VH1160
コンパクトな筐体でコンフォーマンステストを自動化

CANoeで利用するCAN/LINコンフォーマンステストハードウェア

VH1160は、ECUのCAN/LINコンフォーマンステストを自動化するためのコンパクトなテスト用USBハードウェアです。これは主に、CANoeベースのテストを実施する際、ハードウェア側のECUをテストケース前に自動的にリセットするのに用いられ、ECUの状態(スリープ/ウェイクアップ)の判断を目的とした電流測定も行います。ネットワークライン上で短絡を発生させる機能も備えており、ECUの堅牢性を調べる簡単なテストを行うこともできます。

関連情報

ファクトシート

マニュアル

さらに表示
VH1160
外部電源供給 12~28V(精度±0.3V)、
5A
設定可能な出力電圧
(ECUへの供給電圧)
2~28V
(精度±60mV)
最大出力電流
(ECU消費電流)
2.5A
(入力電圧 > 18V)
電流測定範囲 0~2.5A
(精度 測定値の2%または0.5mA)
動作温度範囲 0~50℃
寸法
(奥行きx幅x高さ)
166 x 109 x 45mm
重量 580g
グランドオフセット  
ECUの接地電位の変化 0~10V
(時間はECU電流に依存)
LINの接地電位の変化 2.5~17.5V
精度 ±50 mV
LINレセッシブレベル  
レセッシブレベルの調整可能範囲 3~28V
CAN/LIN障害  
CAN/LIN短絡 CAN_H、CAN_LまたはLINからGND/Vbatt、CAN_H、CAN_Lの相互接続
CAN/LIN開放 CAN_H、CAN_L、LIN
CANクロス配線
(VH1160はCANまたはLINバスにYケーブルで接続)
CAN_H、CAN_L
デバイスI/O  
D-Subソケット 9ピン
アナログ入力の測定範囲 0~30V
アナログ出力 0~15V、+5mA
デジタル入力 約2Vの閾値
プルアップ抵抗付きデジタル出力 最大入力電流(low)100mA

 

さらに表示

ダウンロード

関連製品

CANoeテストパッケージVAG

CAN conformance tests for Volkswagen with minimum effort.

詳細情報
CANoe .LIN

Analysis, test and simulation capabilities to support development of LIN ECUs and networks.

Go to Page

主な特長

  • USB 2.0経由のシンプルな接続
  • 自動車用端子KL15、KL30、KL31の電源を個別に切り替え、ステータスをLEDで表示
  • 消費電流をCANoeで測定することにより、ECUのスリープ/ウェイクアップを簡単にモニタリング
  • 端子KL15およびKL30への出力電圧を入力電圧とは独立して設定可能
  • オプションで標準の卓上電源または実験用電源からの電源供給が可能
  • CANoeからの簡単な制御•    USB 2.0経由のシンプルな接続

適用分野

ECUのコンフォーマンスをテストするには、さまざまな動作状態を自動的に設定し、測定する必要があります。端子を切り替えたり、過電圧/低電圧状態を設定したりするだけでなく、場合によっては消費電流も同時に測定しなければなりません。また、テストそのものの手順に複雑なタイミングが要求され、手作業では処理しきれないケースもあります。そういった問題を解決するために生まれたのがVH1160です。VH1160をCANoeに接続すれば、自動テスト時のECU電源として簡単に利用することができます。これは特に、LINコンフォーマンステストやCANoeテストパッケージVAGで強みを発揮します。

 

機能

  • 電圧を2~28Vの範囲で調整可能
  • 端子KL30、端子KL15、端子KL31を個別に制御
  • 0Aから2.5Aまでの電流測定
  • 制御装置とLINラインでのGNDオフセットを実現
  • LINラインのレセッシブレベルの制限
  • CAN/LINライン用の割り込みと短絡オプション
  • アナログ、デジタルI/O接続