VN8810
Intelligent Diagnostic Device

VN8810の概要

VN8810は、車両診断などのさまざまな用途に使用できるコンパクトでインテリジェントな診断用ハードウェアで、OBDソケットを介して車両へ簡単にアクセスすることができます。

1つのハードウェアデバイスでECUのリプログラミングや診断スクリプトを実行することができ、外部からフラッシュパッケージやスクリプトが送信されると、VN8810によりスタンドアローンモードで自律的に実行されます。

また、VN8810はリモート診断のアクセスポイントとしての役割も果たすため、診断のエキスパートは現場にいなくても世界中の車両をインタラクティブに診断することができます。

特長

  • Intel ATOMプロセッサー搭載のインテリジェントな診断ハードウェア
  • ISO CAN FD対応の高速CANチャンネル、On/Offを選択可能な120Ωの終端抵抗
  • K-Lineサポート
  • DoIP(アクティベーションラインを含む)
  • ステータスおよびバスアクティビティー表示用2色発光LED
  • 通信インフラストラクチャーへの多様な接続方法
  • USB、Ethernet、WiFiを介し、PCからVector Device Managerで簡単に設定可能
  • ユーザーのPCが不要なスタンドアローン動作
  • スタンドアローンモードでのユーザーインタラクション用キーパッド
  • 音響フィードバック用ブザー内蔵
  • USB3.0ホスト接続による3G/4Gデバイスへの接続
  • OBD-II接続による車両へのアクセス
  • 自動車、産業用途に対応する電源電圧および温度範囲
  • ラバープロテクター付きの堅牢な筐体
  • スタンドアローンモード用アプリケーションのvFlash、vScriptDiagnosticsとIndigo Remote用のAccess Point Compactを用意

 

 

適用分野

スタンドアローンフラッシング

リプログラミングの場合、フラッシュパッケージ(設定内容とデータ)はUSB、Ethernet、WiFiを介してPCからVN8810に送信されます。ユーザーはそのVN8810を車両に接続し、ステータスLED付きキーパッドを使ってスタンドアローンでリプログラミングをスタート、簡易的なモニタリングができます。

リモートフラッシング

リモートフラッシング: vFlash RemoteとVN8810デバイスを使用した通信インフラストラクチャーの設定

リモートフラッシングの場合、VN8810はリモートインターフェイス(車両側)として、フラッシュツールのvFlash Remoteと共に使用されます。  vFlash Remoteはインターネットを介して、あらかじめVN8810上にインストールしたアクセスポイントにWi-Fiルーター等を経由して接続します。通信経路上では暗号化されます。

 

ユースケース:

  • リモートでのECUのリプログラミングを、場所に左右されることなく、また組織としての手間やコストをかけずに、簡単に実施
  • 特に、一般道でのテスト走行や海外の量産工場などで、評価や製造フェーズで高い自由度と柔軟性を提供

vFlash Remoteの詳細は、こちらをクリックしてご覧ください

さらに表示

 

インタラクティブなリモート診断を行う場合、診断アクセスポイントとなるVN8810が従来の診断テスターに代わり、ネットワークインターフェイスとして機能します。

インターネットでリモートサービスを使用する場合、VN8810は車両とリモート診断ソフトウェアIndigo Remote間の診断要求とレスポンスの通信を行います。

現場には診断データベースも専門家も必要ありません。いつでも車両に直接アクセスできます。

リモート診断の詳細は、こちらをクリックしてご覧ください

さらに表示

vScriptDiagnosticsによる診断スクリプトの実行:

 

C#の診断スクリプトをPCで開発するか、IndigoのScript Recorder機能で記録し、VN8810に送ります。ユーザーはそのVN8810を車両に接続し、ステータスLED付きキーパッドを使ってスタンドアローンでスクリプトの選択と実行を制御、簡易的なモニタリングができます。通信経路上では暗号化されます。

適用例:

