GLロガー
さまざまな車載ログソリューションに対応するGLロガーファミリー

GLロガーの概要

GLロガーは、テスト走行中やテストベンチ上の車両内で使用するデータレコーダーです。CAN/CAN FD、LIN、FlexRay等のネットワークシステムのログを記録することができます。

また、アナログ入力およびデジタル入力の測定値は、GPS データ、バッテリー電圧、バッテリー電流等と同様に時間同期して保存されます。

 

特長

  • 車両試験に従事するエンジニアのさまざまな要求に対応する高機能なロガー
  • スリープモード/スタンバイモード時の消費電流が少なく、優れた耐久性
  • 夏や冬の試験にも対応する堅牢なロガー
  • 長期にわたるログ取得に対応できる高信頼性
  • 記録するデータを削減するためのイベント駆動型のログ記録
  • 量産に向けた早期品質保証用途

適用分野

ベクターのGLロガーは、自動車、商用車、航空宇宙、鉄道、船舶などの幅広い分野をサポートします。

  • 車載テストだけでなくテスト車両にも使用可能
  • 飛行テスト用の記録機器
  • 長期にわたるログ記録
  • 多様なニーズが想定されるフリートテスト用途
  • 夏や冬の試験にも対応する堅牢なロガー
  • 品質保証用途

すべてのGLロガーに共通する主な特長

  • 複雑なログタスクにもスタンドアローンで使用可能
  • 短い起動時間
  • 詳細なフィルターとトリガーの条件を定義可能
  • Diag on CAN、OBDIIに対応
  • Seed&Keyを使用するCCP/XCPに対応
  • データは大容量のSD/CFメモリーカード、またはSSDハードディスクに圧縮保存
  • 高速データアップロードとダウンロード
  • グラフィカルな設定ツールを使用して柔軟に設定可能
  • CANoe、CANalyzer、CANape、vSignalyzerでのオフライン解析

一般機能

  • バスシステムの時間同期ロギング

    • CAN: GL1000/GL2000/GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーを使用
    • CAN FD: GL2400およびGL5000ファミリーのロガーを使用
    • LIN: GL1000/GL2000/GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーを使用
    • FlexRay: GL4000/GL5000ファミリーのロガーを使用

  • 非常に短い起動時間
  • スタンバイモードから復帰してシステム起動時のログを取得(GL2000/GL3000/GL4000ファミリー)
  • スリープモード時およびスタンバイモード時の消費電力が非常に少ないため、テスト車両での連続使用に最適
  • 豊富なフィルター条件によりデータ量を縮減
  • メッセージ、シグナル、入力、手動でのボタン操作を条件としたトリガー設定
  • DBC (CAN)、LDF (LIN)、FIBEX (FlexRay)、ARXML (CANおよびFlexRay用AUTOSAR形式) といった各種データベースのインポート
  • CANメッセージを送信可能
  • メッセージタイムアウトのモニター
  • データ分類機能(別途プログラミングが必要)
  • バッテリーバックアップされているリアルタイムクロックにより日時情報を記録
さらに表示
  • すばやく消去できるリムーバブルストレージメディアでログデータをコンパクトに記憶
  • 大容量ストレージメディア
  • GL1000/GL2000ファミリー: SD/SDHCメモリーカード
  • GL3000/GL4000ファミリー: CFメモリーカード、SSD (Solid State Disc)、USBメモリー
  • GL5000ファミリー: SSD (Solid State Disc)
さらに表示

  • ロガーのUSBから、または市販のカードリーダーでSD/CFカードから直接データを高速で読み取り
  • GL2000/GL3000/GL4000/GL5000ファミリー: 無線経由でのログデータの自動アップロードやコンフィギュレーションの更新に対応

    • WLAN/WiFi経由※: GL3000/GL4000/GL5000ファミリー
      ※弊社営業にお問い合わせください。
    • 3G/UMTS経由: GL2000/GL3000/GL4000/GL5000ファミリー

  • ログデータを以下の形式に変換

    • フレーム形式のデータ: BLF、ASC、ADTF、IMG、TXT
    • シグナル形式のデータ: MDF、MATLAB© v7.3、HDF5およびTXT
    • 生データ: CLF

