VN1630 log
CAN (FD) やLIN上の車両通信を記録するためのロギング機能を搭載
VN1630A / VN1640A
最大4チャンネル搭載可能で柔軟性とI/Oサポートに力を入れた設計
VN1610 / VN1611
小型化・軽量化に重点を置いたVN1610/VN1611は2チャンネルを搭載
VN1600
コストパフォーマンスに優れたUSB接続インターフェイスシリーズ

VN1600の概要

VN1600インターフェイスファミリーを用いてCAN (FD) やLINネットワークへ柔軟なアクセスが可能です。

小型化・軽量化に重点を置いたVN1610/VN1611は2チャンネルを搭載。一方、 VN1630A/VN1630 log/VN1640Aは最大4チャンネル搭載可能であり、柔軟性とI/Oサポートに力を入れた設計になっています。

特長

  • マルチアプリケーションサポート機能で、CANoe*、CANalyzer*、CANape*のほか、お客様固有のアプリケーションにも最適な性能
  • CAN FD最大8Mbit/sに対応
  • (VN1630A/VN1640Aのみ)LIN2.1用コンフォーマンステストなどに対応する高度なLINストレス機能
  • 各チャンネルは時間同期、最小限の遅延時間を実現可能
  • K-Lineサポート*
  • CAN、LIN、IO専用CAPL on Board(VN1630A /VN1640A)
  • ハードウェアベースのフラッシュルーチンの実装で、高速CANフラッシングを実現
  • お客様固有のアプリケーションをXLドライバーライブラリーにて作成可能
  • LEDでチャンネルの動作およびデバイスの状態を表示(VN1630A/1630 log/1640A)
  • VN1630 logのロギング機能は、Vector Logger Configuratorで簡単に設定可能

* 要求されるソフトウェアのバージョンおよび対応ピギーについては、 こちらまでお問い合わせください。

 

適用分野

VN1600シリーズは、CANoe、CANalyzer、CANape、Indigo、vFlashといったベクターのツールだけでなく、お客様固有の アプリケーションにも最適なネットワークインターフェイスです。

実験室やテストベンチ、サービス工場、車両内など、さまざまな場所で活躍します。簡単なバ ス解析から、複雑な残りのバスシミュレーション、解析、キャリブレーション、フラッシュプログラミングといった作業に至るまで、幅広い用途に対応可能です。

マルチアプリケーションサポート機能により、同時に複数のプログラムから1つのデバイス、1つのチャンネルへアクセスできます。

VN1630 logはCAN (FD) やLIN上の車両通信を記録するためのロギング機能を搭載しています。

機能

  • 柔軟なFPGAベースでCANやLINを実装することにより、すべてのチャンネルで100%バス負荷が可能
  • CANoeでLIN 2.1用コンフォーマンステストを実施可能(VN1630A/1640A)
  • 特殊環境下での高速ボーレート: CAN(最大2Mbi t /s)、CAN FD(最大8Mbit/s)、LIN(最大330Kbit/s)
  • VN1630A/VN1640Aに組み込まれているI/O機能によって、信号とCAN/LINメッセージの同期取得や、デジタル出力では、最大500mAの負荷切り替えが可能(PCによる制限有)
  • VN1610/VN1611/VN1630A/VN1630 logはCAN高速トランシーバーを内蔵化して、軽量・コンパクト化。標準D-SUB9コネクターでデュアルチャンネルに対応
  • VN1630 logにはCAN(FD)やLIN上の車両通信を記録するためのロギング機能を搭載

アナログ/デジタルI/O

VN1630A / 1630 log / 1640A

  • アナログ入力

    • 1チャンネル、0~18V、最大50V、(別途外部抵抗回路が必要)
    • Ri>1MOhm、10bit ADC、1kS/s

  • デジタル入力

    • 2チャンネル、シュミットトリガー、最大32V、Vhigh≥2.7V、
    • Vlow≤2.2V、Vhyst=0.5V、Ri>200kOhm、最大1kHz

  • デジタル出力

    • 1チャンネル、オープンコレクター、最大32V、最大500mA、
    • 最大1kHz

  • D-SUB9ソケット

関連情報

ファクトシート:

さらに表示