  • 自動車メーカーだけではなく、サプライヤーでも診断シーケンスをスタンドアローンで実行
  • 車両の初期オペレーション(仕向け変更、DTCクリア等)の準備
  • テスト走行中/走行後: 車両ヘルスチェックのレポート、フリート関連のレポート自動生成
  • 車両生産ライン、EOLテスト(およびアフターセールス):

    • 文書化を目的としたECUレポート/OBDレポートの作成
    • ECUテストやクリーンアップのほか、フォールトメモリーのクリア、適合値のリセット、セキュリティーメカニズムの有効化、ECUリセットなどの補助的なECUの操作
    • ECUの学習値/パラメーター値/バリアント変更

さらに表示

アクセサリー

画像:VN8810 - アクセサリー
VN8810 - アクセサリー
  • OBD-IIケーブル (1mまたは3mを選択可能)
  • ブレイクアウト・ボックス VN88: CAN、K-Line、Ethernet、DoIPアクティベーションライン等を接続するためののコネクター付ボックス
  • OBD電源アダプター (OBDソケットに接続する電源アダプター:設定時のみに使用)

関連情報

ファクトシート:

さらに表示
VN8810  
CPU Intel ATOM E3825デュアルコアプロセッサー、
1.33GHz、2GB DDR3Lオンボードメモリー
メモリー 16GB CFastカード
USB ホストインターフェイス 1 x USB 3.0 SuperSpeed
PC/インフラストラクチャーへのインターフェイス 1 x USB 3.0 SuperSpeed
1 x WiFi 802.11 a/b/g/n、2.4GHzおよび5GHz帯、最高300Mbit/秒
キーパッドおよびLED 2 x 押しボタン、10 x 2色発光LED
電源電圧 6~36 V(OBD経由)
電力消費 定格 9W未満(最大約16W)
温度範囲 動作中: -40°C~+50°C、
保管中: -40°C~+85°C
対応オペレーティングシステム Vector Platform Manager用に
Windows 7 SP1, Windows 8, Windows 10
起動時間 20秒未満
寸法 170 x 110 x 45mm (長さ x 幅 x 高さ)(アンテナ含まず)
重量 約800g
インターフェイス  
CAN 1 x CAN TJA1051(容量性絶縁)、
CAN FD対応高速CAN: 2Mbit/秒、 CAN FD: 最高8Mbit/秒
K-Line / LIN 1 x LIN TLE7269(容量性絶縁)、
通常モード: 20Kbit/秒、フラッシュモード: 115Kbit/秒
DoIP 1 x 高速 Ethernet 100Mbit(DoIPアクティベーションラインを含む)
さらに表示

 

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示

ニュース/イベント

関連ページ

ネットワークインターフェイス

CAN、CAN FD、LIN、J1708、Ehernet/IP、FlexRay、802.11pおよびMOST用バスシステム

詳細はこちら
診断/リプログラミング用ツール

ベクターでは、開発プロセスの効率性向上と品質向上を同時に実現する連携型の診断/リプログラミングツールを提供しています。

詳細はこちら
Indigo - 開発中の車両で、簡単・便利に故障診断
vFlash

CAN、FlexRay、LINまたはEthernet (DoIP) 経由でフラッシング

詳細情報
アクセサリー

ベクターは、ネットワークおよびECUの開発、解析、最適化をさまざまなデバイスによってサポートします。

詳細はこちら
テスト分野

ベクターのテスト分野ツールを使用して、シミュレーション環境とテスト環境を包括的に実装できます。

詳細はこちら
計測技術

ベクターの高性能ツールは、測定データを同期的に記録できる信頼性の高いシステムを提供します。

詳細はこちら
ECUキャリブレーション

ECUキャリブレーションは、実行時の測定とキャリブレーションの反復プロセスで、ECUアルゴリズムのパラメーターを最適に調整することを目的としています。

詳細はこちら