さらに表示
  • GL2000/GL3000/GL4000を経由してバス通信をCANoe/CANalyzerでモニタリング
  • CANoe/CANalyzer搭載PCをEthernet経由でロガーと接続
  • 既存の車両とロガー間の接続ラインを利用
  • CANoe/CANalyzerのバスシステムのライセンスが必要
さらに表示
  • ベクターのソフトウェアツールCANape、CANoe、CANalyzer、vSignalyzerの標準機能やMicrosoft Excel©などを使用してログデータの解析が可能
  • 上記ベクターツールはCLF形式のデータを直接インポート可能
記録形式 CANoe,
CANalyzer
CANape,
vSignalyzer
サードパーティツール シグナル形式 メッセージ形式 備考
ASC - ASCII
(ベクターのツール用)※一部サードパーティーツールでも対応
BLF - - バイナリ―
MDF - バイナリ―
IMG - - - - MOSTデータのみ
MAT - - - MATLAB© V7.3
(サードパーティーツール用)
HDF5 - - - H5, HE5, HDF5
(サードパーティーツール用)
ADTF - -
-
サードパーティーツール用
TXT - -
テキスト形式
(e.g. for MS Excel)
CLF - - GLロガーの生データ形式
さらに表示

診断:

 

  • 診断データを時間同期して記録可能
  • プロトコル:UDS、KWP2000 on CAN、OBD II
  • 構成可能なイベント(開始、CAN ID、シグナル、キー、デジタル入力など)で診断要求を送信
  • CDD、ODX、PDX、MDXの診断記述によるパラメーター化

 

CCP/XCP:

 

  • DAQおよびポーリングモードを用い、CCP/XCP測定データを時間同期して周期的に記録
  • CCP V2.1、XCP on CAN V1.xのサポート
  • XCP on FlexRayのサポート(GL4000/GL5000ファミリーのみ)
  • 上記のプロトコルに対するSeed & Keyのサポート
  • Seed & Keyの実装にはCANapeが必要
  • VXモジュールとシリアルPODにより、車載バスに負荷をかけずにECU内部データを記録。XCP on Ethernet(DAQモード)により、車載バス上のXCPより大幅に高いデータレートを実現(GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのみ)
さらに表示

 

  • バス通信のログ記録に加え、アナログ入力の測定値とデジタル入力の状態を時間同期してログ記録
  • 設定可能なブザーを使用し、イベントに対する信号音を出力可能
  • ロガーまたはリモート制御デバイスのLEDステータスインジケーター
  • ディスプレイへのステータス表示(GL3100/GL3200/GL4000/GL4200/GL5000のみ)
  • ロガーまたはリモート制御デバイスのプッシュボタンによる手動でのトリガー開始
さらに表示

特殊機能

GLロガーの診断機能

GLファミリーのロガーは、診断インターフェイスに対応しており、車両の診断データを収集することができます。診断データは、周期的またはイベントトリガーによって車両のECUから読み取り、記録される他のすべてのログデータと時間同期します。

診断リクエストのパラメーター化は、CDDPDXODXMDXファイルをシンボルで選択するのと同様に、Logger Configuratorを使用して簡単に行うことができます。ロガーは、一般的な診断プロトコルUDSKWP2000およびOBD IIをサポートします。


例:CAN診断のワークフロー

画像:CAN診断のワークフロー
さらに表示
CCP/XCPによるECUパラメーターのログ記録

CCP/XCPロガーオプションでは、DAQリストまたはポーリングモードを使用することにより、ECU内部パラメーターを他のデータと時間同期してログ記録できます。CCP/XCPが予期せず切断されても、GLロガーはCCP/XCP接続を自動的に再開します。

ロガーにはCCP/XCPライセンスのインストールが必要です。このライセンスはロガーに応じてCCP/XCP on CAN、XCP on FlexRayなどに対応しているほか、VXモジュールにはXCP on Ethernetで対応しています。

