データロガー
2つの製品ファミリー、車載ロギングという1つのゴール

データロギングソリューション: GLロガーとスマートロガー

どちらの製品ファミリーが車両内でのタスクに最適かどうかはユースケースにより異なります。両ファミリーとも車載での使用を前提として、堅牢に設計されています。このページには、お客様の選択を容易にする情報がすべて掲載されています。

 

GLロガーとは

GLロガーは堅牢なスタンドアローンデータロガーのファミリーで、非常に使いやすいテンプレートベースの設定ツールが付属しています。主な用途は車載での品質保証、または散発的なエラーの検索です。GLロガーは車両ネットワーク上の通信の記録に焦点を置いています。記録は車両診断やCCP/XCPを使用することにより強化できます。アナログ測定からコンテキストカメラに至るまでの環境データ、GPSによる位置を、さまざまなアクセサリーを使用して取得できます。  PCベースのロガーと比較して、電力消費は桁違いに低く、起動時間は短くなります。

 

スマートロガーとは

スマートロガーは測定ソフトウェア(CANape logまたはvMeasure exp)と産業用コンピュータープラットフォームの組み合わせです。測定データに自由にアクセスでき、データロガーの単純さという利点も享受できます。データロガーを車両に設置し、すべてのセンサー、バス、ECU、カメラその他をデータロガーに接続します。ノートパソコンをEthernet経由で接続し、既存の測定設定をデータロガーに読み込むか、または設定用のソフトウェアインターフェイスを使用します。スタンドアローンモードでは、ドライバーが対応し、データロガーをモニターする必要があるのはWebベースのGUIのみです。

概要

  GLロガー スマートロガー
主な用途 品質保証または散発的なエラーの検索 ADASおよびeドライブの開発
ユースケース スタンドアローンデータロギング
スタンドアローンデータロギングと
インタラクティブな使用
設定ツール 非常に簡単に使えるテンプレートベースの設定ツール(無償) 関連付けたデスクトップアプリケーション、vMeasure exp(無償*)またはCANapeを使用して設定
追加のプロトコル 診断、CCP/XCP 診断、CCP/XCP、SOME/IP、ベンダー固有のプロトコルなど
拡張性 さまざまなアクセサリーにより環境データを取得でき、ドライバーが行う必要のある対応はシンプル CAN (FD)、FlexRayおよびLIN対応のすべてのベクター製ネットワークインターフェイスとVX1000ファミリーとの組み合わせ
追加の機能
クラウド機能により、LTE経由で記録データのアップロードや測定設定の置換が可能
プログラミング言語LTL(オンライン解析など)
プログラミング言語CASL(ツールの制御、データ解析、複雑なトリガー定義など)
ライブラリ関数またはユーザー開発のCASL-およびMatlab Simulink関数を使用したオンライン解析
eドライブ向けのeMobility Analyzer

* 設定用として

ご質問は下記にお寄せください。

ロガーについてのご質問は、直接お問い合わせいただくか、メールでご連絡ください。
お問い合わせをお待ちしております。