドライバーのインストールやファイアウォールフィルターは不要
  • CANoeCANoe4SWからVH4110を直接実行可能

適用分野

ワイヤレスインターフェイスを経由したスマートデバイスのテスト

  • VH4110ハードウェアをテスト対象デバイス(DUT)にローカルで簡単に接続
  • 対応プロトコル:LAN/WLAN、ZigBee、BLEなど
  • その他のプロトコルも多数実装可能、SPI、I2C、UARTなどでの接続にも対応
     

新しいプロトコルや独自のプロトコルを使用するデバイスのテスト

  • 正式に公開されていない新しいプロトコルを使用してVH4110ハードウェアを拡張
  • 独自のプロトコルを実装
     

プロトタイプハードウェアのテスト

  • 必要に応じて独自のデバイスドライバーを実装
  • アプリケーションレベルでの機能テストなど、異なる抽象化レベルでのテストが可能な設計

機能

VH4110 IoT Enablerは非常にオープンでカスタマイズしやすい設計となっています。Linuxベースのオペレーティングシステムを搭載しているため、ニーズに応じた柔軟な適合が可能です。CANoeとの通信を制御するソフトウェアはPythonで記述されており、簡単に修正できます。他言語でのプログラム実装も可能です。

画像:VH4110ハードウェアを用いた一般的なテスト設定の例
このテスト設定にはアクセスポイント/ルーターとテスト対象デバイスが含まれており、ルーターとの通信や、無線プロトコル(Bluetooth Low Energy (BLE) など)経由の通信が可能なワイヤレスデバイスがVH4110ハードウェアのUSBポートに接続されています

テクニカルデータ

  VH4110 - IoT Enabler
ホストインターフェイス
  • インターフェイスのタイプ
  • USB電流容量
 
 
  • USB
  • 最低3A
 
電力消費(標準値) 3 W
温度範囲(環境)
0℃~+40℃
 
VH4110ハードウェアは標準室温で動作の信頼性が確保されるように設計されています。この範囲外での動作も可能ですが、必ず十分な換気を行ってください。
コネクタ
  • 搭載コネクタ
  • 使用済み
  • 未使用/将来の利用のため予約
 
 
  • 2 x USB 2.0、2 x USB 3.0、1 x RJ45 Ethernet
  • 1 x USB-Cポート、1 x microSDカードスロット
  • 2 x microHDMI、1 x 3.5mmオーディオ/ビデオポート、1 x GPIOピンヘッダー
 
USBポート仕様 デバイスの電流の合計は1,200mAを超えないでください。各デバイスの消費電流は最大で600mAまでとしてください。
システム要件
バージョン15以上のCANoeまたはCANoe4SW
筐体の素材 アルミ製
寸法(L x W x H) 約91 x 65 x 34mm
重量 約210g

ドキュメント

ファクトシート


ユーザーマニュアル

関連製品

CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら
CANoe4SW

サイバーフィジカルシステムのソフトウェアの開発、テスト、解析を目的とした包括的なツールです。

詳細はこちら