対応プロトコルは以下のとおりです。

プロトコル
ロガー
DAQ
ポーリング
Seed & Key
CCP/XCP on CAN    
すべてのGLロガー
XCP on FlexRay    
GL4000/GL5000ロガーファミリーのみ
XCP on Ethernet    
GL3000/GL4000/GL5000ロガーファミリーのみ。シリアルPODを使用してXモジュール経由で記録する場合
-
-


Seed & Keyの実装にはCANape 8.0以上が必要です。

 

 

さらに表示
さらなる測定タスク用、および外部ハードウェア制御用の入力/出力

すべてのGLロガーには、複数のアナログ入力およびデジタル入力/出力があります。GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーでは、拡張ボードを使用してアナログ入力の数を増やすことができます。

GLロガーのアナログおよびデジタル入力を使用して、バス通信に時間同期させて外部モジュールの測定値のログを記録することができます。また、デジタル出力を使用して、外部モジュールの電源のオン/オフ制御などを行うこともできます。

 

画像:入力/出力
さらに表示
GL3000/GL4000/GL5000ファミリー - 無線LANまたは3G/UMTSによる無線データ伝送

ロガーには、車両からサーバーにログデータを無線で伝送するための無線LAN3G/UMTSのオプションが用意されています。

  • GL2000ファミリー: オプション3G/UMTS ※日本国内では利用不可
  • GL3000/GL4000/GL5000ファミリー: オプション無線LANおよび3G/UMTS ※無線LANは日本国内では利用不可

データの容量を減らすために、その一部のみを伝送することも可能です。サーバーへの接続はロガーが開始します。接続開始のための各種トリガー条件を設定可能です。

ログデータはML Serverソフトウェアによりロガー別に構造化して保存され、BLF、ASC、MDFなど のファイル形式に自動的に変換されます。サーバーからML Serverソフトウェア経由でコンフィギュレーションを書き換えることもできます(コンフィギュレーション書き換え後、ロガーを再起動すると、コンフィギュレーションの更新が行われます)。

 

画像:無線LANによるデータ転送
さらに表示

GLロガーファミリー詳細

画像:GLロガーファミリー詳細 - 概要
さらに表示
GL1000 / GL1010

GL1000は、小規模ネットワークでCANおよびLINデータ通信のログを記録する必要のあるエンジニアに最適なソリューションです。GL1000は事前に設定した条件に従ってメッセージをログします。また、筐体が非常にコンパクトなため、車両への搭載が簡単です。

GL1010は、IP65に対応したバリアントで、厳しい環境下でのテスト走行に適しています。

機能

  • CAN入力x2LIN入力x2アナログチャンネルx4およびデジタル入力x2の同時ログ記録
  • SDメモリーカード(最大2GB)、SDHCメモリーカード(最大32GB)に保存
  • 短い起動時間 (通常:150ms)
  • スリープモード時は低消費電流
  • USBインターフェイスや市販のカードリーダーを経由して測定データをすばやく読出可能
  • BLF形式、ASC形式、MDF形式、TXT 形式にデータ変換
  • 長期間記録または イベントトリガーによる記録用にリングバッファーを採用
  • CANバス上の診断データを記録
  • シード&キーを含む、CCP/XCP経由のオプション測定データ取得
  • ビープによる信号音出力
  • IP65に対応したGL1010も利用可能
  • GUI設定ツールによる手軽な設定

 

さらに表示
GL2000 / GL2010

GL2000は、中規模ネットワークでCANおよびLINデータ通信のログを記録する必要のあるエンジニアに最適なソリューションです。GL2000は事前に設定した条件に従ってメッセージをログします。このロガーはスリープモード時の消費電力が少ないため、車両での連続使用に最適です。

GL2000はスタンバイモードから即座に復帰するので、システム起動時のログをすばやく取得できます。また、コンパクトな筐体は車両への搭載が簡単です。

GL2010は、IP65に対応したバリアントで、厳しい環境下でのテスト走行に適しています。

機能

  • CANチャンネル×4LINチャンネル×2アナログ入力×4デジタル入力×4の同時ロギング
  • SDカード(最大2GB)またはSDHCカード(最大32GB)でのデータ保存
  • 定格170msの高速起動時間
  • スリープモード時(1mA未満)とスタンバイモード時(定格60mA)の消費電力が少ないため、車両での連続使用が可能
  • スタンバイモードから復帰してシステム起動時のログを記録(ウェイクアップ対応のピギーを搭載している場合)
  • USBから、または市販のカードリーダーでSD/SDHCカードから直接ログデータを高速で読み取り
  • BLF、ASC、MDF、TXTへのデータ変換
  • 長期またはイベントトリガーロギング対応のリングバッファー×1
  • フィルターとトリガーの条件の設定時にメッセージとシグナルをシンボルで選択するデータベースをサポート
  • 手動トリガーの開始をリモコンで制御
  • CAN経由で診断データのログを記録、CDD、ODX/PDX、MDX形式の診断記述ファイルをインポート
  • オプションで、シード&キーの使用を含めてCCP/XCP経由でも測定データを取得
  • データ分類機能(別途プログラミングが必要)
  • ブザーによる信号音出力
  • IP65に対応したGL2010も利用可能
  • 使いやすいグラフィカルな設定ツール

 

さらに表示
GL3000、GL3100、GL3200およびGL4000、GL4200
Photo of the logger GL4000

GL3000ファミリーのロガーは、広範なCAN/LINネットワークやオプションのMOST150を記録する必要のあるエンジニアにとって最適なソリューションです。これらのロガーはスリープモード時の消費電力が少ないため、車両での連続使用に最適です。これらのロガーはスタンバイモードから即座に復帰するため、システム起動時のログもすばやく取得できます。

GL4000ファミリーのロガーは、GL3000ファミリーのすべての機能に対応し、さらにFlexRayへのアクセスにも対応しています。

機能

  • CANチャンネル×最大9LINチャンネル×2アナログ入力×最大14デジタル入力×8での同時ロギング
    GL4000ファミリー: さらにFlexRayチャンネル×2 (1 クラスター)
  • CFカード(GL3000、GL3100、GL4000)またはSSD(GL3200、GL4200)でのデータ保存
  • 定格40msの高速起動時間
  • スリープモード時とスタンバイモード時の消費電力が少ないため、車両での連続使用が可能
  • スタンバイモードから復帰してシステム起動時のログを記録(ウェイクアップの場合)
  • 市販のカードリーダー経由、もしくはまたは直接USB/Ethernet経由でログデータを高速で読み取り
  • BLF、ASC、MDF、IMG、TXTへのデータ変換
  • 長期またはイベントトリガーロギング対応の、単独で設定可能なリングバッファー×2
  • 豊富なフィルター条件とトリガー条件
  • データベースからフィルターとトリガーの条件となるメッセージとシグナルを選択可能
  • 手動トリガーの開始をリモコンで制御
  • CAN経由で診断データのログを記録、CDD、ODX/PDX、MDX形式の診断記述ファイルをインポート
  • オプションで、CCP/XCPのデータ測定が可能(シード&キーにも対応)
  • データ分類機能(別途プログラミングが必要)
  • CANoe/CANalyzerを利用して、リアルタイムでのログデータモニタリングが可能(Interface mode利用時)
  • 使いやすいグラフィカルな設定ツール

 

さらに表示

GL5350/GL5370

GL5350 - Multibus data logger with CAN FD

GL5350は、CAN/CAN FD/LIN/FlexRayネットワークへの標準対応に加え、場合によってMOST150ネットワーク(オプション)を記録する必要のある試験車両のオペレーターにとって、パーフェクトといえるソリューションです。その高機能のハードウェアにより、複雑なログタスクに対応できるだけでなく、スリープモード時の電力消費が少ない点で、車両での継続的な使用にも理想的です。

GL5370には、12個のCAN FDチャンネルを含め、最大24個のCANチャンネルが搭載されます。

機能:

  • 20個のCANチャンネル(うち4つはCAN FDチャンネル)、6つのLINチャンネル2つのFlexRayチャンネル14個のアナログおよび4つのデジタル入力を同時にロギング

    • GL5350: 20個のCANチャンネル、うち4つはCAN FDチャンネル
    • GL5370: 24個のCANチャンネル、うち12個はCAN FDチャンネル

  • CAN FDチャンネルはISO CAN FDまたはNon-ISO CAN FDを選択可能  
  • 大容量のSSDにデータを保存
  • 高速起動、起動時間は最大40ms
  • スリープモード時の消費電流が少なく、車両での継続的な使用が可能
  • シビアなタスクに対応できる高いパフォーマンス
  • ログデータをSSDから直接、あるいはUSBを介して高速に読出し
  • 無線LANまたは3G/UMTSによる無線データ伝送オプションで、記録データのアップロードと新しい設定のダウンロードに対応(計画中)
  • 長期のロギングとイベントトリガーのロギングなどを同時動作できる2つのバッファー領域を搭載
  • 各種フィルター条件およびトリガー条件設定が可能
  • フィルターおよびトリガー条件の設定時にメッセージとシグナルをシンボルで選択するためのデータベースをサポート
  • マニュアルトリガーはスイッチ等で開始可能
  • 診断データをUDS準拠のDiag on CAN、KWP2000 on CAN、OBD IIで記録。診断記述ファイルはCDD、ODX/PDX、MDX形式に対応
  • オプションでCCP/XCP経由による測定データの取得が可能。Seed & Keyにも対応
  • GLA150モジュールを使用するオプションにより、MOST150に対応
  • BLF、ASC、MDF、IMG、TXT形式への自動変換
  • オンライン分類機能
  • 使いやすいグラフィカルな設定ツール
さらに表示

GLロガーの比較

GL1000
GL1010
(IP65バリアント) 
GL2000
GL2010
(IP65バリアント) 
GL2400 
GL3000
GL3100
GL3200
GL4000
GL4200
GL5350
GL5370
バスシステムのログ記録
CAN、LIN
CANCAN FDLIN
CANLINMOST150
CANLINFlexRayMOST150
CANCAN FDLINFlexRayMOST150
チャンネル
CAN x 2
LIN x 2...16
CAN x 4
LIN x 2...16
GL2400:
CAN FD x 4
CAN x 9
LIN x 2...16
MOST150 x 1
CAN x 9
LIN x 2...16
FlexRay x 2
MOST150 x 1
GL5350:
CAN x 20, CAN FD x 4を含む
GL5370:
CAN x 24、CAN FD x 12を含む
LIN x 6...16
FlexRay x 2
MOST150 x 1

 
メモリー
最大32GB
(SD/SDHCカード)
最大32GB
(SD/SDHCカード)
GL3000/GL3100:
CFカード
GL3200:
512GB SSD
GL4000:
CFカード
GL4200:
512GB SSD
512GB SSD
データ転送
USB USB、UMTS USB、Wi-Fi、UMTS、Etherne USB、Wi-Fi、UMTS、Ethernet USB、Wi-Fi、UMTS、Ethernet
ウェイクアップ、スリープモード機能
Yes Yes Yes Yes
Yes
起動時間
150ms (代表値)
(2GB Xmore SDカード使用時)
170ms (代表値)
(指定のXmore SDカード使用時)
最大20ms
MOST150では起動時間が長くなります
最大20ms
MOST150では起動時間が長くなります
最大40ms
MOST150では起動時間が長くなります
制御用入出力
デジタル入力/出力 x 2
(0~36V)

アナログ入力 x 4
(0~16V)
デジタル入力/出力 x 4
(0~36V)

アナログ入力 x 4
(0~18V)
デジタル入力/出力 x 8
アナログ入力 x 6
(0~18V)
オプション:ボード装着時
アナログ入力 x 8(0~18V)追加可能

 
デジタル入力/出力 x 8
アナログ入力 x 6
(0~18V)
オプション:ボード装着時
アナログ入力 x 8(0~18V)追加可能

 
いずれもデジタル入力/出力 x 4
アナログ入力 x 6(0~32V)
オプション:ボード装着時
アナログ入力 x 8(0~18V)

 
キーボード/ディスプレイ
No No GL3100/GL3200:
キー x 4、ディスプレイ x 1
キー x 4、ディスプレイ x 1 キー x 4、ディスプレイ x 1
供給電圧
5~30V 6~30V
6~36V
6~36V
7~50V
温度範囲
GL1000: 
-40~85℃
GL1010: 
-20~+80℃
(SDカードに依存)
GL2000/GL2400:
-40~80℃
GL2010:
-20~80℃
動作時:-40~+70℃
動作時:-40~+70℃
動作時:-40~+70℃
サイズ(概寸、L x H x D)
GL1000:
107 x 85 x 35 mm
GL1010:
130 x 85 x 35 mm
GL2000/GL2400:
194 x 137 x 35 mm
GL2010:
175 x 137 x 35 mm
213 x 78 x 235 mm
213 x 78 x 235 mm
290 x 74 x 212 mm 

 

コンフィギュレーションプログラム

Vector Logger Configuratorは、GLファミリーの全ロガーのコンフィギュレーションを作成するプログラムです。あらかじめ製品同梱のCDにプログラムのインストーラーが含まれています。

 

Vector Logger Configuratorは、フィルターやトリガーの条件、アナログ/デジタル入力のログ記録など、ハードウェアをCAN、CAN FD、LIN、FlexRayなどのチャンネルに応じて設定するために使用します。 CCP/XCPの測定やECU内部データを読み出すための診断リクエストもこれで設定できるほか、LEDで各種のイベントを通知することも可能です。み出し、それをさまざまなターゲットグループ向けに多彩な記録形式で変換することもできます。さらに、ログファイルのエクスポートには、生データ(zip形式)の保存から他の形式での保存など、多数のオプションが使用できます。

さらに表示

新しいVector Logging Exporterは、ベクターの全ロガーのログデータを簡単かつ直観的に、さまざまなターゲットグループのために必要なターゲット形式で変換できる読み出しステーションのための別のプログラムです。製品同梱のCDにプログラムのインストーラーが含まれています。

 

Vector Logging Exporterはログファイルからそのロガータイプと関連する解析パッケージを自動で決定します。データは、接続されたロガー、カードリーダー、またはハードディスクやサーバーのディレクトリーから選ばれ、読まれます。事前に設定された変換用プロファイルを使用してターゲットグループごとのエクスポート設定をすばやく選ぶことが可能です。Vector Logging Exporterを使用することで、すべてのターゲットグループに、必要とされるターゲット形式で迅速にログデータを提供できます。さらに、ログファイルのエクスポートには、生データ(zip形式)の保存から他の形式での保存など、多数のオプションが使用できます。

さらに表示

アクセサリー

GPSによる車両位置のログ記録

このGPSレシーバーでは、車両の位置をバス通信と時間同期して記録することもできます。

GL2000ファミリーには別のGPSモジュールをご利用ください。

特長:

  • 12チャンネルのGPSレシーバー
  • 受信周波数:1575.42MHz、L1バンド
  • 測定値を1Hzまたは5Hzの周波数で更新
  • NMEA0183形式のRS232またはCAN経由にてデータを出力
  • CANの場合、サイクル時間とIDを設定可能
さらに表示
特定イベントでのユーザーコメントのログ記録と音声出力が可能なボイスレコーダー

GL2000/GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーでは、VoCANを使用して音声を録音し、ログ記録中のイベントに音声形式でコメントを追加できます。GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーでは、一般的な情報やドライバーへの指示などの音声メッセージを出力することもできます。


特長

  • 指向性マイクを使用し、ファイル名に日時情報付きで音声を記録可能
  • 音声出力
  • サウンド出力
  • ユーザーがプログラム可能なカラーLED x 4
  • ユーザーがプログラム可能なプッシュボタン x 1
  • 高速CANインターフェイス
さらに表示
特定のイベントに関するユーザーコメントのログ記録

GL2000/GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーとCASM2T3Lを使用して音声を録音し、ログ記録中のイベントに音声形式でコメントを追加できます。

特長

  • ファイル名に日時情報付きで音声を記録可能
  • サウンド出力
  • ユーザーがプログラム可能なカラーLED×3
  • ユーザーがプログラム可能なプッシュボタン x 2
  • 高速CANインターフェイス
  • 車両のカップホルダーへの装着に最適
さらに表示
高画質カラー写真のログ記録用デジタルカメラ

GL3000/GL4000/GL5000ロガー用のコンパクトなデジタルカメラにより、ログ記録データに高品質のカラー画像を追加できます。テスト走行中の環境、または車両コンポーネントがグラフィカルに記録されます。

特長:

  • ファイル名に日時情報付きで画像または画像シーケンスを記録可能
  • JPEG形式、圧縮比率を設定可能
  • 時間同期したログ記録
  • 最大25イメージ/秒のイメージレート
  • 1280 x 720から320 x 180ピクセルの解像度
  • シャッタースピードを設定可能
  • 周期的あるいはイベントごとに、リングバッファーからロガーへ画像を転送
さらに表示
最大14個のLINチャンネルを拡張

LINprobeは全GLロガー共通の外付けアダプターで、これを使用して追加のLINチャンネルをログ記録できます。また、LINフレームの送信も可能です。

特長:

  • 以下の各バリアントにおいて、2つのLINチャンネルによりLINを拡張:

    • LINprobe RはLINフレームを受信
    • LINprobe XはLINフレームを送受信。送信時、LINprobe Xはマスター/スレーブのいずれかとして機能
    • LINprobe GはLINprobe Xと同様にLINフレームを送受信。このバリアントは単純なスタンドアローンのCAN/LINゲートウェイとしても使用可能

  • CANへのデータ送出(IDは設定可能)
  • LINおよびCANのボーレートは設定可能
  • ロガーあたりの拡張数:

    • GL1000/GL2000ファミリーでは、最大5個のLINprobe(追加チャンネル10個)が利用可能
    • GL3000/GL4000ファミリーでは、最大7個のLINprobe(追加チャンネル14個)が利用可能
    • GL5000ファミリーでは、最大5個のLINprobe(追加チャンネル10個)が利用可能

  • ASC、BLF、MDFなどの多様な形式でLINフレームをエクスポート
さらに表示

LOGviewは、テキストベースの情報のほか、選択したシグナルのデータをログ記録中にグラフィカルに表示できます。

特長:

  • 128 x 64ピクセルのLCDディスプレイ
  • グラフィックWindow:59mm x 38mm
  • 8行まで(1行あたり21文字)表示可能
  • プログラム制御可能なプッシュボタン x 3
  • 独立した表示ページ x 16
  • ズームが可能な2種類のフォント(フォントサイズは合計30サイズ)
  • グラフィック機能:直線、四角形などのログ記録
さらに表示

GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーと一緒に測定ハードウェアVX1000を使用することで、バス通信と並行してECU内部のシグナル(変数、パラメーター)を記録できます。ECUシグナルはPOD(プラグオンデバイス)を使用して測定されます。ロガーとVXモジュールの接続はEthernetで行われ、XCP on Ethernetプロトコルが使用されます。※GL3000/4000でXCP on Ethernetを用いた場合の実効速度は1-2Mbps程度となります。

特長:

  • XCP on Ethernetにより、車載バス上のXCPより高いデータレートを実現
  • DAQモードによるデータ送信
  • シリアルPODによるECUのサポート

VX1000の詳細については、VX1000ハードウェアのWebページをご覧ください。

さらに表示

GL3000/GL4000/GL5000ファミリーのロガーにはあらかじめ6つのアナログ入力が用意されていますが、アナログボードを使用することにより、さらに8つのアナログ入力を追加して、ロガーを拡張することができます。 

 

主な特長:

  • 8つのアナログ入力(ユニポーラー差動入力)
  • 電圧範囲0~18V
  • 分解能12bit
  • 精度0.2%
  • チャンネルあたり1kHzのサンプリングレート
さらに表示

関連情報

ファクトシート:

 

機能マトリクス:



プロダクトインフォメーション:

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示

ダウンロード

関連ページ

vSignalyzer

測定データの表示、評価、文書化のためのプロフェッショナルツール

詳細はこちら
CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら
VX1000

データ転送速度を最大限にする拡張性の高い測定およびキャリブレーションハードウェア

詳細はこちら
CSM MiniModuleシリーズ

アナログ信号をCAN・EtherCAT®に変換

詳細はこちら